ymknkiブログ

ymknkiのブログです。

シースリーと他脱毛サロンのメリット・デメリット比較

2017-04-19 14:37:32 | 日記
カウンセリングの際、私がすごく迷ってしまったために決めるのにとても時間をかけてしまったのですが、それでも嫌な顔一つせず私の話を聞きながらいろんな脱毛コースを提案してくださいました。
脱毛中も会話が弾んであっという間の2時間でした。


キレイモは担当制ではありませんが施術してくれてスタッフさんを気に入った場合、次回もその人を担当にしてもらうことは可能とのこと。
特にVIOなどの恥ずかしいと思う脱毛箇所をいろんな人に見られたくない場合にもいいですね。
時々、脱毛サロンで脱毛してもあまり効果を感じられないという意見を耳にすることもありますが、有り体に言って1~2回施術を受けたところで驚くような効果が出る、ということはないのです。
3~4回の施術を終えてからやっとはっきりした効果が見られたというケースが大多数で、つまり即効性を望むことはできません。


時間がかかるものなのです。
それに加え、脱毛サロンのお店でそれぞれ使う機器も異なるわけで、ですから脱毛効果の差がはっきり出たとしてもあり得る話です。
脱毛エステのお店で施術を受けた後は、きっちりと自分自身でアフターケアをしておきましょう。
ちゃんとケアを行っておくことで、お肌のトラブルにつながりにくくなるのです。

自分で行うアフターケアについて詳しいやり方はお店で教えてもらえるはずなのですが、一般的に言えるのは「冷やす」「保湿」「刺激を与えない」といった点が基本になります。中でも保湿については最も重要とされています。光を照射する方式の脱毛器の場合、カートリッジ方式なのが一般に知られています。



カートリッジは消耗品のため、何度使用できるのかは商品によって差異があります。維持費を抑えるためには、脱毛器の購入に際してカートリッジの照射回数が多い商品を選択することが大切です。
エステサロンで全身を脱毛する際、契約をしてしまう前にまずは、体験プランにお申し込みください。

脱毛のための痛みを我慢できるかあなたの選んだ脱毛サロンが正しいのか、自分の経験を踏まえて考えたほうが良いでしょう。



さらには、通院しやすさや気軽に予約を行えるといったところもスムーズに脱毛の行程を終えるには大事な要素になります。



この何年かは、季節にこだわらず、そんなに着込まないスタイルの女性が多くなってきています。

シースリー 京都

女性の多くは、必要ない毛を脱毛することに常に頭を悩ませていることでしょう。
ムダ毛を処理する方法は広くありますが、一番すぐに出来る方法は、やはり家での脱毛ですよね。
脱毛エステの予約の後、背術を受ける前にすることは、まず自分で無駄毛を剃ります。脱毛をしてもらうには、無駄毛があると施術出来ないので自分で処理します。無駄毛の処理方法はいろいろありますが、負担が軽い、電気シェーバーがいいです。カミソリを無駄毛処理に使うと、施術直前はよくありません。

カミソリでかぶれてしまうと、その日、施術が行えません。


昨今、脱毛サロンで脱毛を試みる男の人も増加中です。

異性に敬遠されることの多い胸毛だったり必要以上に濃い腹のムダ毛、スネを真っ黒に覆い隠すほどのスネ毛、顔のヒゲを処理してしまって、周りの人にこざっぱりした印象を持ってもらえるようになります。ただし、自己処理で体毛を剃ったり抜いたりなどしてしまうと後々、肌に荒れや湿疹などの異常をもたらすことになりかねませんから、脱毛サロンに通ってプロの手を借りた方が間違いがありません。

脱毛サロンに行く場合には、やはり肌を見られてしまうのだからキレイに毛を剃らなければと考えて、しっかり脱毛処理を行ってから行きました。



ですが、実際にその場になってみるとあちこちにムダ毛の剃り残しがあって、かなり恥ずかしい思いをしてしまいました。
なおかつ、毛の量や生え方を知るために、剃らずに行くほうがいいそうです。
脱毛エステのお店はよく知られている有名なところの方がそこそこ満足がいき不満が少ないという意見が多いようです。

大手と違う小規模・中規模のお店では、施術を行うエステティシャンの技術力そのものがとても良いとは言えないレベルのものだったり、客に対する気遣いが感じられないような態度を取られたりすることもあるのです。


ひるがえって大手のエステティシャンは十分に技術や接客などのスキルが叩き込まれていますし、何かしら問題が起こった場合においての対処法などもとてもちゃんとしているはずです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マシュマロバストのつくり方 | トップ | シースリーは学生さんにも人... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。