透明タペストリー

本や建築、火の見櫓、マンホール蓋など様々なものを素材に織り上げるタペストリー



高山村高井の火の見櫓

2017-05-13 | A 火の見櫓っておもしろい 


833 高山村高井柴 撮影日170512



■ 火の見櫓の脚元正面に設置されている銘板には竣工平成13年5月と記されているが、この年に建設されたと判断するのは早計だろう。既に立っていた火の見櫓の改修が行われたとか、その類ではないだろうか。どう見てもこれは昭和のデザインだが・・・。ただし水路の上に架けてあるブリッジの手すりのデザインは今風。銘板は既に設置されていた銘板に重ねて取り付けてあるようにも見える。

前回この村の火の見櫓巡りをした時、この火の見櫓には出合っていなかった。


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小布施町小布施の火の見櫓 | トップ | 高山村のマンホール蓋 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む