u2の不定期更新日記

感じたことを思いつきで書いてみます。

アメリカ大統領

2016年11月12日 03時43分19秒 | Weblog
今から37年くらい前のことだが、アメリカの地方都市で夏休みに短期のホームステイをしたことがある。
高校1年生だった自分は同じようにホームステイをしている日本人高校生と共にアメリカの高校生たちと話す機会があった。年代が同じこともあり、和気あいあいの雰囲気だったが、日本人の一人が冗談で将来アメリカ大統領になると言うと雰囲気が一変した。アメリカ人の高校生は急に真顔でアメリカ大統領はアメリカ人のリーダーでアメリカ人しかなれないと言い始めた。この時、アメリカ大統領はアメリカ人にとって特別な存在で、冗談が入り込む余地がない、極めて真面目なものと考えられているのだと強く感じた。自分にはとても強い印象が残った。
史上最低の大統領選挙が終わった。アメリカ大統領は地球を何百回も粉々にするくらいの核爆弾のスイッチを持つ。果たして新しいアメリカ大統領はその重責と重圧に耐えられるのであろうか?ビジネスの世界では、破産することはあっても命のやり取りはない。たくさん人の命に対して責任を持たなくてはならない以上、もう冗談では済まされない。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「韓太郎」でランチを食べま... | トップ | 原発費用の上乗せに反対する。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事