透明タペストリー

本や建築、火の見櫓、マンホール蓋など様々なものを素材に織り上げるタペストリー



こんな梯子があるなんて 飯田市龍江の火の見櫓

2017-07-23 | A 火の見櫓っておもしろい 


890 飯田市龍江舟渡 撮影日170722

 この火の見櫓は4脚44のよくあるタイプ。気がつくのは少し見張り台が小さいということ。



屋根には風向計と蕨手があり、これもまたよくあるタイプ。



脚は斜材を入れただけの簡素なタイプ。これだけ確認して車に戻ろうした・・・。



何気なく梯子を見上げて、ン?



梯子の踏桟が千鳥配置されていることに気がついた。写真を加工して踏桟に色を付けて示したので分かりやすいと思うが、オレンジ色と黄色の踏桟が交互に設置されている。上り下りするときは左足をオレンジ色、右足を黄色の桟に必ずのせることになる。

ライトレフト階段といって、この梯子と同様に踏板が左右ふたつに分かれていて交互に設置されているものがあるが、まさか梯子にも同じタイプのものがあるとは・・・。これにはビックリした。


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 飯田市千栄の火の見櫓 | トップ | 飯田市時又の火の見櫓 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む