透明タペストリー

本や建築、火の見櫓、マンホール蓋など様々なものを素材に織り上げるタペストリー



「天災から日本史を読みなおす」

2017-02-09 | A 本が好き


『天災から日本史を読みなおす 先人に学ぶ防災』磯田道史/中公新書

 この国は災害列島だ。はるか昔から幾度となく地震や津波に襲われ、甚大な被害を被ってきた。本書で磯田さんは残された史料を読み込んで、例えば天正地震のとき戦国武将がどう対応したか、伏見地震のときはどうであったか、を分かりやすく解説し、そこから今に活かせる教訓を示している。

例えば**三〇〇年前のこの古文書は我々に物語る。老人・子どもは災害時の低体温症にとくに弱いこと。年長者は責任ある言動をしなければならないこと。疲労困憊時には弱気になり判断がにぶること。我々はこれらを自覚して、老いも若きも、最後まで避難を投げないことが大切だ。**(68頁)のように。これは宝永地震が招いた津波に襲われたとき、避難するさまを記録した「柏井氏難行録」という史料を読み解いて得た教訓。

磯田さん小学生の時から歴史学者になりたいと思っていたそうで、地震や津波の史料を蒐集すること、20年。本書にはさまざまな史料が示され、その成果が活かされている。

大変興味深い本に出合った。今週末に読みたい。この本を薦めてくれたT君に感謝。


第63回 日本エッセイスト・クラブ賞受賞

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 文学作品に出てくる火の見櫓 | トップ | 「天守再現!江戸城のすべて」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

A 本が好き」カテゴリの最新記事