なら学びの会

奈良県学びの共同体研究会
学びの共同体の情報交換のページ

7月7日 たなばた 一押し研修会より

2017-07-14 22:53:19 | 日記
こんばんは、先日の研修会で心に残ったお話より

7日、市教委の研修で大変興味深い話を聞くことができました。
お題は「新しい学習指導要領と地域連携」
講師 株式会社キャリアリンク代表取締役 若江 眞紀さん

 講演の流れ(スライドより抜粋)
1 現在の子供たちを取り巻く環境について
社会・学校・家庭の変化(課題の列挙)特に社会の変化では、コミュニケーションの変化(グローバル化)、課題の多様化・複雑化、人間関係性の低下、コラボレーション意識の欠如
2 グループワーク(個人で考えたものを、近くの数人で交流、発表)
① 今の社会ではどのような資質・能力が必要ですか?
② 今、児童・生徒に身につけさせたい資質・能力は何ですか?
3 出された課題解決は、学校だけでは解決はできない。地域とのコラボレーションや専門家などの招へいを視野に入れたマネジメントの必要性。
4 新学習指導要領では、「社会に開かれた教育課程」として位置づけられている。
 具体的な取り取組事例に学ぶ

このような流れでしたが、2の中で20年前の企業の就職試験に重視する能力・資質が示されるともに、最近の動向も示されました。さすがに様変わりしていました。スライドをコピーしていませんので、以下の資料はよく似たものを探したもので、当講演会のものではありません。
平成16年(厚生労働省)若年層の就職能力に関する実態調査抜粋

平成27年(日本経団連)新採用(2013年4月入社対象)に関するアンケート抜粋

参考(資料不詳)

いかがでしょうか、何かの機会に話題にしていただけたらありがたいです。

参考社会人基礎力

PS.若江さんとは、都南中時代に「よのなか」科 藤原和博氏(現 一条高校校長)に出会い、いく度か研修会に出かけた折に大変お世話になり、さっそく「ネットワーク型学校マネジメント」の実践に取り組みました。なかでも、「ハンバーガー屋さんの店長になろう」では、近くのグループチェーン店の協力も得て、大変面白い授業が展開できました。その後も、そのお店とは子供たちの職場体験や教員のインターンシップでも積極的な協力を得られています。しばらくぶりに、ご本人にお会いできて楽しい研修でした。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 学校訪問シリーズ | トップ | 6.14 橿原市内小学校訪問 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。