透明タペストリー

本や建築、火の見櫓、マンホール蓋など様々なものを素材に織り上げるタペストリー



ドラマ「みをつくし料理帖」私の楽しみは・・・

2017-05-15 | A あれこれ

 NHKの土曜時代ドラマ「みをつくし料理帖」が始まった。高田郁さんの原作が好かったから、ドラマが楽しみだ。

主人公の料理人・澪を演ずるのは黒木華さん。彼女は原作を読んだときに浮かんだイメージに近い。息子を頼って大坂から江戸に出てきたものの、息子は見つからず、澪と一緒に長屋住まいをする芳は安田成美さん。彼女はイメージより若い。

澪に板場を任せるつる家の店主・種市は小日向文世さんが演ずる。澪に優しく接する店主に相応しい雰囲気の俳優だ。それから澪と同じ長屋で暮らしていて、店を手伝うことになるおりょうは、誰だっけ・・・。そう、麻生祐未さんという私が知らない女優。おりょう役には美人過ぎるけれど、次回以降どんな演技をするのか注目したい。

これを恋愛ドラマとしてみるなら、医者の源斉と澪が心惹かれる小松原が気になるところ。このふたりを演じている若手俳優のことは知らないが、小松原は抱いていたイメージから遠い。野生を強く感じてしまう。

全10巻の長編を8回の、そうたった8回のドラマにどう仕立て上げるのか気になるところ。私が原作で最も好きな場面が出てくるのだろうか・・・。

さて、ドラマで江戸のまちが俯瞰的に映し出されたが、その中に火の見櫓が立っていた。切妻屋根の家並みの中に方形(4角錐)屋根がすくっと立っているとよく目立つ。やはり火の見櫓は昔も今もランドマークだ。また、つる家のすぐ近くに枠火の見(屋根の上に設えた火の見梯子)がある。 ドラマでは「はてな飯」を試食してもらうためにそのおにぎりを店の前で配るシーンに枠火の見が映った。もちろん半鐘を吊り下げてある。次回も映るかも知れない。

ヤグラーな私の楽しみ。


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 長野県77市町村蓋巡り | トップ | 小布施の蓋は北斎の天井絵  »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
みをつくし (ひらりん)
2017-05-17 21:06:17
私も原作の大ファンなので、ドラマを楽しみにしていました。
夫に録画を頼んでおいたのに、上手く入ってなくて、再放送時間を調べて録画して、今日、やっと見ることができてホッとしてます。
だいぶ前に北川景子さんでドラマ化されたときは、澪が美人過ぎてミスキャストもええとこでしたが、今回の黒木華さんはぴったりですね。
他の役者さんも雰囲気合ってます。
けど、おっしゃる通り、小松原さんはもうちょっと品格のある年上の渋い俳優さんのほうが良かったような。
今後も見逃さず、ホント待ち遠しいです。
高田郁さんの新しいシリーズ「あきない世傳」も楽しみにしてます。
ひらりんさんへ (U1)
2017-05-17 21:25:27
コメントありがとうございます。
ひらりんさんも原作のファンでしたか。
私も黒木華さんはピッタリだと思います。
楽しみなドラマです。
「あきない世傳」は完結してから一気読み
しようと思います。

万緑里山に満ちて、こちら信州は美しいです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む