透明タペストリー

本や建築、火の見櫓、マンホール蓋など様々なものを素材に織り上げるタペストリー



飯山市照岡の火の見櫓

2017-04-25 | A 火の見櫓っておもしろい 


783 火の見櫓のある風景 撮影日170422



■ 火の見櫓のある風景を撮る場合、火の見櫓の全形がきちんと分かるように撮るのか、どのような環境に立っているのか分かるように撮るのか、どちらを狙うのかによってカメラを構える場所は変わる。両者を1カットで押さえるのは難しい。じっくり時間をかけて火の見櫓を観察してベストアングルを探したい。

でも実際にはこのようなことをあまり意識することなく、なんとなく数カット撮って、次を探そうということになってしまっている。これは反省しないといけない・・・。

*****

他の地区でも見られたが、ここの屋根の蕨手も折れ曲がったり取れてしまったりしている。飯山は多雪地帯、雪の被害が火の見櫓でも見られる。

見張り台床面を支えている方杖の形はこのように上に反っているものがしっくりくる。下にはらんでいるものより構造的にも良いと感覚的に思うがどうだろう・・・。

櫓の中間部より上のところに踊り場がある。踊り場に見張り台の半鐘より小ぶりな半鐘を吊り下げてある。消火ホースを掛けるフックも見張り台の手すりにもカンガルーポケットと私が呼ぶ踊り場にもついている。火の見櫓の踊り場は本来別の梯子に切りかえるためにあるが、第2の見張り台としての役目を果たしている場合も少なくない。






櫓下端、柱脚部分を構造的に固めることを考えるなら、こういう造りも確かに可、ありだと思うが、この姿はどうも・・・。


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 飯山市照岡の火の見櫓 | トップ | 飯山市照岡の火の見柱 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

A 火の見櫓っておもしろい 」カテゴリの最新記事