うーちゃん大好き

大好きな愛犬うーちゃんの事、私の事など、日々の様子を。
うーちゃんのHPにも遊びに来てみてください。

ふくちゃんと菜の花

2017-02-27 00:15:02 | Weblog


とても良いお天気

ふくちゃんといつものお散歩  綺麗なお空とユーカリの木



もうすぐ春。
ふくちゃんとはじめての春

色んなお花を見て歩こうね。雪柳も見ようね。





もうぐっすり😪💤💤
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ふくちゃんと朝日

2017-02-21 12:29:07 | Weblog
今朝のお散歩。



綺麗な朝日と良い子にお座りのふくちゃん



[待て]で待てたけど、写真撮り終わったあとのはしゃぎっぷりが酷かった~
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バレンタインデー

2017-02-14 23:25:13 | Weblog


今日は、バレンタインデー💕
娘から私にチョコの詰め合わせが送られて来ました~o(^o^)o
甘いの大好きな母は嬉しい~



コーヒーゼリーも😃



ふくちゃんにはクッキー🍪



ふくちゃん、待てが出来るようになってきた



うーちゃんにも 嬉しい




メッセージと私とうーちゃんとふくちゃんのイラスト。
お揃いのネックレス、うーちゃんのとんがり頭、可愛いくて嬉しいバレンタインでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ビフォーアフター

2017-02-13 00:12:18 | Weblog
ふくちゃん、うーちゃんのお家での生活も随分馴染んで来ました(*^.^*)

ふくちゃんのおもちゃ


木のおもちゃ、上下同じおもちゃで、下がさんざんかみかみした結果ので、
上が新しいの。



凄いね。ふくちゃん。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明けましておめでとうございます

2017-01-04 23:15:21 | Weblog


本年もよろしくお願いいたします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

うーちゃんと母の今

2016-12-30 21:13:13 | Weblog
ふくちゃんを迎えたとブログにUPしてから随分、間が空いてしまいました。

一度ふくちゃんを紹介した後、さかのぼって迎えた当初から今までの様子などをUPしていこうと思っていながら
カメラを常にもって写真を撮ったり、ブログを書いたりする生活パターンになかなかなれずに居ます。

毎日、ふくちゃん可愛いね~って思ったり言ったりしながら同時にうーちゃんのこともいつも思っています。

毎日朝晩ふくちゃんとお散歩してお目目が合うと「ふくちゃん可愛いね~」って言います。

先日、またふくちゃんに可愛いね~って言った時うーちゃんの今(私の今)ってこんな感じだ~って思いました。

こんな感じっていうのは・・

「虹の橋」です。(うーちゃんが居てくれた時も、逝ってしまった時も読むたび涙が溢れました。)

以下、本文

------------------------------------------------------------------


虹  の  橋


天国の、ほんの少し手前に「虹の橋」と呼ばれるところがあります。
この地上にいる誰かと愛しあっていた動物は、死ぬとそこへ行くのです。
そこには草地や丘があり、彼らはみんなで走り回って遊ぶのです。
食べ物も水もたっぷりあって、お日さまはふりそそぎ、
みんな暖かくて幸せなのです。
病気だった子も年老いていた子も、みんな元気を取り戻し、
傷ついていたり不自由なからだになっていた子も、
元のからだを取り戻すのです。
・・まるで過ぎた日の夢のように。
みんな幸せで満ち足りているけれど、ひとつだけ不満があるのです。
それは自分にとっての特別な誰かさん、残してきてしまった誰かさんが
ここにいない寂しさのこと・・。

動物たちは、みんな一緒に走り回って遊んでいます。
でも、ある日・・その中の1匹が突然立ち止まり、遠くを見つめます。
その瞳はきらきら輝き、からだは喜びに震えはじめます。
突然その子はみんなから離れ、緑の草の上を走りはじめます。
速く、それは速く、飛ぶように。
あなたを見つけたのです。
あなたとあなたの友は、再会の喜びに固く抱きあいます。
そしてもう二度と離れたりはしないのです。
幸福のキスがあなたの顔に降りそそぎ、
あなたの両手は愛する友を優しく愛撫します。
そしてあなたは、信頼にあふれる友の瞳をもう一度のぞき込むのです。
あなたの人生から長い間失われていたけれど、
その心からは一日も消えたことのなかったその瞳を。
それからあなたたちは、一緒に「虹の橋」を渡っていくのです・・・。


------------------------------------------------------------------


「みんな幸せで満ち足りているけれど、ひとつだけ不満があるのです。
それは自分にとっての特別な誰かさん、残してきてしまった誰かさんが
ここにいない寂しさのこと・・。」


ふくちゃんのお陰で笑顔いっぱい、癒しいっぱいの毎日だけど、だけどこれなんだ・・・って思いました。

と言う、何のオチも無い気持ちのお話でした。

「虹の橋」って読む時期によってさまざまな気付きがあって凄いな救われるなって改めて思いました。




ふくちゃんと近所の公園で遊びました。

      

ふくちゃん、母の前後を楽しそうにダッシュします。

      

      
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ふくちゃん

2016-10-10 23:07:45 | Weblog
      

今日はうーちゃんが天使になって2年と7か月。うーちゃん地方も木々が綺麗に色づき始めました。

前回ブログをUPしたのが丁度2年の日でした。

それから新しくUPしようと思いつつなかなか出来ないでいましたが、やっとUPできました。

うーちゃんを感じられるようになったと以前書きましたが、今はいつも一緒のような同化してしまったようなそんな感じです。
これは私の勝手な思いなのか、うーちゃんも同意の上なのかはわかりませんが本当にそんな感じです。

先日のお墓参りの時も、帰宅してうーちゃんに「ただいま~」って言った後で「あぁでも一緒に行ったもんね」って思わず言いました。
デニーロの糖尿病もインスリンを朝晩3.5単位で安定していて、とてもいい感じです。

そしてそろそろ新しい子を・・と思いながらなかなか一歩が踏み出せませんでしたが、その様子を見ていた息子がネットでゴルのパピーを検索し始めました。

そして・・・

うーちゃんのお家に新しい子を迎えました。

名前は「ふくちゃん」です。
          

2016.5.5に初めて会いに行って、14日にお迎えに行きました。

生後5か月で迎えて今10か月になりました。もう29㎏です。

お里は「ずっちゃんファミリー犬舎」です。

幾つかの犬舎を当たりましたがなかなか縁がなかったようで、うーちゃんのお家に来てくれる子には出会えませんでした。
そんな時、探し始めて相談していたまろんちゃんのままからずっちゃんファミリーのふくちゃんの話を頂きました。

お誕生日はうーちゃんが1月3日でふくちゃんが1月5日と二人ともおめでたい子達です。

皆さんにお力添えを頂いて、そしてうーちゃんが届けてくれた子だと思っています。

うーちゃんが「こうしたほうが良いよ」って言ってくれたかのように母に引っ付いてくれるベタベタっ子です

そしてうーちゃんのお家に迎えるにあたって一番心配だったのはデニーロの反応でした。
神経質なデニがワチャワチャのゴルパピで具合が悪くならないか心配でしたが、全く問題なしでした。

初めてのお家にちょっとドキドキの様子のふくちゃんと玄関に入ると、廊下の真ん中にデニが居て、す~っとふくちゃんに寄ってきてクンクンとお互い鼻突き合わせて・・・とても感動の瞬間でした。

まるでふくちゃんが来るのがわかっていたような様子でした。
うーちゃんがデニとふくちゃんにちゃんと伝えてくれていたんだと思えるほどスムーズな対面でした。

そして・・それからは怒涛の日々の始まりでした。


以前のように今度はふくちゃんとの日々を記録を兼ねて綴っていけたらと思っております。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

二年 徒然・・

2016-04-13 23:57:11 | Weblog
      

4月13日、今日はうーちゃんが天使になって丸2年。

新しいお花とおやつを買って帰りました。

家に着くとえっちゃんからうーちゃんにお花が届いていて、とっても嬉しい。

うーちゃんの周りを綺麗にしてお花の水を替えたり新しいお花をかざったりしていると、姉からお花が届きました。

      

お彼岸に両親のお墓参りが出来なかったので10日に姉と待ち合わせてお墓参りをしてきました。
帰りに一緒に食事をした時、姉に「いよいよ新しい子迎えたくなってきた」と話すと「そう思えるようになったのはすごく良いと思う。」
と言ってもらいました。

最近、いろんな人にその事を言っているみたい。

姉からのお花にはうーちゃんへあてた手紙が入っていて、その中に「うーちゃん、そちらでかわいい子を見つけておかあさんに送ってあげてね。お母さんにはきっとその子がわかるはずだから」の文字が。

なんとも表現出来ない気持ちで涙が溢れました。

周りの人にいっぱい支えてもらって助けてもらって励ましてもらって心配してもらってなんとか過ごした2年。感謝感謝です。



以前、アニマルコミュニケーションを受けた時、うーちゃんが居てくれているのに気づけなかったのに、なんかこの感じかなって、うーちゃん?って。だとしたらうーちゃん、いつも一緒だね。って思えるよって。

      

いつもみている写真のうーちゃんもいつもよりニコニコさんに見えるよ。うーちゃんも安心してくれているかな。



ここ最近、地に足がついたって言うか感覚があるようになったと言うかそんな感覚があります。



      


   うーちゃん大好き。ず~っと大好きよ。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

雪柳

2016-03-27 16:03:53 | Weblog
        

2016年、今年最初のUpです。

1月3日のうーちゃんのお誕生日には娘家族と姉達も居てくれて過ごしました。

デニの糖尿病は1月末の病院で、血糖値が300代になってくれたので、通院が一月後となり、2月末にはもう少しだけインスリンを増やして今、とても良い状態で過ごせています。

発病当時は座っているのも大変そうですぐに横になってしまって、おしっこの量も飲む水の量も大量で臭いもきつく、膀胱炎と下痢を繰り返していましたが、今は朝晩のインスリンを打つ以外は普通の元気なにゃんこと全く変わらなくみえます。

以前は食欲と体重維持が大事と寝起きに体重を量り、二・三日おきに尿検査をしていましたが、デニの様子をみながらたまにする程度になりました。

血糖値が下がっておしっこと飲み水の量が以前位にもどって、デニがとても調子良さそうで、そして同居の息子がデニのインスリンの注射が打てるようになったので、気持ち的に随分楽になりました。




と言うことでお彼岸の連休にデニのインスリン注射を息子に頼み、名古屋の娘家族のところに遊びに行ってきました。

名古屋で出かけた先で、雪柳が綺麗に咲いて居るのをみました。

もうそろそろ咲いている頃と思っていたら満開で・・

名古屋からの帰りに高速を降りてそのままお花屋さんに寄って買って帰りました。

今回の名古屋行きはうーちゃん地方の去年の夏祭りに孫のちゃんがきんぎょすくいでとって、我が家の水槽で巨大化した金魚を届ける目的もありました。

金魚の水が冷えないように酸素の事も考えての長時間移動でしたが、無事娘のお家の水槽に移動できました。

行き帰りの片道4時間ほどの間、なにか一人じゃない気がして。
往き道は金魚が居たけど、帰り道も。 うーちゃんを感じることが出来たみたいです。

もう少しで2年、うーちゃんを想う気持ちは変わらないけど私の中で何かが変わってきたみたい。

新しい子を迎えたいと思うようになってきたと伝えたら息子も娘も賛成してくれました。
きっとうーちゃんも喜んでくれるかな。

後は私が本当に一歩踏み出すだけかな。

またあの素敵な時間が過ごせるのかと思うとドキドキする反面、やっぱりうーちゃんとと思っている自分に気づいて「そうじゃない」って思い直したり、神経質なデニは大丈夫かと心配になったり色々ありますが、実際はどうなるかわかりませんが2回目の命日を前に雪柳をみながら思いを巡らせています。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

18ヶ月

2015-12-13 23:32:36 | Weblog
       

今日はうーちゃんの18回目の月命日。

日曜日だったのもあって朝からうーちゃんのブログを読み返したり写真をみたりして過ごして夕方から子供たちや孫のクリスマスプレゼントなど買いに出かけて帰りにうーちゃんにお花を買って帰りました。

うーちゃんを思う毎日ではあるけど、会いたくて泣いちゃうこともあるけど、時間薬は少しずつでも確実に効いてくれているようです。

うーちゃんと過ごした部屋は今、長男が使っていて、私は娘が使っていた部屋を改装して使っています。

      
  ベッドサイドにはうーちゃん


去年の私の誕生日に娘が作ってくれた大きなフォトフレーム。

      

これをちゃんと飾りたくて作った飾り棚。

 

      

「うーちゃんと孫たち」も作ってもらって飾りました。

      

好きなグリーンに囲まれて癒されてます。

枕元には箱が2個
     

左は姉の作ってくれたので、右は娘が作ってくれたもの

 

昼間は和室に置いてあるうーちゃん入りのターコイズのネックレスを、夜はこの箱に入れて寝ます


      

先日、普段使わないドライヤーをたまたま使った時、デニーロが来てゴロン

そういえば、デニはドライヤーが大好きで、うーちゃんのシャンプーの後のドライヤーの時暴れるうーちゃんと母の間に平気で入ってきてドライヤーにあたっていたっけ。

楽しそうにお散歩して、飼い主さんを見上げるワンコをみると、胸が痛いほどうらやましくなってまたそんな日がと思うようになって来たけどデニの糖尿病があるのでまだ暫くはこんな生活かなって思っています。

デニと私、共にうーちゃんの事が大好きでうーちゃんの事を思う同志のような所も感じたりしてこの生活も大事にしていこうと思う18回目の月命日でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加