透明タペストリー

本や建築、火の見櫓、マンホール蓋など様々なものを素材に織り上げるタペストリー



朝焼けの詩

2017-04-29 | C 朝焼けの詩


撮影日時 170429 05:14AM

 今朝の朝焼けをどう表現したらいいだろう。メタリックな、未来的な、とでも形容したくなるような朝焼けだった。

たった一度だけ、この時だけしか見ることができない朝の風景。


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 信濃町大井の火の見櫓 | トップ | 飯綱町柳里の火の見櫓 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

C 朝焼けの詩」カテゴリの最新記事