Tomorrow is another day (明日は明日の風が吹く)

  あくまでも個人的主観ですが、思ったこと、感じたことを遠慮なく書きます。

あくまでも聞いた話ですが・・・

2016-08-26 13:00:40 | 機能追加変更について

高畑裕太と言う男の不祥事で、世間を騒がせておりますが、色々話が耳に入ったり、サイトに書き込まれた物を目にしています。


実はこの男のことは全く知りません。でも何処を探してもこの男の実体は「色キチガイ」だそうです。


他にも沢山の芸能人二世・三世がおりますが、真面目な方々で、こんな女性を見れば場所もわきまえず、ナンパする下司は聞いたことがないですよ。


母親の高畑淳子さんは憔悴しきり、テレビ画面でもずっと謝罪を続けています。


でもね、もうこのエロ男は22歳でしょう。

よく判りませんが、何処かの番組に出ていたそうです。然しただ居るだけでまともなことは言わず、同席女性ばかりに目を向け、親の七光りで偉そうな態度をとっていたとか。

確かに高畑淳子さんにも、子育ての間違いがあったかもしれません。


でもね、一応世間に出て、大人としての扱いを受け、仕事をしているのに、母親に責任を問うのは、如何なものかと思い、へそ曲がりな私の受け止め方を書いてみました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

なんじゃ、これだけかい

2016-08-19 11:19:00 | 機能追加変更について

今朝の「じゅん散歩」は地元《沼間》地域なので、期待して観始めました。


先ず駅前にある、時々買い物をする店2軒の紹介のあと、全く知らない地域でしょうか、模型製作が趣味らしい、ハイテク印刷所で時間をかけ話し込んでいるうち、いきなりCMが入ってきたのです。


そのまま長々と続くCMを我慢して観ていると、なんとハイさよ~なら・・・
番組が終わっていました。


田舎町で余り見どころがなかったからですかね。

観たのはアホくさい期待外れの番組でしたよ。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ここはどこ?

2016-08-16 10:51:21 | 機能追加変更について

テレビ朝日の「じゅん散歩」で逗子の町を放映しておりました。


でも出てくる映像で見覚えのある所がないのです。

よく知っているのは駅前バス停広場、市役所、駅への一方通行銀座通り位ですから、地元野菜の直接販売店などは、何処なのかチンプンカンプンですよ。

そう言えば最近大衆寿司店が出来ました。チラシで知っただけで、これまでなかった回転寿司かどうかは判りません。

ここの市民なのに ♪ 知らない町で・・♪ 状態ですよ。


もっとも住んでいるのが1駅先・・・日中1時間に3本しか電車の走らない・・・ですけどね。

こちらは侘しいものです。駅近くにスーパー中小各1軒、コンビニ1軒ですから。


まあ、それでも・・住めば都・・ですかねえ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

71回目の長崎平和記念式典

2016-08-09 14:00:40 | 機能追加変更について

広島に続き別種の原爆投下で、一瞬の間に廃墟に化した長崎市、ここに場違いな軍国主義者としか思えない、何処かの首相が列席しておりました。


この演説を聞いていると、何時もとは全く違う内容でした。


先日の内閣改造で今回新防衛相になった、原爆を持とうと言っている、ウルトラ軍国主義者とは逆に、原爆反対を述べていたのです。


まあ、嘘吐きは政治屋の始まり…でしょうから、ああまたかと思っただけですけどね。


勿論私は午前11時02分の黙とうをテレビ画面と合わせ、平和を願いながら捧げましたよ。


この時間に新防衛相は何をしていたのでしょうね。

恐らくそんなこと知った事かと、全く見向きもしないでいたのかも・・・

 

言い添えますが、敗戦まで小学校を卒業、知らない間に旧制中学校に入学させられ、空襲警報が鳴れば防空壕に避難、警報解除で軍事訓練で駐在する退役将校に、理由もなく殴られる毎日でした。当然ここで学科勉強なんてしたことはありません。恐らく少年兵養成ですかね。

その他状況は、焼夷弾による昼夜を分かたぬB29爆撃機の空襲で逃げまどい、私と同じく田舎がなく疎開(危険地帯から安全地帯に脱出)出来ない学友の何人かは、伝え聞いた話では焼夷弾を肩から串刺しで、或いは爆撃の火災による焼死で犠牲になっております。

また辛かったのは食糧難ですよ。配給は食料屑みたいなものばかり、食べ盛りにはきつかったですね。或る日アブラカレイと言う魚の内臓が配給され、煮て食べた後に皮膚が剥け、随分苦しみました。


長崎平和記念式典を観終わり、戦争中の忌まわしい事が次々と思い出されたのが、上記の様々な事柄です。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

喜びと悲しみ、2つの話が重なりました

2016-08-06 18:36:17 | 機能追加変更について

ブラジルのリオ・デ・ジャネイロのオリンピック開会式と、日本・広島原爆投下日が重なっていました。


TBSテレビでは「終戦71年スペシャル」特番が放映されています。

オバマ大統領の折り鶴と、12歳で被爆しホワイトハウスを動かした少女禎子さんの話です。


初めて知った折り鶴の願いに、自然と涙が流れましたよ。

以前ですがこの折り鶴に火を付けた、ケダモノがいましたが、今も世間に迷惑をかけているかもね。


この少女禎子さんは白血球の値を自分で調べ、病状を把握していたとか。知らんふりをして周りに心配させない爲でしょうか。


心に残る番組でした。  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加