多摩市聖蹟桜ヶ丘 Bronco自然整体院のブログ “Health&Smile”

完全無痛の整体院 腰痛・肩こり、各種スポーツ障害を得意にしています。

第2の故郷へ その3 繁華街編

2017-06-28 | 日記

母校を訪れた後は、街を散策することに。

昔は花園レインボータウンと呼ばれ、小樽で一番の繁華街だった花園銀座商店街。

あの当時日中は常に歩行者天国になっていて、人でごった返していたのですが、今ではご覧の通りひっそりとして寂しい状況。

昔足繁く通っていた4軒の本屋も、レコード屋も、スポーツ店もゲームセンターも映画館も、馴染みの店は全て無くなっていました(>_<)

でもしぶとく残っている店もいくつかあり、私自身が覚えている店もあったりします。
例えばこの店。

ここは家族で入ったことがあるんですよね。

どんどん歩を進め、今度はこちらの都通りへ。

ここは小樽の中心部を横切るアーケード街。

夏には通りの真ん中の何ヶ所かに氷柱が置かれ、冬になると毛蟹の叩き売りがされたり、福引きとか現金つかみ取りが行われる賑やかな通りでした。

私が今でもアーケード街が好きなのは、間違いなくこの都通りが原風景にあるからです。

シャッター街になっているのではないか?と思ったりしていたのですが、人通りこそ少ないもののほぼ全ての店が営業していました。

馴染みの店はほとんど消えていましたが、残っている店もあり…

小樽を代表するおもちゃ屋のカネイ小川が、店の名前を変えて残っていました。

映画館の花園電気館は建物にその名残が!


小樽市内にあったデパートが消えていく中で、唯一残っていたのが駅前の長崎屋(厳密にはデパートではないですけどね)。

小樽在住時に一番足を運んだ大型店舗なので、残っていてくれて良かったです!

もっとも中に入っていた、馴染み深い店はほとんど無くなっていたのですが…

しかしこちらの本屋が残っていました!

小さな本屋なので、失礼ながら真っ先に消えていたのではないかと思っていたのですが、わからないものですね(笑)

長崎屋の向かいにある第1ビルの中の紀伊國屋書店も残っていました。
秋田では売っていなかった「プロレス百科事典」を発見し、大喜びで買った本屋です。

小樽を代表する大きな書店というイメージが記憶に残っていたのですが、意外に小さかったです

~つづく~

京王線 聖蹟桜ヶ丘駅より徒歩7分

聖蹟桜ヶ丘の整体院 【Bronco自然整体院】(多摩市)  

【完全無痛の整体ですので、女性の方やお子様でも安心して受けていただけます!】  

tel.042-319-6188

多摩市関戸2-32-5 カネシロビル6F  

施術時間  月~金 9:00~13:00  15:00~19:00
         土   9:00~13:00 

定休日   日曜・祝日 

初回 6000円  2回目~ 5000円  

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第2の故郷へ その2 母校編 | トップ | 第2の故郷へ その4 観光スポ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。