チョコとコーヒーがあれば生きていける

チョコやコーヒーを語るブログではありません。普通の主婦になりたかったアラフィフのたわごと。時々愚痴ります。

生協のコアノンロール

2017-05-16 16:40:04 | 買い物
生協に加入したのは20年ほど前でしょうか。
まだ、下の子が生まれて間もないころですね。
子供たちのおやつに、昔はなかなか手に入らなかった、果汁100%のチューペット(棒アイス?)や100%果汁のゼリーを購入したくて近所のお友達と班を作って配達してもらっていました。

あれから、引っ越しをして、班もつくれないので、今は配達ではなく近くのステーションに取りに行く方法で続けています。

たすけあいという保険があるんですが、それも家族全員が加入。
子供たちは月に1000円のコースに入っていたんですが、転んだり、部活で突き指したりという細かい怪我で通院した時に1日2000円の保障があるのはとても助かりました。
接骨院に毎日通った時もありましたから申し訳ないくらいでしたね。

で、生協でいつも買っている商品があります。

コアノンロールです。

何かと言うと、芯の無いトイレットペーパーです。
再生紙使用の商品で、細い芯をホルダーに付けるタイプと普通のホルダーにそのまま使えるもののがあり、シングルとダブルがあります。

私はずっと細穴のシングルを愛用してきました。
芯がないというのはゴミが出ないという事ですね。そして、1ロール130mと長いんです。
ちょっと気になったトイレの汚れとかもそれにスプレーのふき取り剤を付けて拭いたりしてますが、とにかく130mと長い分交換が少なくてすみます。

そしてお値段。
お安くなっているときは6個入り360円(税込388円)!安い!!
私は箱で買っているので6個×5袋で1696円(税込1831円)1袋にすると340円!(時々ある特価の時の価格です。)

ずっと浮気することなくコアノンロールを買ってきました。

しかし!!
今我が家にはコストコブームが来ています。
そこでみんなが、いいよ、いいよ、とおすすめしてくれるのがバスティッシュ。

バスティッシュは30個だから置き場所に困るけどね、と皆さん言いますが私、コアノンロールも1袋6個入り×5袋の段ボール箱で買ってますからね。

気になる。みんなが良いって言うから気になる…。
そして初めてコストコに行ったとき、おトイレに確認に行かせていただきました。
バスティッシュ以外のペーパーの時もあるそうですが、私が行ったときは、噂のバスティッシュでした。(と思う)
エンボス加工が可愛く、手触りはふわふわ柔らか。ああ、これが噂の…。
生協のコアノンロールは再生紙だし、正直薄くて、…丈夫だけど、柔らかくはない…。

うーん。買いたい。

でも、でも、価格が生協のほうが安い。
それに、噂ではよく詰まるらしいし…。

友だちとシェアすればいいんでしょうけど、今だ購入に至っていません。

結局のところ、私はコアノンロールが好きなんでしょうね。
ニャンコのおトイレの側にも常備。大のほうをした時もコアノンロールを十字に重ねて真ん中に汚物をのせてくるんでつまみ、速攻で人間のおトイレに流します。

バスティッシュは1ロールがダブルで43.18m。生協のコアノンロールは1ロールが65m、我が家はシングルなので130mです。1ロールの値段は特売価格で56.5円。やっぱり安さには勝てない。

生協って不便な感じがしますが使ってみると結構便利です。
お値段も高いものばかりのイメージもあるかもしれませんが、そうとは限りません。
組合員になるのに出資が必要ですが、店舗のほうは組合員でなくても購入できるようです。

先日、生協が、新興宗教のようで嫌というような事を目にしましたが、私は一度もそんな事を感じたことはありませんし、困ったこともありません。
まあ、生協の商品が好きで継続して買っているので、娘にはお母さんは生協教信者だ!と言われたことはありますが、コストコが好きで買うのと何の変りも無いと思います。
コストコだって会員になるのに年に4000円いるわけですし、生協の出資は1000円づつとか地道に貯めて行けば、辞めるときには返してもらえます。

そして私は生協の回し者ではありませんから、あしからず。笑
コアノンロールの良さ、安さを伝えたかっただけでーす。笑


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 結局のところ103万円なの? | トップ | 出来上がり »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。