透明タペストリー

本や建築、火の見櫓、マンホール蓋など様々なものを素材に織り上げるタペストリー



飯綱町柳里の火の見櫓

2017-04-29 | A 火の見櫓っておもしろい 


814 飯綱町柳里中宿 撮影日170427

■ 飯綱町は牟礼村と三水村が2005年(平成17年)に合併して誕生した町。なんとなく火の見櫓の数が多い町というイメージを抱いていたが、見つけることができなかった、何基もあると思うのだが・・・。この火の見櫓に出合うことができて良かったと思う。






やけに蕨手が目立つ屋根。屋根の骨組みの様子がよくわかる。これを見ると4角形の櫓と8角形の屋根は上手く納まることが分かる。





ここが合併前は牟礼村だったということと施工が昭和38年3月だったことが分かる。


 



 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 朝焼けの詩 | トップ | 飯綱町のマンホール蓋 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

A 火の見櫓っておもしろい 」カテゴリの最新記事