Tomorrow is another day (明日は明日の風が吹く)

  あくまでも個人的主観ですが、思ったこと、感じたことを遠慮なく書きます。

こんな夢を見るなんて危険人物扱いかな

2017-06-16 10:45:37 | 機能追加変更について

夢を見ました。昔の戦国時代か、江戸時代かは判りません。

或る藩では戦好きの藩主と、それに追随する筆頭家老がおります。

その藩主は領内の、庶民の暮らしの苦しいことには目を向けず、悪徳商家とつるみ他の店には扱わせない、特別商品を一手販売させ、儲けを折半している、という噂が広がっております。

他藩からの色々疑念をかわすため、或る取締条例を作り上げたのです。

それは若し藩主に楯突けば、直ちに捕縛するぞ、という恐ろしいものでした。

勿論藩士の中には、これはおかしいと異を唱える人々もおります。

しかし目付・代官などは殿様の飼い犬として、疑問を持つ藩士、一般庶民を拘束します。


それにですね、筆頭家老は正論を述べる藩士を、出鱈目話をでっち上げ庶民を騙せるとでも思ったのか、並べ立て失笑をかっておりますよ。

この藩はこれからも、暴れ食いなど政(まつりごと)に無頓着な、如何しようもない連中は兎も角、藩政に疑問を持つ一般人を如何とも解釈できる、悪法で苦しめるのかな・・・


と思った所で目が覚めました。

若しかしてこんな夢を見るなんて、強行成立させた「共謀罪」該当第1号として、今後お偉い総理・党首を使い分ける、軍国主義・帝国主義への危険人物として監視されるか、何時の間にか再製された「特高」秘密警察に逮捕されかねませんけどね。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ああ、フライパンが・・・ | トップ | おかしなサイトにまいった、... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (tempo1078)
2017-06-17 03:49:10
江戸時代の
殿様ならいざ知らず、

現代の権力者たる為政者は
傲慢ではなく、謙虚でなければ
なりません。

今の安倍政権に欠落したものは
その謙虚さではないでしょうか。
ありがとうございます (tyuusann)
2017-06-17 08:56:18
何処かのビジネス屋あがりの、変な大統領の飼い犬に過ぎない軍国主義、帝国主義信奉者の、戯言(たわごと)でしょう。それにまた葉書1枚で強制徴集され、家族を残し消耗品兵隊とされない保証はありませんからね。そうそう親しいお友達に曲げた基本条件で、学園を(決まった時には直ぐ着工できる不思議)作らせ、若しかすると何か美味しいものでも貰ったのかなあ、なんて邪推しちゃいましたけどね。まあ法衣の下に隠された鎧に気が付かないと、後で悔やむことになるでしょうね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL