ymknkiブログ

ymknkiのブログです。

先行予約優待が使えるチャンス

2017-04-23 21:51:17 | 日記
デリケートゾーン・胸の施術をしてもらうときは恥ずかしいと思ったのですが、施術の光を目に当てないようにメガネをかけることで見えなかったことと、スタッフの方は何人もの施術を経験しているので、慣れてきたと話しかけてくれていたことで思っていたより恥ずかしさよりも楽しくなりその時間を過ごせました。脱毛エステの各種キャンペーン、これをうまく利用しますと、かなりお得な脱毛ができるのです。
ですが、ただキャンペーンのためにお店を訪れてそのままずるずると契約、などといいうことになると後々、納得がいかず悩むことになるかもしれません。



さあ契約という段になったら落ち着いて本決まりの前に契約の中身をしっかり理解するようにして、じっくり検討するのがよいでしょう。安い料金や納得いくまで施術を受けられるというようなメリットにのみ注目してしまうと、失敗してしまうことがあるかもしれません。

脱毛エステでエステティシャンが使用している施術用機器は、市販され、入手が簡単な家庭用の脱毛マシーンよりも相当強い光を照射することが可能です。それに照射の範囲が広いため、短い時間で処理を終わらせることができるわけです。


ただ、医療系の脱毛クリニックで使用される機器と比べると出力限界値が小さくパワーが弱いので、永久脱毛まではできないのです。
その代わりと言いますか、痛みについては相当楽に感じられるようで、肌へのダメージが軽減されるという利点も見逃せません。

機械は大手の脱毛専用サロンで使われているいわゆるフラッシュ脱毛ですが、キレイモではお手入れ前に冷たいジェルを塗りません。



お腹に冷たいジェルを塗るのが苦痛だという女性が多いそうですが、それがないのも人気の秘密かもしれません。サロンでの脱毛は6回に分けて行うことが多いですが、脱毛する部位によって6回では手触りがよくないこともあります。



人それぞれですので、この回数で満足している人もいますが、基本回数よりも受けたいと感じることがあるのではないでしょうか。7回目からの料金については、事前に確認しておくことが安心できると思います。


永久脱毛とはどんな方法で施術されているのかというと、レーザーといった機械を使用して毛や毛根に含まれるメラニン色素にエネルギーを加えて、毛を作り出そうとする組織を破壊し、永久的に毛が生えないようにするという方法です。

レーザー脱毛以外にニードル脱毛という方法がありますが、最近では、レーザーが主流になっています。どちらにしろ毛を作る組織を壊して毛が生えないようにしています。脱毛エステとの契約を交わした当日から数えて日数が8日よりも少ない場合、クーリングオフの適用範囲内にあたります。

シースリー 京都

ただし、もし契約期間が1ヶ月に満たない場合や、料金が5万円を超えない場合には適用範囲を外れ、クーリングオフはご利用いただけません。


もし8日を超えてしまった場合は、中途解約となってしまうため早めの手続きをおすすめします。脱毛サロンでの脱毛プロセスに即効性を求めていると、少し当てが外れるでしょう。なぜかというと、脱毛サロンで施術に使用される機器は脱毛クリニックの機器よりも効果が出せないためで、当然効き目のスピードも数ランク落ちます。あまり時間をかけたくない人は、脱毛サロンではなく、脱毛クリニックを選ぶことです。

かかる費用はクリニックの方が高めですが、利用回数そのものは少なくなるのが普通です。脱毛サロンに通ったからって、すぐ効果が現れるとは限らないのです。毛には「毛周期」という、毛が生え変わるまでの一定の周期があります。これに合わせて脱毛をしないと、全部ムダ毛がなくなることはないのです。
ということは、一回だけの脱毛で毛が生えなくなることはなく、短くても3カ月以上はかかると思っていてください。昨今、脱毛サロンで脱毛を試みる男の人も増加の傾向を見せています。みっともなく思われてしまうことの多い胸毛やお腹に渦巻くムダ毛、びっしりと生えそろったスネの毛、煩い顔のヒゲをさっぱりと処理してしまうことで、周りの人にこざっぱりした印象を持ってもらえるようになるはずです。


でも、自己判断で体毛を剃りあげたり抜いたりするのは湿疹をはじめとした様々な肌のトラブルを呼び込むことになるかもしれませんので、ちゃんとした脱毛サロンのお店に行って専門家の手で施術してもらいましょう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 全身脱毛をよりお得に受けら... | トップ | 全身脱毛考えてる人は、これ見て »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。