透明タペストリー

本や建築、火の見櫓、マンホール蓋など様々なものを素材に織り上げるタペストリー



千曲市のマンホール蓋

2016-10-29 | B 地面の蓋はおもしろい


737の火の見櫓を背景に 千曲市寂蒔にて

 
                                                                           千曲市のホームページより

◎  千曲市は更埴市と上山田町、戸倉町の合併により2003年に誕生した。千曲市のマンホール蓋は更埴市のマンホール蓋のデザインを継承している。

真ん中に千曲市の市章を、左側に・あんずの花、右側にあんずの実(あんずは市の花と木)、上下に鮭をそれぞれ配している。鮭は市内を流れる千曲川を遡上していたから。下に「千曲市」と「汚水」と表記している。

蓋が円であることを踏まえ、一方向からではなく、四方から見るようにそれぞれの絵柄の向きを変えている。

既に書いたことを繰り返すが、一方向から見る絵柄ではなく、このように蓋が円であることを意識して円周に沿った向きから見るように配置したデザインが私は好きだ。



 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 千曲市寂蒔の火の見櫓 | トップ | Halloween »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (aya)
2016-11-03 14:54:58
こんにちは~
火の見櫓は途中の踊り場に半鐘があり
一番上は円形のぐるっと回る踊り場に拡声器が付いた
お洒落な火の見櫓ですね。
千曲川市の蓋の絵柄はあんずの花と実なんですね。
ayaさんへ (U1)
2016-11-03 20:03:40
こんばんは。
コメントありがとうございます。
全国各地にいろんな火の見櫓が立っていますから
ayaさんも火の見櫓を探してみてくださ~い。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む