なら学びの会

奈良県学びの共同体研究会
学びの共同体の情報交換のページ

文学はアート!!

2017-06-16 17:54:44 | 日記
ようやく宿題ができました。以下は、私どもがテープ起こしをしましたのでご理解ください。

「文学はアート」
文学の基本は、読むということ。
音楽の言葉というのは、なんなんだということになれば、それは歌声・楽器の音色・メロディー・リズムが中心。話し言葉は、これらをよりよく味わうための補助的手段で、おしゃべり(話し合う)するのは授業のメインではないんです。
文学はアートということは、文学は作家がえりすぐって選び取った「言葉」で書いている。だから、メインは文章の「言葉」。文章に書かれている「言葉」に触れたり、味わったりするのが文学の学び。「お話し」をするというのは、それをより豊かにするための補助的手段。だから、話をすることが決してメインにはならない。体育も同じ、美術も同じ。文章を読むというのが直接的な中心。読みをより豊かにするために、話し言葉や書くことがおまけという考えでやられるといいと思います。
ただし、ここでいう「文学」は、説明文や論説文とは中身が違うので話は違う。だから「国語の授業」はという風に一概には言えない。ということになろうかと思います。

☛おまけ 先生は前段で、「文学」は終わりがわからないもの。「物語」は終わりがわかっているもの。とお話しされています。

だいたいこの辺までが、当日の講演の午前中分です。後半の部は少し余裕が出たら頑張ります。

次回からは、学校訪問レポートです。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 各種研究会・講座のご案内 | トップ | 学校訪問シリーズ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。