Tomorrow is another day (明日は明日の風が吹く)

  あくまでも個人的主観ですが、思ったこと、感じたことを遠慮なく書きます。

薬の消費期限ってあるのかなあ

2016-11-09 21:03:12 | 機能追加変更について

使用中の透明プラスチック製「薬ケース」に、眼科の緑内障眼圧を抑える目薬、内科で高血圧を下げる毎日朝晩2回飲む錠剤、それに夜だけ1回飲む2ミリグラムの錠剤があります。


最近何故か安定せず、血圧測定時「血圧管理手帳」のグラフが、例えば一昨日朝127/89、晩134/80 昨日朝142/87、晩150/78  本日朝136/85、晩139/87  と標準家庭測定血圧の上限135を大幅に超えております。ただ不思議なことに診察室血圧が140/90未満とも記載があるのです。
よくよく「血圧管理手帳」を読むと訳の判らない解説があり、ただただ如何すればいいのか迷うばかりですよ。


なお私のように75歳以上の家庭測定血圧は、145/85未満(目安)忍容性があれば135/85とも書いてあるのです。意味は判りませんけどね。

 

 

閑話休題 実は言いたいことはこれです。

病院で処方して貰った薬品の持続効果というか、消費期限と言うのか、最近飲んでも効かない気がするのです。


夜だけ飲んでいる2ミリグラムの錠剤は、診察予約を2か月ごとに行いますが、必ず数日から1週間早めにしております。
何か急な用事が出来ると、重なって困りますからね。実際に予約日に体調が悪く出掛けられず、病院から電話がかかってきてやむを得ず診療を断り、そのまま再予約してもらったことがあるのです。でも数日分必要錠剤が足りず飲めませんでした。


それを避けようと早めに次回分の予約をし、それで処方薬が少しずつ残って、結構溜まっていました。保存薬品は種類ごとに分けてはありますが、幾ら探しても製造日とか消費期限はありません。


時には「薬ケース」残り薬剤がなくなりそうな時充足しているので、恐らく古い薬品をうっかり補充したかもしれません。引っ越してから約5年、若しかしてそれが経年で薬効なしだったかも・・・

院長先生に訊いたら怒られるか、呆れられるか・・・調べようがないので、あくまでも推察ですけどね。


若しかして薬品が悪い方に変質し、中毒でも起こしたら目も当てられませんよ。


今回の処方された薬品以外は、ちょっと時間がかかっても総て探し出し、安全のため破棄します。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アメリカ次期大統領が決まり... | トップ | こういう有名店がありました »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

機能追加変更について」カテゴリの最新記事