透明タペストリー

本や建築、火の見櫓、マンホール蓋など様々なものを素材に織り上げるタペストリー



繰り返しの美学 小谷村役場

2008-10-18 | B 繰り返しの美学


 繰り返していればなんでもかんでも美しいのか、と問われそうな気もしますが、気楽に繰り返しを楽しもうというスタンスで取り上げていることをご理解下さい。で、今回は小谷村役場のファサードです。

全国でも有数の豪雪地の村の庁舎、屋根の雪を受ける大型のコンクリートの軒樋を兼ねる庇をペアの袖壁が支えています。

庁舎というとなんだか近寄り難い高圧的な印象のデザインも無いわけではありませんが、このファサードから重すぎず、軽すぎず、親しみやすいという印象を受けます。この表情の創出に袖壁のリズミカルな繰り返しが効果的に効いていると思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 繰り返しの美学レビュー | トップ | 「どくとるマンボウ青春記」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

B 繰り返しの美学」カテゴリの最新記事