透明タペストリー

本や建築、火の見櫓、マンホール蓋など様々なものを素材に織り上げるタペストリー



高森町下市田の火の見櫓

2017-07-16 | A 火の見櫓っておもしろい 


874 高森町下市田 撮影日170715

 4脚44と略称される火の見櫓。平面が4角形の櫓に4角形の屋根、4角形の見張り台。櫓の上方への逓減が直線的ということだけで、普段見慣れているカーブを描く櫓とは随分印象が違う。



屋根の4隅を上に曲げているが、これだけで屋根の印象も変わる。手すりはシンプルなデザインだが、4隅がR付きというだけでやはり印象が変わる。ということで、火の見櫓全体の印象も違う。

このようなことで、好きとか嫌いとか評価が変わるのだからデザインって大事だと改めて思う。




 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 飯田市南信濃の火の見櫓 | トップ | 高森町下市田の火の見櫓 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む