多摩市聖蹟桜ヶ丘 Bronco自然整体院のブログ “Health&Smile”

完全無痛の整体院 腰痛・肩こり、各種スポーツ障害を得意にしています。

第2の故郷へ その5 再会編

2017-06-30 | 日記

ホテルの部屋でひと休みしてから、再び外出。
着いたところはここ。

小樽を代表する神社の1つ、龍宮神社です。
ここの宮司を務めているのが、小5~中1まで同じクラスだった友達で、飲みに行く約束をしていたのですね。

友達行きつけの店で乾杯

私は中2で函館に転校しましたが、彼が高校は函館ラ・サールに進学したので、高校時代に函館で何度か会ってはいました。

でも共通一次試験(今で言うセンター試験)の会場でバッタリ会って以来だから、32年ぶりの再会です。

今は家業である龍宮神社の宮司をしながら、医者としても活躍しており、地域のちょっとした顔のようです。
昔話を懐かしんだり、お互いの近況、友人たちの近況などなど語り合いました!


店のマスターが出してくれたのが、こちらの日本酒。
酒-1グランプリで優勝した和歌山の紀土(キッド)というお酒だそうで、口当たりが良くて飲みやすかったです。

この後、やはり友人行きつけの蕎麦屋で二次会。


海苔がたっぷり乗った、磯の香りのする蕎麦です。

麺はこんな感じ。

しかしこの時点で泥酔状態でしたので、店の名前も、この蕎麦の名前も覚えていません(^_^;))

食べ終わり、店を出て、友達とまたの再会を約束してホテルへ。

しかしその前に、酔っ払っていても、夜の運河の撮影だけは忘れませんでした。
が…

夜景モードで撮影することにまでは、考えが及びませんでした(笑)

~つづく~

 

京王線 聖蹟桜ヶ丘駅より徒歩7分

聖蹟桜ヶ丘の整体院 【Bronco自然整体院】(多摩市)  

【完全無痛の整体ですので、女性の方やお子様でも安心して受けていただけます!】  

tel.042-319-6188

多摩市関戸2-32-5 カネシロビル6F  

施術時間  月~金 9:00~13:00  15:00~19:00
      土   9:00~13:00 

定休日   日曜・祝日 

初回 6000円  2回目~ 5000円  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第2の故郷へ その4 観光スポット編

2017-06-29 | 日記

今回は観光旅行ではないので、いわゆる観光スポットは目的地になっていなかったのですが、いくつか写真があるのでご紹介していきますね。

言わずと知れた小樽運河。

昔は廃船が放置され、ヘドロが堆積して悪臭を放つドブ川だったので、まさかこんな観光スポットに変身するとは思いもしませんでした

小樽港。
外国船の汽笛も小樽の風物詩の一つです。

旧手宮線跡地。
北海道で最初の鉄道です。

もちろん昔からあったし、過去にも見ているはずなのですが、全然記憶に残ってないんですよね…
多分当時は全く興味がわかなくて、記憶に定着しなかったのでしょうね(^_^;))


こちらは観光スポットではないですが小樽合庁。
父の職場があって、思い出の場所の1つなので載せてみました。

この建物は今回宿泊したホテルノルド小樽です。

中に入るとこんな感じ。

異国情緒があるお洒落な作りで、部屋の窓からは港と運河を見ることができました。

この後、部屋で30分ほどのんびりしてから再び外出!

~つづく~

 

京王線 聖蹟桜ヶ丘駅より徒歩7分

聖蹟桜ヶ丘の整体院 【Bronco自然整体院】(多摩市)  

【完全無痛の整体ですので、女性の方やお子様でも安心して受けていただけます!】  

tel.042-319-6188

多摩市関戸2-32-5 カネシロビル6F  

施術時間  月~金 9:00~13:00  15:00~19:00
      土   9:00~13:00 

定休日   日曜・祝日 

初回 6000円  2回目~ 5000円  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第2の故郷へ その3 繁華街編

2017-06-28 | 日記

母校を訪れた後は、街を散策することに。

昔は花園レインボータウンと呼ばれ、小樽で一番の繁華街だった花園銀座商店街。

あの当時日中は常に歩行者天国になっていて、人でごった返していたのですが、今ではご覧の通りひっそりとして寂しい状況。

昔足繁く通っていた4軒の本屋も、レコード屋も、スポーツ店もゲームセンターも映画館も、馴染みの店は全て無くなっていました(>_<)

でもしぶとく残っている店もいくつかあり、私自身が覚えている店もあったりします。
例えばこの店。

ここは家族で入ったことがあるんですよね。

どんどん歩を進め、今度はこちらの都通りへ。

ここは小樽の中心部を横切るアーケード街。

夏には通りの真ん中の何ヶ所かに氷柱が置かれ、冬になると毛蟹の叩き売りがされたり、福引きとか現金つかみ取りが行われる賑やかな通りでした。

私が今でもアーケード街が好きなのは、間違いなくこの都通りが原風景にあるからです。

シャッター街になっているのではないか?と思ったりしていたのですが、人通りこそ少ないもののほぼ全ての店が営業していました。

馴染みの店はほとんど消えていましたが、残っている店もあり…

小樽を代表するおもちゃ屋のカネイ小川が、店の名前を変えて残っていました。

映画館の花園電気館は建物にその名残が!


小樽市内にあったデパートが消えていく中で、唯一残っていたのが駅前の長崎屋(厳密にはデパートではないですけどね)。

小樽在住時に一番足を運んだ大型店舗なので、残っていてくれて良かったです!

もっとも中に入っていた、馴染み深い店はほとんど無くなっていたのですが…

しかしこちらの本屋が残っていました!

小さな本屋なので、失礼ながら真っ先に消えていたのではないかと思っていたのですが、わからないものですね(笑)

長崎屋の向かいにある第1ビルの中の紀伊國屋書店も残っていました。
秋田では売っていなかった「プロレス百科事典」を発見し、大喜びで買った本屋です。

小樽を代表する大きな書店というイメージが記憶に残っていたのですが、意外に小さかったです

~つづく~

京王線 聖蹟桜ヶ丘駅より徒歩7分

聖蹟桜ヶ丘の整体院 【Bronco自然整体院】(多摩市)  

【完全無痛の整体ですので、女性の方やお子様でも安心して受けていただけます!】  

tel.042-319-6188

多摩市関戸2-32-5 カネシロビル6F  

施術時間  月~金 9:00~13:00  15:00~19:00
         土   9:00~13:00 

定休日   日曜・祝日 

初回 6000円  2回目~ 5000円  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第2の故郷へ その2 母校編

2017-06-27 | 日記

昔住んでいた家の場所を訪れた後、次の目的地に向かって、船見坂の頂点から山道へと進みます。

更に勾配がきつくなり、「この坂こんなに急だったっけ?」と思ってしまいました

昔は山道に入ったあたりになると、家は数軒しかなかったのですが、今はかなり上まで家がぎっしり建てられています。

ここは中学校のスキー授業に使っていた場所なのですが、とてもそんな面影はなく、普通の住宅地ですね。

そして山の遊歩道に入ります。

ここが中学時代の通学路です(^_^;))

リスやらウサギが棲むのどかな山です。
文化祭でお化け屋敷をやったときは、もちろんこの山から笹を調達しました(笑)

そして2年生の7月まで通った西陵中学校に到着!
1年ちょっとしかいられなかったけれど、大好きな学校でした。

校舎こそ建て替えられていますが、グラウンドとか周囲の雰囲気からはあの頃が感じられます。

ちなみにこちらが、私が通っていた当時の校舎。
木造のあばら家みたいな学校でした

実は西陵中学校は数年中に他校と統合され、廃校になることが決まっています。
「そうなる前に1度行っておかなければ!」と思ったのが、今回の帰郷のきっかけでした。

目的を達成したので下山(笑)し、こちらの住宅地を通って…



5年生の7月から卒業まで通った母校、稲穂小学校へ!

ここではクラスの友達に本当に恵まれて、転校してきてからもすぐに溶け込むことができました。

たぶん学校生活の中で、一番良いクラスだったんじゃないかなと思っています。

こちらもやはり、校舎が建て替えられています。
昔は他にない独特な形状の学校だったから、ちょっと残念でしたね。

こちらが私が通っていた当時の校舎。
昔の両国日大講堂のような円形の体育館に、ギザギザした形の校舎。
写真からはわかりませんが、教室の形も独特でした。

普通教室と言えば四角いものですが、当時の稲穂小学校の教室は四角い部分があって、そこに更に三角の部分がくっついていたんです。
よくその三角地帯でプロレスをやりました(笑)

グラウンドが狭かったのもこの学校の特徴。
100m走をしようにも直線ではコースが取れず、1周してやっと100mという形でしたから。

でも、1度しか参加していないここでの運動会では、秋田の学校では行われていなかった、組体操、騎馬戦、障害物競走を経験し、ソーラン節を踊り、100m走では1等を取れたのでとても印象に残っています

ちなみに稲穂小学校は石原裕次郎の母校なので、こんな記念碑が掲げられていました。

私が6年生のときにローカル番組の撮影で学校に来たことがあるのですが、そのことも記されています。

その時の番組の様子がこちらのサイトで紹介されています。

http://www.geocities.jp/cyannyuu/tv780601.html

話のついでですので、小樽駅の石原裕次郎ホームの写真も載せておきましょう。

~つづく~

 

京王線 聖蹟桜ヶ丘駅より徒歩7分

聖蹟桜ヶ丘の整体院 【Bronco自然整体院】(多摩市)  

【完全無痛の整体ですので、女性の方やお子様でも安心して受けていただけます!】  

tel.042-319-6188

多摩市関戸2-32-5 カネシロビル6F  

施術時間  月~金 9:00~13:00  15:00~19:00
         土   9:00~13:00 

定休日   日曜・祝日 

初回 6000円  2回目~ 5000円  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第2の故郷へ その1 船見坂編

2017-06-26 | 日記

先週末、私にとって第2の故郷である小樽に帰ってきました。


父が転勤族だったので、あちこち移り住みましたが、故郷という感覚があるのは、小学生の頃を過ごした秋田と小樽だけなんです。

小樽に住んでいたのは小5~中2までの3年間。
高校1年生の夏休みに遊びに行って以来なので、35年ぶりです。

今回は初めてバニラエアを利用

特に問題なく、予定通り千歳に到着しました。
我が家から成田空港までが遠かったですけどね(^_^;))

千歳から列車に揺られること1時間15分、遂に到着!

秋田は駅そのものも、駅前もすっかり変わっていたので初めて来た街のような雰囲気でしたが、小樽は駅の中こそ改装されていましたが、昔の雰囲気が結構残っています。

自分が記憶していたより、駅の中がずっと狭かったのがちょっとした驚きではありましたが(笑)

荷物をコインロッカーに預けて、駅横の船見坂へ。

途中にある三角市場は昔のままですね。
三角山の麓にある市場だから三角市場です。

船見坂を登りきったところから下を見下ろしたところです。
船見坂の先からも、ずっとゆるい下り坂が港まで続きます。

小樽は坂の街と言われる通り、街中が坂だらけ、と言うより平地が極端に少ないんですね。

この船見坂も久しぶりに歩いてみると結構勾配がきつくて、「こんな坂を毎日歩いていたらそりゃ体力つくよな」と思わされました(笑)

坂の途中には滑り止めの砂が用意されています。
冬の必需品です。

そしてたどり着いたのがここ。
昔住んでいた家があった場所です。

裏に回ってみると…

奥と右手の石垣は住んでいた頃のままでした!
この場所に、当時飼っていたカメが眠っているんです。

こちらは船見坂のてっぺんを横から撮影したところ。
小学校の頃も中学校の頃も、朝ここで友達と待ち合わせをして学校に行っていました。

ここから、この右手方向の三角山の山道に進みます。

~つづく~

 

京王線 聖蹟桜ヶ丘駅より徒歩7分

聖蹟桜ヶ丘の整体院 【Bronco自然整体院】(多摩市)  

【完全無痛の整体ですので、女性の方やお子様でも安心して受けていただけます!】  

tel.042-319-6188

多摩市関戸2-32-5 カネシロビル6F  

施術時間  月~金 9:00~13:00  15:00~19:00
         土   9:00~13:00 

定休日   日曜・祝日 

初回 6000円  2回目~ 5000円  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加