u2の不定期更新日記

感じたことを思いつきで書いてみます。

品質管理・検査

2017年10月10日 02時16分32秒 | Weblog
日本を代表する大企業で品質管理・検査の不正が次々発覚した。あまり騒がれていないが、日本企業ひいては日本製品に対する信頼を失いかねない見過ごせない大問題と思う。
今から30年以上前になるが、自分が初めて社会人になった会社で、新入社員研修として、1ヶ月間工場の検査部門に配属された。週5日毎日部品を検査機械に載せる仕事をした。
さほど難しい作業ではないものの、毎日毎日の単純作業は精神的にも肉体的にもきつかった。品質管理・検査というのは地味だが根気の必要な作業だと実感した。
開発や製造、営業など他の部門に比べて、品質管理・検査はどんなに頑張っても直接利益に結びつかない地味な部門だ。 それでも毎日毎日の積み重ねで、お金で買えない信頼を守っている。 安易に利益を出そうとして、品質管理や検査をいい加減に考える経営者は、信頼を失って手酷いしっぺ返しを受けることになる。
長い年月かけて勝ち取った信頼でも、一度失うとまた最初から築き上げなければならないからだ。
品質管理・検査の大切さを再認識してもらいたい。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 引っ越し後の手続き | トップ | 「いきなりステーキ」初挑戦 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事