UO Blog Mzh

UltimaOnline (主に)Mizuhoシャードでの活動記です。真偽のほどは曖昧です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第1回 本棚ツアー in ライキューム に参戦

2008-04-26 11:51:03 | 本棚地獄
双月亭主催の本棚ツアーに参加してきたよ。



今回はツアコンとして、みなさまをガイドさせていただきます。
よろしくおねがいします。

というわけで、ライキューム時計回りの法則に従い、
第一研究室からごあんなーい。

ここには「Shattering」の翻訳が置いてあるので
みなさんに読んでもらうことにします。

予想通り「捨てちゃったよ!」とかいう黄色い爺様がいました。
MOTTAINAI!



そのほか、第一研究室には大量の「翻訳」「スキル研究」などの学術書が多く保管されてます。
ぜひぜひ読みにきてくださいね。




第二研究室には色々と歴史書があったりしました。
ギルドの歴史などを寄贈するという楽しみ方もあります。



角の大教室で一度休憩を入れます。
本の悪魔に魅入られた人の復帰を待って次の教室へ移動。

休憩中の話題

 「からあげが好き?」

 「じゃあ、からあげのからって、なんのことか言ってみ!?」

ロールプレイヤー殺し。



右奥のゼミ教室(写真とってなかった)で論文を読み解き、
右側の第三研究室へ移動。

ここには「正義とは何か?」論文コンテストで入賞した作品が展示されています。
我々はブリタニアに生きる意味、正義の意義を後々の人に伝えていかなくてはなりません。




第四研究室には錬金術師の人がいます。

この部屋にはスナック感覚で軽く読めるコミカルな小説や知識本が豊富です。



最後のポイントはライキューム重要文書保管庫にある「真実の本」の見学です。
この本を見て「真実を守ることの尊さ」を感じて欲しいと、双月亭店長のコメントです。

ちなみに・・・
重要文書保管庫は超私語厳禁エリアなので
発言が全てWisperモードになってしまいます。

発言をするためには、隣にたって耳にささやかないといけません。
そういう意味でデートコースに最適です!




こうして無事に本棚ツアーは終了しました。
これをきっかけに「本」と「読書」に興味をもっていただければ、うれしいです。

ご参加、ありがとうございました!




その後、双月亭へ戻り反省会。

おやおや、すでに1名ほど本の悪魔に魅入られてしまった方が・・



*にまにま*
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第1回 UO賞論文てすと「ブラ... | トップ | 探偵作家 VS 消えた魔法使い »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL