透明タペストリー

本や建築、火の見櫓、マンホール蓋など様々なものを素材に織り上げるタペストリー



「恋歌」朝井まかて

2017-04-20 | A 本が好き



■ ある方の紹介で朝井まかてさんの作品を読むことにした。書店で『恋歌(れんか)』/講談社文庫 を手にした。カバーの裏面の作品紹介文を読んで、樋口一葉の師、中島歌子を主人公とした小説だと知った。10年ほど前、樋口一葉について書かれた本を何冊か読んでいるので、この歌人の名前は知っていた。波乱万丈の人生だったことが紹介文からわかる。

**ヒ夏は花圃が通っていた歌塾「萩の舎」の後輩で、伊東夏子と樋口夏子の二人の夏子がいたので、門下生の間でいつしかイ夏、ヒ夏と呼び分けるようになったのである。**(14頁)

このことについて僕はこのブログに書いている(過去ログ)。

これは興味深い作品と出合った。『痛覚のふしぎ』伊藤誠二/ブルーバックスを読み終えたら読もう。




 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 居間について考える  | トップ | 飯山市蓮の火の見櫓 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お勧めです (tami)
2017-04-20 18:41:57
こんばんは。

直木賞作品です。
良かったですよ。

誰かをひたすら愛する。
どんな過酷な状況にあろうと・・・。
凄い女性です。

tamiさんへ (U1)
2017-04-21 05:10:07
コメントありがとうございます。
tamiさん推薦本の追っかけをこれからもします。
どの本も私の好みですから。
中島歌子って情熱的な少女だったんですね。
どんな人生を歩むことになるのか、興味深いです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む