新・空と鷹と鉄の間に

ヒコーキ、ホークス、鉄道好きのブログです。

越後会津の休日2017〜1

2017-05-20 20:29:40 | 旅行

ゆかりんを見送った数時間後、夜も深くなってきた頃に自宅を出発。浦安から大手町、皇居外周、飯田橋、早稲田と都心部を一般道で抜けて、練馬インターから関越道に入ります。三芳PAでトイレ休憩をしてから深夜の関越道をひた走り、赤城高原SAに1時過ぎに到着。ここで仮眠をとります。
2時間半ほど仮眠をとって3時半ごろに出発。関越トンネルを抜けて越後へ。湯沢を過ぎた頃に夜が明け始めました。山谷PAで休憩をして次第に明るくなってくる越後平野を走ります。長岡JCTで北陸道へ入り、黒埼SAで休憩と朝の支度。すっかり朝の風景となった新潟平野を走り、新潟中央JCTで磐越道に入り、6時過ぎに新津インターで高速をでます。新津駅東口の駐車場へ車を止めて新津駅へ。

朝の光を浴びる新津駅は橋上駅舎になっています。かつての三角屋根の駅舎をイメージしたものになっています。

三角屋根の下の通路部分のガラスにはステンドグラスが。鉄道と花と石油の町新津をイメージしたステンドグラスです。朝日に輝ききれいに光って見えました。
改札口で新潟行きの発車案内を見ると0652発新潟行きがあったのでSuicaをかざして改札を通ります。

ホームへ降りると国鉄急行気動車色のKIHA48が国鉄首都圏色のキハ47とともに停車していました。磐越西線の列車のようです。

0652発の新潟行きは磐越西線からの列車。キハ110型2両がキハE120型をサンドイッチした3両編成。ボックスシートに座りしばし列車旅。朝の風景を眺めながら新潟には0712に到着。新潟駅近くで朝ごはんを食べます。

『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 水郷佐原あやめパークとひこ... | トップ | 越後会津の休日2017〜2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。