Tomorrow is another day (明日は明日の風が吹く)

  あくまでも個人的主観ですが、思ったこと、感じたことを遠慮なく書きます。

我が家は押しかけ介護士つきで外出です

2016-10-15 09:48:07 | 機能追加変更について

当家は後期高齢者の2人住まいで、10分くらい離れた温泉浴場つきのマンションに親と同居している、未成年の孫のドラ子が、暫く介護施設でアルバイトをして働いておりました。


そうそう高卒後、一時某駅前のスーパーで働いていた時ですが、高齢お客さんの扱い・・・例えばレジで端数の1円が付くと、つい財布の中を探してしまい、後ろに待っていても時間をかけるとかしても、嫌な顔をせず静かに待つとか、買い終わった余り多くない品物でも、必ず詰め込みカウンターまで籠ごと運ぶとか・・・でしょうか、自然に高齢お客さんの多くがドラ子のレジに並ぶみたいです。

尤も普通のレジ係だと、後ろのお客さんに気兼ねして、こういう行動はとらないでしょうね。


成年後介護士資格を取り、フリーで2か所の介護施設を掛け持ちで働いていたものの、最近1施設だけに決め現在試雇期間中です。今のところ夜勤はなく、休日出勤だけらしいなので、その分平日に休めるみたいですけどね。


若し大分離れた行きつけの或る地域に、用事で出掛けようと予定を立てると、行き違いのないように、一応事前に娘にスケジュールを教えます。
するとドラ子の都合がよければ、或いは休みをずらせれば、介護士としてついていってケアするよ、と同行するのです。


これはちょっと美談かな、と思うでしょう。

ところが実際は・・・

数か月前に関節外科手術を受け、補助杖でやっと歩く後期高齢要介護者?老婆についてきて、行きつけのデパート内食事処で、好物のスペシャルランチ(結構高価らしいです)にありつくのが目的なんですよ。ついでにお土産もね。

だけど家に居残った私のランチは、特売日に仕入れたカップ麺とか袋麺でっせ。


まあ、殆ど3人で行くことはありませんけどね。こちらは出不精ですから、遠くまで出かけるのは御免こうむります。

またやむを得ず出かける必要(数駅先の眼科診療とか)があれば、1人で気楽に電車に乗って行きますよ。


そんな訳で、食事処などの支払清算はドラ子がやりますが、経費として家を出る前に最低福沢諭吉1枚を、否応なしに徴収されるのが当たり前になっています。


何か納得できませんが、皆さんどう思いますか。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 何故今になって追記事? | トップ | 回鍋肉を食べられなくなりました »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。