透明タペストリー

本や建築、火の見櫓、マンホール蓋など様々なものを素材に織り上げるタペストリー



春爛漫

2017-04-18 | A 火の見櫓っておもしろい 


撮影日170418 松本市神林にて


撮影日170418 松本市寿北にて

■ 信州大学の前身、旧制松本高等学校の寮歌に「春寂寥」がある。タイトルの通り、桜が散り始めるころに感じる寂しさを謳った寮歌だ。

満開の桜を目にして浮き立つ気分を味わった直後故、散り始める桜花に寂しさをより強く感じるのであろう。落花の様を目にすると秋とはまた違う寂しさを感じるものだ。

それまでは明るい気分で過ごすことができる!


5000稿!

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 松本の春 | トップ | 居間について考える  »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (モジモジ君)
2017-04-19 05:45:15
『5000稿!』
おめでとうございます。
素晴らし過ぎます!
モジモジさんへ (U1)
2017-04-19 06:00:48
お祝いメッセージありがとうございます。
5000稿に到達しました。
これからも書きたいことを書きます。
よろしくお願いします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む