多摩市聖蹟桜ヶ丘 Bronco自然整体院のブログ “Health&Smile”

完全無痛の整体院 腰痛・肩こり、各種スポーツ障害を得意にしています。

素晴らしきレスリング

2016-05-13 | 日記

先週の日曜日、鈴木秀樹選手のキャッチ・アズ・キャッチ・キャン講習会に参加してきました。

キャッチ・アズ・キャッチ・キャン・レスリングとは、五輪種目のフリースタイル・レスリングと、プロレスの源流である、イギリス発祥のレスリングです。

一般の人がアマチュア・スポーツとして実践できるように危険な技を排除し、ルールを細かく整備して競技となったのがフリースタイル・レスリング。

一方、キャッチ・アズ・キャッチ・キャンの強豪が観衆の前で、賞金をかけて闘うようになったのがプロレスの始まり。
それが時代の流れとともにショーアップしていき、本来の形が消えていったのが今の姿なんですね。

このスタイルのレスリングを最高レベルでマスターした最後の1人だった故ビル・ロビンソン師は、晩年の10年間日本に住み、高円寺のジム「UWFスネークピットジャパン」で後進の指導にあたっていたのですが、その時の弟子の1人が、この日の講師の鈴木秀樹選手。
現在はプロレスラーとして活躍しています。

立ち方、構え、足の運び方のレクチャーからスタート。
そして、寝技での防御態勢であるディフェンス・ポジションの取り方、そこからのエスケープ法と相手を巻き込んでの投げ(アームロール)。

そろぞれの技術に細かい手順があり、その局面局面での正しい手足の位置や方向があります。

そして、なぜ手をそこに置くべきなのか、なぜその向きにするべきなのかといったことに、ちゃんと理由があります。

鈴木選手はそれらの理論を丁寧に解説しながら、わかりやすく指導してくれました。

後半になると、受講者の質問に的確に答えながら、コブラツイスト、卍固め、ダブルアーム・スープレックスといった、プロレスでお馴染みの技の本来の手順でのかけ方を解説。

基本中の基本からしっかり学ぶことができたので、とても勉強になり、楽しく練習できました。

是非とも次回を期待したいところですし、もっと言うならシリーズ化しての定期開催を強く希望します!

練習後、鈴木選手と記念撮影。

実は鈴木選手とはプロになる以前からの知り合いでしたので、「何を今更…(笑)」と言われてしまいました(^_^:))


京王線 聖蹟桜ヶ丘駅より徒歩7分

聖蹟桜ヶ丘の整体院 【Bronco自然整体院】(多摩市)  

【完全無痛の整体ですので、女性の方やお子様でも安心して受けていただけます!】  

tel.042-319-6188

多摩市関戸2-32-5 カネシロビル6F  

施術時間  月〜金 9:00〜13:00  15:00〜19:00
         土   9:00〜13:00 

定休日   日曜・祝日 

初回 6000円  2回目〜 5000円 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

38年ぶりの帰郷 その5(最終回)

2016-04-30 | 日記

小学校までの通学路の後半戦です。

後半は住宅地を歩くのですが… 

あの頃点在していた空き地に全て家が建っており、風景がまるで変わってしまい、方向だけはわかるものの、どの道を歩いているのかさっぱりわかりませんでした。

途中にあったはずの友達の家も見つけられず



学校の近くまで来て、やっと見覚えのある建物が!
ここは酒屋だったのですが、「もうやめちゃったんだな」と思っていると…

取り外された看板が放置されているのを発見

この「高清水」の文字が印象的で、私たちは誰ひとりとして「高橋酒店」と呼ばず、みんな「高清水」と呼んでいました (笑)

そしていよいよ



母校(5年生の夏に転校しましたが)、仁井田小学校に帰ってきました!

もっともこの正面玄関は、私達の代が卒業してだいぶ経ってから建て直された校舎なので、私も見るのは初めてなんです。

昔は、あばら屋みたいなボロ校舎でしたから(笑) 

こちらの出入り口は私も使っていました。

私が在校していた当時に新校舎として建てられた部分なのですが、おそらく現存する校舎の中ではここが一番古いんでしょうね。

とにかく広いグラウンド。
1周200mのトラックを設置しても、その倍以上のスペースが余っていましたので。

あわよくば校内見学させてもらえれば、と思っていたのですが、今は土曜日学校が休みなのをすっかり忘れていました(^_^;))

校舎はすっかり変わってしまい、面影がなくなっていましたが、空気感はあの頃のものを十分感じられたと思っています。

住んでいた家の周囲、通学路、小学校。
今回の帰郷の最大の目的は、これで全て達成しました! 

再びバスで駅前に向かいましたが、少し手前の有楽町で下車。



「ジョーズ」や「キングコング」を観た映画館の跡地。

道を挟んで向かいにも



やはり映画館跡地。

ここには有楽座とパンテオンという、2つの映画館が並んで入っていました。
こちらではゴジラ映画を観た記憶が。 


入口を封鎖する板の向こうを覗いてみると、映画館の設備がそのまま残っていました。



親に連れられてよく来た市場。
正直、子供にとってはつまらない場所だったのですが(汗)、ここで母が置き引きにあったので妙に記憶に残っています。 

 

たった2日間ですが、故郷を十分堪能したので、東京へ!


今回38年ぶりに帰郷してみて、

「俺はここで育てられたんだな〜」
「間違いなくここが俺の故郷なんだな〜」

と改めて感じたし、

「5年間だったけど、ここで暮らせて良かったな〜」

と心から思いました。
それと、「ここで生まれたかったな〜」とも思いましたね。

最初に書きましたが、実際の出身地である千歳には故郷という感覚が全然無いので、出身を聞かれて千歳と答えることに、いつも抵抗を感じていたんです。

ここで生まれていたら、堂々と「秋田出身です」と言えていたのになと。 

自分の意志ではなく、親の転勤という事情で仕方なく離れてしまった場所だったので、ドラマの最終回を見逃して、結末が気になっているような感覚が、この歳になるまでずっと続いていたけれど、今回やっと結末が見られたと思っています。

次に帰ってくるときは、結末ではなく続編が見られるはずです。

出発前は、仁井田に帰ったら絶対泣くだろうなと思っていたのですが、全く涙は出ず。
すぐにあの頃の自分に戻ってしまい、当たり前のようにその場に溶け込んでしまっていたからなのでしょう。

でも東京に戻り、ここに書いているようなことをFacebookに投稿していたら、なぜだか突然涙が溢れてきて、号泣してしまいました。

38年も経ってしまいましたが、今回故郷に帰ることができて、本当に良かったです 

おわり

京王線 聖蹟桜ヶ丘駅より徒歩7分

聖蹟桜ヶ丘の整体院 【Bronco自然整体院】(多摩市)  

【完全無痛の整体ですので、女性の方やお子様でも安心して受けていただけます!】  

tel.042-319-6188

多摩市関戸2-32-5 カネシロビル6F  

施術時間  月〜金 9:00〜13:00  15:00〜19:00
         土   9:00〜13:00 

定休日   日曜・祝日 

初回 6000円  2回目〜 5000円 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

38年ぶりの帰郷 その4

2016-04-29 | 日記

秋田2日目。

この日は時間に余裕があったので、朝食後部屋でのんびりしてから、チェックアウト。

前日に引き続き、バスで仁井田へ。
今度は住んでいた家から小学校までの、片道2kmの通学路を歩いてみました。



2kmの道のりの中で、あの頃とにかく長く感じられたのがこの一本道。 

病弱だった私が丈夫になれたのは、夏の暑い日も、吹雪の日も、 毎日この長〜い長〜い道を歩いて通ったおかげだと思っています。



一本道のスタート地点がここ。
昔はここに沼(貯水池)があったんです。

理科の授業でフナの解剖をすることになったとき、クラスの数名がフナを釣って学校に持っていくことになったのですが、私もここで釣ったフナを持っていきました。 

ちなみにカエルの解剖をするときは、担任の先生の指示で、その日の休み時間に、学校の敷地内で捕まえたトノサマガエルを使った覚えがあります。

仁井田では、本当に貴重な体験ができたなと、今更ながらに思います。



一本道の横には、川(用水路)が流れていまして。
あの頃は、このようなコンクリートで囲まれていなかったので、ミズカマキリやタイコウチのような水棲昆虫やドジョウがたくさんいました。

学校帰りや、家に帰った後で、よく捕まえに来たものですが、一度下校途中に足を滑らせて落ち、全身ずぶ濡れで帰宅したことがあります(笑)

私は暖かい時期だったから良かったですが、友達の一人は足先だけですが、真冬に落ちてしまいましたからね…



川の向こうはこんな感じ。
ここでもよく虫取りをしたし、蜂に刺されたこともあります(^_^;))

写真の奥の方に見える山を横目で眺めながら、毎日学校に通っていました。

この辺は田んぼのはずなのですが、時期的にまだ水が張られていないので田んぼに見えませんね。
そこはちょっと残念でした。

住んでいた家の周囲は、田んぼのほとんどが埋め立てられて、住宅や学校が建てられていましたが、この辺は昔農業試験場があったからなのか、まだまだ田や畑、野原が残っていて、あの頃とほぼ変わらない風景が見られたのが嬉しかったです

ちなみに、農業試験場の中には冷水機があったのですが、この近くに住む生徒は皆、夏になると、帰宅途中そこで勝手に水を飲んでいました(笑)

でも試験場の職員さんはそのことを咎めたりはせず、それどころか下校時間になると、冷水機の近くのドアを開放し、私達が自由に出入りできるようにしてくれていたんです。
ありがたかったですね〜

大野グラウンド。
一本道の最後の方にある野球場。

ネットは残されているものの、砂利が敷き詰められていて、すでに野球場としては使われていない感じでした。




一本道のゴール地点にこんな石碑が!

秋田県農業試験場跡地
水稲品種「あきたこまち」誕生の地 

と書かれています。 

ここまでで、通学路の道のりのおよそ半分。
懐かしい風景が見られたので、右にフラフラ左にフラフラしながら写真を取りつつ歩いていたので、なかなか前に進みませんでした(笑)

この先、学校までは住宅地を歩いていきます。

その5(最終回)へ続く 


京王線 聖蹟桜ヶ丘駅より徒歩7分

聖蹟桜ヶ丘の整体院 【Bronco自然整体院】(多摩市)  

【完全無痛の整体ですので、女性の方やお子様でも安心して受けていただけます!】  

tel.042-319-6188

多摩市関戸2-32-5 カネシロビル6F  

施術時間  月〜金 9:00〜13:00  15:00〜19:00
         土   9:00〜13:00 

定休日   日曜・祝日 

初回 6000円  2回目〜 5000円 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

38年ぶりの帰郷 その3

2016-04-28 | 日記

38年ぶりの仁井田を体感した後は、バスで再び駅前へ。
ホテルにチェックインです。

昔住んでいた頃、ホテルハワイというところが盛んにテレビでCMを流していたので、「せっかくだからあそこに泊まってみるか!」などと思っていたのですが、調べてみると数年前に廃業したとのこと。

建物だけはそのまま残っていました。

というわけで、今回選んだのがこちらのホテル。



ドーミーイン秋田。

新幹線のチケットとセットで手頃な値段だった中から選んだのですが、駅から近く、部屋綺麗、備品充実、温泉・露天風呂・サウナあり、夜鳴きそば(ラーメン)の無料サービスあり、と大当たりなホテルでした!

チェックインし、部屋に荷物を置き、夕食のため再度外出。

やわらぎうどん、駅前の札幌ラーメン、ステーションデパートの寿司屋、協働社デパートの食堂…

昔家族と食事した場所は、全て無くなってしまっていましたので、駅近くの居酒屋「唐橋茶屋」へ入ることに。



きりたんぽ。
味噌田楽とチーズ醤油焼き。



しょっつる鍋。
ハタハタとスープは美味しかったのですが、お目当てだったブリコ(ハタハタの卵)が入っていなかったのが大誤算でした

魚卵で一番好きなブリコを、久し振りに食べたかったんですけどね〜

食後はほろ酔い気分で、再び千秋公園へ。
夜桜見物です。

この後、温泉にのんびり浸かり、夜鳴きそばを食べ、秋田での初日が終わりました。

その4へ続く


京王線 聖蹟桜ヶ丘駅より徒歩7分

聖蹟桜ヶ丘の整体院 【Bronco自然整体院】(多摩市)  

【完全無痛の整体ですので、女性の方やお子様でも安心して受けていただけます!】  

tel.042-319-6188

多摩市関戸2-32-5 カネシロビル6F  

施術時間  月〜金 9:00〜13:00  15:00〜19:00
         土   9:00〜13:00 

定休日   日曜・祝日 

初回 6000円  2回目〜 5000円 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

38年ぶりの帰郷 その2

2016-04-27 | 日記

故郷の仁井田を目指して、バスに揺られること15分。

目的地よりだいぶ手前で降りて、懐かしい道を歩くことに。

なんと!
私が秋田に住み始めた頃に、すでにあったレストランがまだやっていました

当時から外観はこんな感じで、失礼ながらとても流行っているようには見えず、と言うより、もう営業していない、閉店した店の跡が残っているだけなのだと思っていたのですが(^_^;))



思い出がいっぱいの店!
あの頃は文房具と駄菓子の店で、しょっちゅうくじを引きに来ていたんです。

私が秋田を離れる少し前ぐらいからプラモデルを扱い始めていたのですが、今はそちらをメインにしている様子。

でも店の中に入ってみると、少しですが駄菓子と文具も置いていて、昔の名残がありました。



夏休みにラジオ体操をした空き地は、遊具が設置されて、立派な公園に様変わり。

ここから目と鼻の先に、当時仲良くしていた友達の家があるので、行ってみるとご両親がいらして…

特にお母さんが喜んでくれて、玄関先で挨拶だけのつもりだったのですが、結局上がらせてもらい小一時間ほど昔話。

途中、本人に連絡を取ってくれて、少しだけ電話で話すこともできました\(^0^)/

そして…



昔住んでいた家の前に、遂に帰ってきました!

写真からもおわかりの通り、すでに人が住んでおらず、入口も封鎖されています。

今回38年ぶりに帰郷することにしたのは、このような廃墟状態になっているのをGoogleのストリートビューで見て、「そう遠くないうちに取り壊しになりそうだな…」「その前に帰っておかないと!」と思ったからなんです。



実は敷地の出入り口は、このように鉄パイプで塞がれていたのですが、管理者らしい人がどこにも見当たらないのをいいことに、パイプの隙間をくぐって敷地内に侵入してやりました(笑)

今では全く野球に興味を示さなくなった私ですが、当時は大好きで、ここでよく友達と野球をしていました。
こちらがナンバーワン球場で…



こっちがナンバーツー球場(笑)



ここの壁にボールをぶつけて守備の練習をよくしました。



フライの守備練習はこちらの壁を使って。



住んでいた棟を、ベランダ側から見たところ。
ここが家庭菜園になっていて、庭いじりが好きな母は色々育てていました。



こちらは隣の棟の裏の空き地。
父と一緒に虫取りをし、生まれて初めてカマキリを見つけ、捕まえたのがここです。

よく遊んだ近くの公園。
遊具があの頃のまま残っていてびっくり

右側に見える砂場の台(?)は、当時は見上げるような高さで、必死によじ登り、初めて飛び降りるときは結構怖かったのですが、「こんなに小さかったんだな〜」と。

いや、もっと正確に言いますと、「あれ!? この台、地面にめり込んじゃったのか?」と最初は思ってしまいました(笑)

左側のすべり台でもよく遊びましたね〜

すべり台の下はトンネルになっていて、何度となく潜ったものです。



公園の筋向かいの空き地は舗装こそされていましたが、未だに建物は建っておらず。
昔は夕方になると、毎日ここに紙芝居屋さんが来ていたんです。

こちらは、1学年下の友達のお母さんが、駄菓子屋をやっていたところ。
ここにもよく、くじを引きに通いましたね〜
ベビースターラーメンの味を覚えた場所です


他にも色々回ったのですが、翌日とかぶるので、写真は後ほどまとめて。

先程友達の家を訪れたとき、別の友達の家がすぐ近くだと教えてもらえたので、今度はそちらにも行ってみました。

ちょうどお母さんがいて、玄関先でしばし立ち話。
「靖生君、よく訪ねてきてくれたね〜」と何度も言ってくれて、ありがたかったですね

その3へ続く

京王線 聖蹟桜ヶ丘駅より徒歩7分

聖蹟桜ヶ丘の整体院 【Bronco自然整体院】(多摩市)  

【完全無痛の整体ですので、女性の方やお子様でも安心して受けていただけます!】  

tel.042-319-6188

多摩市関戸2-32-5 カネシロビル6F  

施術時間  月〜金 9:00〜13:00  15:00〜19:00
         土   9:00〜13:00 

定休日   日曜・祝日 

初回 6000円  2回目〜 5000円 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加