透明タペストリー

本や建築、火の見櫓、マンホール蓋など様々なものを素材に織り上げるタペストリー



長野県東御市滋野の火の見櫓

2017-11-09 | A 火の見櫓っておもしろい 



970 東御市滋野 国道18号脇に立つ火の見櫓 4脚4〇型 撮影日171103

 茨城県筑西市と栃木市藤岡町の道路またぎ櫓を見てから、国道50号(茨城県水戸市と群馬県前橋市を結ぶ一般国道)で群馬県前橋へ向かう。走行中、ヤグラセンサーは反応しなかった。前橋ICから関越自動車道に入り、藤岡JCTで上信越自動車道へ。小諸ICで下りて国道18号を走行する。

東御市滋野でこの火の見櫓と再会した。写真でも分かる通り、国道がくの字にカーブしているところに立っているため、アイストップとなって遠くからでもよく見える。東信では細身で背の高い火の見櫓は一般的なタイプだ。

その後、何回か通ったことのあるルートで松本へ。  走行距離:911.6km


本稿を以って11月2日、3日の道路またぎ櫓、狛犬巡りの記録終了。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 浅田神社(佐野市)の狛犬 | トップ | ブックレビュー 1710 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

A 火の見櫓っておもしろい 」カテゴリの最新記事