透明タペストリー

本や建築、火の見櫓、マンホール蓋など様々なものを素材に織り上げるタペストリー



上田市仁古田の火の見櫓

2017-06-16 | A 火の見櫓っておもしろい 


863 上田市仁古田 撮影日170611

サントミューゼから帰る途中で出合った東信方面でよく見かけるタイプの火の見櫓。



逆光気味だったが、たまたま露出が適切で屋根下が暗くならず半鐘を吊り下げている様子が写っていた。柱の上端を繋ぐ部材に水平部材を掛け渡し、その中央に取り付けたU形のフックに半鐘の龍頭を掛けている。

見張り台の手すりの飾りはエレガント。梯子を見張り台の床面から更に上に伸ばし、更に端部を曲げている。端部を曲げておかないと消防団員の法被が引っ掛かったりする。その高さで柱に手すりを取り付けてある。この辺りの扱いに安全上の配慮、気配りが感じられる。


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« タイミング | トップ | 完璧なタイミングだった。だ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む