[FM]FULLMSX.COM for BLOG

パソコン、ゲーム、趣味など、さらに本を扱う仕事と多種多様の話題。
投稿から7日~14日前後のブログ更新です。

国家プロジェクト「環日本海経済圏構想」 中国、北朝鮮、韓国、日本、ロシアを日本海経済圏に 

2016-12-24 18:15:55 | Weblog

 2016年もあと少しです。来年は大きく変わりそうな年になるのでしょうか。
今回は環日本海経済圏構想というビッグな話をしたいと思います。
ニュースで話題になっていますが、
日本海を囲むエリア(環日本海)を経済圏にする構想です。
 もっと具体的に考えると狭いエリアでは瀬戸内海が良い例です。
九州の別府、中国の広島、四国の松山、遠くは神戸、大阪の港を結んで
発展してきました。これを地域から国の規模に変えるものです。

 日本では北海道、北陸、山陰、北部九州の日本海沿岸エリアですね。
このエリアをさらに企業誘致してリゾートや商業など経済発展をさせるものです。
既に山陰自動車道は建設中で中国地方も改造が始まっている感じです。
 例えば北陸新幹線や上越新幹線もその一つですね。

では経済圏になるとどういうふうになるのかと言えば
中国や韓国に行かなくても代表的なウーロン茶、キムチなどの
物産品が最近では売られていますね。昔はありませんでしたね。

 既にロシア人観光客が苗場スキー場などに多いとか福岡では
韓国人がパチンコ店に多い話などわかってきます。
ロシアのハバロフスクでは自動販売機があるという話です。
 また瀬戸大橋のようにロシアのシベリア鉄道が
北海道に延伸される構想もあります。もう1つは船の輸送です。
港湾を整備し日本海を中心に輸送が始まれば低コストで各国に物流が
結ばれることになります。またシベリア鉄道を使えば最短でアジアに
荷物が届きます。そして、 近い将来は東京に地方ナンバーの
クルマが走っているように
日本、各国のいたるところに外国人がもっと多くなるようです。

 今まで資産がある日系の大企業が世界に進出してきましたが、
短時間で結ばれることで中小企業が経済圏に進出できるチャンスが
増えてくると見込まれています。さらに言語も英語から中国語、
韓国語、ロシア語などが増えてくるでしょうね。
 既に外国人が経営する建設会社などありますね。

 また土地の問題が起こってきます。土地を世界の外資系企業などに
売却されれば土地はなくなります。
対馬などでもそういう問題が起こっています。何もドンパチ戦争を
やらなくてもどこでも土地を取得できるというわけです。
 地元の住民が買い取って開発を防ぐしか方法がありません。
これも大きな負担ですよね。日本だけではなく各国で起こりえますね。



 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 特別講座!? 口の歯の描き... | トップ | スカッとゴルフ「パンヤ」 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。