透明タペストリー

本や建築、火の見櫓、マンホール蓋など様々なものを素材に織り上げるタペストリー



御代田町の火の見櫓

2016-11-05 | A 火の見櫓っておもしろい 


742

御代田町御代田、八十二銀行御代田支店の近くの火の見櫓。櫓の逓減率が小さく、上方に向かってそれほど細くなってはいかない。



見張り台に対して屋根が小さい。美しい火の見櫓の条件として屋根と見張り台の離れと大きさのバランスの良さが挙げられる。





脚元をこのくらい強固にまとめてあれば、座屈することはないだろう。



脚部のすぐ上、第1横架材のところに水平ブレースを設置している。平面が4角だから、水平面内変形しやすい。変形を拘束するために水平ブレースがあっても不思議ではないが、設置してある火の見櫓は案外少ない。

火の見櫓は地震時にどのような揺れ方をするんだろう・・・。




 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« こんな火の見櫓初めて見た  | トップ | 軽井沢の火の見櫓 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む