透明タペストリー

本や建築、火の見櫓、マンホール蓋など様々なものを素材に織り上げるタペストリー



佐久市中込の火の見櫓

2016-10-17 | 火の見櫓っておもしろい 


713 佐久市中込 撮影日161010

前面道路側には消防団の屯所があり、火の見櫓の全形は裏側に行かないと見ることができなかった。

見張り台に比して屋根が小さいというのは、東信地方の火の見櫓の特徴かもしれない。きちんと統計的なデータをもとに判断すればはっきりすると思うが、ここではなんとなくの印象。




櫓の上部に「火の用心」のパネルが取り付けてある。すぐ隣に防災無線柱が建てられ、スピーカーが取り付けられている。火の見櫓にも設置されているから、物々しい。



屋根のてっぺんの飾りは直線的で、見慣れている曲線のものとは印象が違う。フックのような蕨手。よく見ると、見張り台から上にでている柱にも手すり(?)をつけ、ブレース(?)も設置している。設置理由が分からないから、手すりなのか、ブレースなのか判然としない。

反対側から撮った上の写真ではこの部材はわからない。やはり現地で注意深く観察するという基本を忘れてはいけない。



脚部。コンクリート基礎を立ち上げている。やはりアーチ部材を用いた構成がいいなあ。消防信号板の設置位置が気になる。この位置だと、半鐘を叩くときに参照出来ない。

*****

今回(10月10日)の櫓と蓋巡りはここから引き返した。途中長和町、上田市武石、上田市丸子で火の見櫓を背景にマンホール蓋の写真を撮った。それらを次稿か載せる。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 佐久市のマンホール蓋 | トップ | 火の見櫓のある風景 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む