なら学びの会

奈良県学びの共同体研究会
学びの共同体の情報交換のページ

7.8奈良の会に行ってきました

2017-07-19 15:29:56 | 日記
かなりの異常気象で、被災されました多くの皆さんに心から哀悼の意を表します。

7.8 奈良の会 
夏休み前ということで、やや参加者も少なかったですが新しくおいでになった先生もおられてこれからが楽しみです。私自身も、田植えや、研究会が重なって今年初めての参加となりました。

【ビデオカンファレンス】
今回は、小2 国語 「お手紙」です。かえる君がかたつむり君にがま君あてのお手紙を託します。待てど暮らせど届かない「お手紙」を二人で待ち焦がれる心情を読み取ります。

今年転勤された学校での取り組み。毎回のように、VTRを提供いただき勉強させていただいておりましたが、今回はVのみの参加でした。Vの調子が今一つで、一部のみの視聴でした。座席は、コの字で男女ペア。子供たちの読んでいる様子から、個々の子供の様子についての意見交換を中心に進みました。

今日は、ワンテーブルで小畑先生を囲む研究会。いつもより、先生方の発言を多く聞くことができました。たまにはこういった形態も良しかな。

 本日のお題「読み」について
子供たちの読み方から、読みの深さを推測する。必要以上に大きい声で読む。すらすら読む。スピードを気にする。などの読み方では、十分に内容を理解していないとみる。「読み」には丁寧さが必要。読んで聞いてもらっている対象が先生ではだめ。「友達に聞いてもらっている」という実感が味わえるような読みをさせたい。しっかりと「テキスト」を見ながら、情景を想像させるような「読み」がいい。
 「問いかけ」一つで、子供たちの読みが深まる。
例 ① 「かえるくんはなぜかたつむり君に手紙を託したのでしょう。」
   子供たちは、自然と文を読み返して、先生の問いかけにこたえようとする。
  この種の問いかけの裏には、「しっかり文を読んでみてね」という伏線がある。(単に、文をしっかり読んで。というより、はるかに子供たちは夢中に読む。)
  ② 4年 「一つの花」より
   中段までゆみちゃんはお父さんに抱かれています。終盤お父さんが、プラットホームの先にコスモスを見つけてゆみちゃんにあげます。
   この間、「お父さんはゆみちゃんを、いつお母さんに渡したのでしょう。」と問いかけると①と同様に真剣に文を読んでこたえようと必死になります。

先生からのプレゼント
 課題作成の工夫いろいろ
(注意 2人でやらないと、難しい課題であることが大前提。) 
① 2人で1枚。(「2人で協力してね」が含まれている)・・・考えの結果が1つしか残らない。
② 大き目の用紙に同じ問題が2個。・・・①の改善型 (初めから、個々に1枚では意味がない。)実際は、どちらか一方の課題を2人で解いている場合がほとんど。

例題(大き目の用紙に、1個の課題。左右上部に氏名らん。中央に課題を配しているので、下部の広くあいたところで計算やメモを取りやすく考えてある。)

5年生算数 


いろんな解き方を試してください。

☛お知らせ
 いよいよ来週に迫りました。第19回「授業づくり・学校づくりセミナー」
主催 東海国語教育を学ぶ会 後援 日本児童教育振興財団
7月27日(木)~28日(金)びわ湖大津プリンスホテルにて
開催要項


☆ 大津の地で開催されますのが、本年で最後となります。来年から名古屋に移るようです。当学びの共同体研究会も冬季開催のみになりましたので、次年度から夏の大規模な研究会が関西近隣からなくなります。それぞれの、地域・学校園での開催を広く支援していきますので、ご相談等お気軽にお寄せください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6.14 橿原市内小学校訪問

2017-07-16 15:36:34 | 日記
今日は、2年目の訪問。橿原市内小学校より
6年生社会科 「紫式部と源氏物語」前時までの学習内容のアンケートから、「源氏物語」を出現させた4つの要素がどのようにつながっているという観点から、文化遺産の出現を説明する「理論」を考え続ける。(すでに摂関政治の時代背景等は学習済み)
4つの観点とは、意欲、教養、かな文字、ゆとり
これらの中で、どれが、一番大切かを個人からグループを通して、理由と根拠を明確にして説明できることを目指す。
【ジャンプの課題】
源氏物語は、(平安時代なら)紫式部以外の人でも書けただろうか?
準備教材 二千円札、肖像画、色カード、ネームプレート

公開授業ののち、研究協議会となります。授業者の先生は、学びあいの授業の経験者なので、皆さんで研修したいとの要望が強かったと聞いています。

① 座席は、男女混合のペア。
② スタートから、今日のテーマに使う2千円札(裏面に紫式部)を取り出して、投影提示。
③ 学習のポイントについて解説ご、ワークシートの配布。
④ 上述の、4つのポイントの中で紫式部が「源氏物語」を完成させるのに一番大事なものは何かを個人で考えた後、グループで交流。
⑤ 子供から「先生、これ正解がありますか?」と。教師「どれも大事なので、根拠をしっかり見つけて、みんなを説得できるように」
⑥ 個々人かなり集中して、課題に取り組んでいる。(要支援児へのフォローも欠かさず)
⑦ 14分過ぎ、4項目の一押しを氏名札で紹介。この後、理由を含めてグループで交流。
     熱く自分の意見を語る。 
⑧ 28分ごろから、交流の様子も含め、一押しを全体に紹介。数人を指名発表。
⑨ 30分ごろから、ジャンプの課題へ「源氏物語は、紫式部にしか書けなかったのか、以外の人物でも書けたのか」をグループで引き続き意見交流。
⑩ 40分過ぎから、2回目の氏名札により紹介。数人を指名発表。 
友達の発表をしっかり聞こうとする態勢が整っている。

A男さん「貴族やから書けたと思う、農民やったら才能があったとしても書けへんかったと思う。」

よね言
 2年目の訪問でした。6年生の社会科の課題。市販の資料集以外にも、B4 4枚の資料も準備されていて、子供たちもうまく使っていた。先生がゆったりとした雰囲気で進めていて、スムースな授業展開でした。当初は、挙手した子供への指名から後半は、意図指名に代わって、子供に意見をうまくつないでおられたのには感心しました。こうした積み重ねが、子供たちが、友達の意見を聞く態度がしっかり身についているのではないかと思いました。
また、自分のグループの友達の発表を横からそっとフォローする女の子もいて、「安心できる人間関係がはぐくまれていると思いました。公開授業の後、子供たちと一緒に給食をいただきました。公開授業時もそうでしたが実にオープンな感じで、教室にいてる人は誰でも「なかま」のように受け入れているんだなとも感じました。
 校内にいいモデルがおられますので、これからがますます楽しみになりました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7月7日 たなばた 一押し研修会より

2017-07-14 22:53:19 | 日記
こんばんは、先日の研修会で心に残ったお話より

7日、市教委の研修で大変興味深い話を聞くことができました。
お題は「新しい学習指導要領と地域連携」
講師 株式会社キャリアリンク代表取締役 若江 眞紀さん

 講演の流れ(スライドより抜粋)
1 現在の子供たちを取り巻く環境について
社会・学校・家庭の変化(課題の列挙)特に社会の変化では、コミュニケーションの変化(グローバル化)、課題の多様化・複雑化、人間関係性の低下、コラボレーション意識の欠如
2 グループワーク(個人で考えたものを、近くの数人で交流、発表)
① 今の社会ではどのような資質・能力が必要ですか?
② 今、児童・生徒に身につけさせたい資質・能力は何ですか?
3 出された課題解決は、学校だけでは解決はできない。地域とのコラボレーションや専門家などの招へいを視野に入れたマネジメントの必要性。
4 新学習指導要領では、「社会に開かれた教育課程」として位置づけられている。
 具体的な取り取組事例に学ぶ

このような流れでしたが、2の中で20年前の企業の就職試験に重視する能力・資質が示されるともに、最近の動向も示されました。さすがに様変わりしていました。スライドをコピーしていませんので、以下の資料はよく似たものを探したもので、当講演会のものではありません。
平成16年(厚生労働省)若年層の就職能力に関する実態調査抜粋

平成27年(日本経団連)新採用(2013年4月入社対象)に関するアンケート抜粋

参考(資料不詳)

いかがでしょうか、何かの機会に話題にしていただけたらありがたいです。

参考社会人基礎力

PS.若江さんとは、都南中時代に「よのなか」科 藤原和博氏(現 一条高校校長)に出会い、いく度か研修会に出かけた折に大変お世話になり、さっそく「ネットワーク型学校マネジメント」の実践に取り組みました。なかでも、「ハンバーガー屋さんの店長になろう」では、近くのグループチェーン店の協力も得て、大変面白い授業が展開できました。その後も、そのお店とは子供たちの職場体験や教員のインターンシップでも積極的な協力を得られています。しばらくぶりに、ご本人にお会いできて楽しい研修でした。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

学校訪問シリーズ

2017-06-22 20:32:17 | 日記
6月は、奈良市内の研究会でした。
この秋の、全国大会に向けての準備。
ということで、丹松先生においでいただいての研究会となりました。
丹松先生4時間、私は6時間と大いに頑張りました。今年は社会を中心に研究されているようで10月が楽しみです。

 1時間目 生活科 「ひとつぶのたねから」朝顔の観察日記をもとに、「本葉」の特徴を考える。「お店屋さん」の場面設定で、尋ねる人(お客)と応えるえる人(店長)に分かれて、それぞれの特徴を聞き出して考えるきっかけにさせようとする活動。どちらかというと、ワールドカフェ的な面白い取り組みでした。
 2時間目は、数学科 連立方程式の代入法によるとき方を考える。加減法の復習から代入法に移行。個人で解答しながら、グループでの確かめ。かなり女子力が高いクラスで、男子もうまくそれに乗っかって、関係性もよくとれてた授業でした。



 3時間目 生活科 「レッツゴー 町探検」2回目の町探検なので、目的を持った町探検にするために、ペアやグループを使って情報交換をしながら、人の話を聴く、わかりやすく伝える工夫をさせる活動。グループ分けは、主な箇所でまとめて、情報が多くなるように工夫が見られました。
 

 4時間目 英語科 「もし~だったら、・・・だろう」といえるようになる。挨拶に始まって、ラインゲーム(先生とのじゃんけんで負けた並びの列の生徒たちへ、英語の問答ゲーム)メインの課題「もし100万円あったらどうする」を例示して学習内容の確認。文法、ペアで「If文章を作文」グループでの確認。かなりテンポよく流れた授業でした。もう少し英語を話す時間があればよかったかな。
 5時間目 技術 「製図に必要な図を知ろう」
実技、パラフィン紙に10mm四方の立方体を書かせ、グループで確認。(作図のきまりが必要なことに気づかせる)基準について考えさせる意味で、「トイレットペパー」を配布、ジスマークに気づかせたい。いろんな図の書き方があることにふれ、「キャビネット図」の説明。技術教室で授業をすることにこだわりを持ちながら取り組んでおられます。
理科室もそうですが、6人掛けで細長くなるので、先生の立ち位置の工夫があれば、学習の様子がわかりやすくなるのではないでしょうか。
 6時間目 理科 「化学変化と熱の出入り」 小テストからスタート。グループで、熱を発生する化学変化を想起させて、化学カイロや簡易冷却パックの実験に移っていく。生徒たちには、冷却パックの実験は大いに興味をそそる実験でした。ワークシートでまとめ。



今年になって、多くの先生方がエントリしていただいているので、がぜん楽しくなってきました。

次回は、橿原市からです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

文学はアート!!

2017-06-16 17:54:44 | 日記
ようやく宿題ができました。以下は、私どもがテープ起こしをしましたのでご理解ください。

「文学はアート」
文学の基本は、読むということ。
音楽の言葉というのは、なんなんだということになれば、それは歌声・楽器の音色・メロディー・リズムが中心。話し言葉は、これらをよりよく味わうための補助的手段で、おしゃべり(話し合う)するのは授業のメインではないんです。
文学はアートということは、文学は作家がえりすぐって選び取った「言葉」で書いている。だから、メインは文章の「言葉」。文章に書かれている「言葉」に触れたり、味わったりするのが文学の学び。「お話し」をするというのは、それをより豊かにするための補助的手段。だから、話をすることが決してメインにはならない。体育も同じ、美術も同じ。文章を読むというのが直接的な中心。読みをより豊かにするために、話し言葉や書くことがおまけという考えでやられるといいと思います。
ただし、ここでいう「文学」は、説明文や論説文とは中身が違うので話は違う。だから「国語の授業」はという風に一概には言えない。ということになろうかと思います。

☛おまけ 先生は前段で、「文学」は終わりがわからないもの。「物語」は終わりがわかっているもの。とお話しされています。

だいたいこの辺までが、当日の講演の午前中分です。後半の部は少し余裕が出たら頑張ります。

次回からは、学校訪問レポートです。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加