透明タペストリー

本や建築、火の見櫓、マンホール蓋など様々なものを素材に織り上げるタペストリー



「地産地消」給食

2008-10-25 | A あれこれ

● 長野県は生活圏が四つのエリアに分かれていますが、「市民タイムス」はその一つ、中信エリアを対象とするローカル紙です。タブロイド版の新聞で地元の身近な話題を取り上げていますが、昨日「すべて地元産 おいしい給食」という見出しの記事が載りました。

記事によると、ある中学校の給食の食材は農繁期には地元の農家がほぼ毎日配達していて、年間に使われる農産物の約半分が地元産だそうです。

地元の食材を使った給食は生徒達に好評なようで、残菜ゼロが学校の自慢だとの生徒のコメントが載っていました。

この中学校では、なんと給食の時間に校内放送で、誰がつくった農産物を使っているのか全校生徒や教職員に伝えているのだそうです。「今日の給食のレタスはK地区のSさんがつくったものです」と、こんな放送が流されているのでしょう。

中国産餃子、輸入米などに殺虫剤や農薬などが含まれていた、といった食品の安全性に関わるトラブルが最近よくニュースで伝えられます。

食の安全を担保できるのは、生産者がはっきり分かっているものに限られるといえば少し厳しい捉え方かもしれませんが、まあ、そのくらいの認識でないといけないのかもしれません。でもそれでは食べるものが無くなってしまいますよね。

既にこのブログに書いたことですが、かつてはこの国でも当然のことだった「地産地消」のシステムを復活させないと、そのうちもっと深刻な事態になってしまうような気がします。そう、少しくらい殺虫剤や農薬が残留していても仕方がない、といった事態に。そうならないと誰が保障できるでしょう。

既にそうなっているのかも・・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「日本人の脳に主語はいらない」

2008-10-25 | A 火の見櫓っておもしろい 


「iPS細胞 世紀の発見が医療を変える」八代嘉美/平凡社新書 読了。

ホットな話題になっている再生医療がテーマ。この手の本は私がいつもしている「隙間」読書、空いている時間に細切れにする読書では理解が難しい(否、じっくり通読しても私にはよく理解できないだろう)。

既にシート状に培養した幹細胞を心筋梗塞を起こした心臓に貼り付けて、心臓の機能を回復させることに成功しているという。ただし、マウスでの実験だが。この心筋再生の技術はヒトへの応用も既に可能だという。

「再生医療の実現化」に各国が巨費を投じて研究を進めている。将来心臓そのものを再生するなんてことが実現するのかもしれない。そのようなことが本当に幸福をもたらすのかどうか、新たに抱え込む問題も多いような気がするが・・・。

先日、脳内出血を起こした妊婦が8ヵ所の病院に診療を断られ、搬送先の病院で出産後に亡くなるという「悲劇」が東京であった。

最先端の医療技術の研究ももちろん必要だとは思う。各国が競って再生医療の研究を進めているという。日本でも重点的に予算を配分することを決めているということだ。

でも、先のような日常的に起こっている医療に関する問題を地道に解決していくことにもっと熱心に取り組んで欲しいと思う。

私自身は最先端の医療が受けられないのは仕方がないことだと思うし、それほどそれを積極的に望む気持ちもない。でも、医師が不在などの理由で日常的に行われている医療行為が受けられなくて死んでしまう・・・これは悲しいな、ホント悲しい。

 さて次は『日本人の脳に主語はいらない』月本 洋/講談社選書メチエ。

**脳科学が明かす日本語の構造**と帯にある。日本語は主語がよく省略される。日本語に主語はないと主張する言語学者と、主語はあると主張する学者との間の論争はまだ決着がついていないという。

著者はこの問題を脳科学の知見によって解決できるという。それを本書で説明しようというのだ。興味深い試みだ。書店でこの本を見つけてフェルメール本をやめて購入した。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加