なら学びの会

奈良県学びの共同体研究会
学びの共同体の情報交換のページ

シリーズ6 ケースメソッド=実践的探求について

2017-01-30 20:12:48 | 日記
もう1月の最終日となりました。
2月からは、大阪方面への学校訪問が続きます。インフルエンザが蔓延しているようですので気を付けましょう。
私どもは、TV宣伝よろしく「R1」で防御しております。

本日のテーマ


私たち、スーパーバイザー(supervisor)の役割も大いに考えさせられます。

さて、奈良市では、冬の風物詩「若草山の山焼き」が先日28日(土)に行われました。ここ数年にない天候に恵まれ、よく燃えました。もともと、歴史は古く(ご自分で調べてね)
現在も続いているわけですが、一昔前までは、1月15日の「成人の日」に合わせて開催されていたように思うのですが…ね。
写真は、当日点火に先立って打ち上げられた花火です。自宅のベランダからちょうどうまく見えました。







最近の花火、すごいですね。野球のボールですよ「ビックら昆布」でした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シリーズ5 ジャンプの学び... | トップ | 学校訪問レポート »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。