ピアニスラー

ゴールド・フィンガー、ハイパー・ピアニスト矢沢朋子のブログ

次のワン探し

2016年05月29日 | ペット

活動的に暮らしてるようで、やはり何かが足りない日々。

それは犬  

 

オスカルも気持ちは同じようで、まだノエルのハウスの前で寝ていることが多いし。アガタだけは「ノエルが見える」ようで、じっとハウスを見つめている時があります。

 

東京に行く前から:「ノエルに似てる白いコがいたら教えて?」と頼んでいたので、何頭か紹介してもらったり、犬舎を訪ねたりしだしました。

 

オスカルは:ノエルの死によって、「殺されるんじゃなくて、ここで、この人(←ヤザワ)に看取ってもらって死ねるんだ。次はオイラだな」

と安心したようで、ぐっと私の信頼度が上がったのは分かるんですが、次は自分か。という厭世観が出てしまって、それがヤザワ的には気に入らないです

もっとほがらかに生きろよなペットの役目だぞ

 

ということで、ハウスの中を片付けて、ノエルのリードと首輪を出したら:アガタがシッポを振って:「ノエルが帰ってくるのかな? 」と楽しみにしている様子。

やっぱり・全員・犬が恋しいんです

 

ここ1ヶ月は白い花しか飾らなくなってしまいました。喪中というより願掛け。白くてノエル似のモフモフとしたワンコを探してきます 

 

 

次のワン探し

 

ケルビムのアニマルガーデンに行きました。

若いコからどんどん里親が決まっていくので、老犬はここが終の住処になってしまいがち。こんな老犬を捨てるなんて本当にヒドい。ずっと家族として暮らしてきたのに。

ここにはノエルに似たコはいませんでした。

外ネコにゴハンをあげたりしてるのを見ると、「ネコにエサなんてあげないで」と突っかかってくる人が沖縄にもいます。タイプが2つあって:見るからにサイコパスの中年男女か老人。

ナゼ老人は動物に意地悪な人が多いのかというのは全国的な疑問。長生きしても思いやりが身に付くわけじゃないんですね。

 

アニマルガーデンのような施設は本来:税金で運営すべきだと思います。

毎週金曜日の朝1で「動物愛護センター」で保護された犬がガス室で殺されて焼却(←コレも怪しい。レンダリング工場でペットフードにされたり農業用の肉骨粉になってるという説も濃厚)されます。空にになった檻の部屋に、捨てられたり迷子になって捕獲されたワンコが午後入り、1週間そこで過ごして引き取り手がなければ次の金曜日の朝に殺されます。

 

アニマルガーデンに本当に些少、寄付してきました。

 

次に紹介されたワンに会ってきました。

ノエルよりだいぶ大きい、足も太くて躾もあまりされていない8歳の男の子。

どうしようかな〜  とは思ったけど、マルチーズよりはタイプ。

 

私は万が一、自分に何かあった時、自分の飼っているペットの引き取り手がないのは困ると思っているので、美形で芸の出来る気だての良い子を引き取ることにしています。

ウチのネコは全員「お手、お代わり、両手(←チンチンだな)」が出来るんです

そして犬とも暮らせる。なのでウチの犬となるにはそれ相応に知性がないと困る。子犬は論外。

とりあえず、明日から1週間〜10日ほどヤザワが通って、散歩をしてトレーニングをしてみることにしました。散歩もグイグイ引っ張って勝手に歩く犬なので、ちゃんと人間の横に付いて同じテンポで歩けるか、「待て」(←交差点で必須)が出来るか、そういうことを理解する知性があるのか様子を見ます。散歩の最中にネコに対する態度も見ないと。それで見込みがあればトライアルとしてウチの猫組に会わせてみます。

 

固いこと言ってるけど、とても楽しみなんです。犬おやつも用意したし!

 

花瓶の横にノエルのようなワンの置物がいます。

だいぶ昔に佐伯真魚さんにいただいたもの。当時はウエスティを飼っていたので、「ん?ナニこの耳の垂れた犬は?」と思ったものだったけど、ホワイトシュナだったんですね。

 

そして

これもだいぶ昔にいただいたカード。この時も:「なんでネコなのかしら?犬飼ってるのに・・」と思ったけど、可愛いので取っておいたんです。これがチンチラシルバーでした。

 

今回はまだこういう「お知らせ」のようなものは受け取っていないと思うんですが・・

出会いとは不思議なもの。

しかも・なんでそれを周りの友人とかが予告するのか

 

張り合いのある1週間になりそうです  ワ〜イ犬と散歩〜〜  

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

キモいのはそっち

2016年05月25日 | 世の中のこと

ヴェジタリアンメニュー


 普段から「食べたいモノを食べたいだけ食べてる」人には縁がないと思うんですが、何かの機会でヴェジタリアンと食事する機会があれば試してみて下さい。日本では20人に1人もヴェジはいないと思うので貴重な機会だと思います。

 

あまり食事に気を遣わない人は:体型と肌と体臭とテンションの不安定さでヴェジからは:すぐ見分けがつくんですが、逆はまずないです

 

畜産動物に投与される ”抗生物質&ホルモン剤” の怖ろしさ!!ガン、痴呆症、心臓病、脳梗塞

 

ヤザワがヴェジになったのは:ひとえに自分の健康のため。それでも性格までヴェジになるもんなんですよ。アタシさえ健康ならライバルはみーんな病気で死んじゃいな〜とは思わなくなるんです。そもそもライバルという概念も消えたし。

 

ツイッターで炎上ちう

 

屠殺(肉食)に反対し抗議のパフォーマンスをするスペインの活動家

 

それにしても美しいカラダのお姉さん(お嬢さん)たち

この美しいカラダはヴェジのうえ、グルテンフリーで作られるんです。食事方法は:ナチュラル・ハイジーンでしょう。

これだけキレイなら脱ぎたくもなる

 ヤザワも若かったら仰向けで参加してもいいです    

ヴェジでもデブはいるんですよ ポテチとかの遺伝子組み換え食品と小麦食品は肥満の元ですから。それでもセルライトは出来にくいです。

 

このスペインでのパフォーマンスが「グロい」と肉食をする日本の方たちに不評だそう ヴェジからすると精肉コーナーとか焼き肉屋の看板はこんな風に見えるんです。合法だと思ってキモい死体並べたり死肉写真を公道に公開しやがって。これは復讐です (じゃなくて・活動です


フィフィさんがRe:file(リファイル)をリツイートしました

この類の活動家って、とにかく脱ぎたがるし、卑猥だったりグロだったり、無差別に目に飛び込んできて周囲には迷惑だよね。で、お肉はダメで、野菜はOKとか、生命に格差付けてる時点で彼らの理論は破綻してるし、だから賛同が得られ難いんだと思うよ

フィフィさんが追加

 
 
 
間に合ったら見てみてね?

 

2016年5月25日(水)放送 クローズアップ現代 22:00 ~

追跡!ペットビジネスの闇

 
 
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

3rd Wave Coffeeを飲みつつ雑感「まーさん映画祭2016」

2016年05月23日 | グルメ


今話題のサードウェーブ・コーヒーとは?

より画像転載

 エスプレッソや深めのフレンチ・ローストを経て、コーヒーのトレンドは浅炒りで豆本来の香りを楽しむドリップ・コーヒーが主体らしい。


限りなく・紅茶のように気品高く香り豊かなケニア。とかを飲んでます

本来はドリップだとアロマをより感じられるそうだけど、エスプレッソでも飲んでみれば、これはこれで・かなーり美味しい

去年の「まーさん映画祭」でA Film About Coffeeを観て以来、豆はスペシャリティ、でも深め(ロースト)でエスプレッソとかソイ・ラテで飲むのが好きだったのが、今年になってから徐々に豆も浅炒り志向になってきたの。


今年の:「まーさん映画祭」では:「みつばちの大地」が3作の中では群を抜いて素晴らしい作品でした。ドキュメンタリーで最新の映像技術

虫というミクロな世界がここまで撮れる世の中になったのかという驚きの映像美でありました。

水中を高速で泳ぐペンギンの映像を初めて観た時のような新鮮さ。CGではないだけに、本当に驚いて感動しました


ハチの世界でも遺伝子組み換え(改良種)を人間がした結果、病気に弱いハチになってしまったり、農薬問題やら、ハチを通して色んなことが分かってくるソフトなアプローチの環境問題映画。ショッキングでもなく、インテリジェンスと愛のある映画でした。映像技術の進歩も驚いたけど、ハチを改良して「人間を刺さない蜂」を作って家畜化しているというのも初めて知ったし、大画面でハチを観てるうちに、「キレイな生物だな。目もツブラで大きいし。ストライプも虎みたいでカッコいい」と思えてきて。ハチなんて刺されるから怖いしキモいと思ってたのがね。


まぁでも「ハチの逆襲」じゃないけど、人間を襲う改良種も出現したらしい。病気に強くてハチミツをいっぱい作るハチに改良してたら凶暴化したそう。なかなか上手くはいかないよね。人間でもそうじゃん

 

ずっと「働き蜂」はオスだと思ってたんですが、働き蜂は全員メスで、オスはごくごくわずかで、それは働かずに「種付け蜂」として大切に育てられて、役目が終わると死んで、果たさないと殺されるという宿命ということも初めて知ったのでした。蜂の世界はアマゾネスだったんですね〜


中国で毛沢東時代、穀物を食べる害鳥としてスズメを大量殺戮して絶滅させてしまったら・結果・害虫が大量発生してしまい・その駆除に大量に農薬散布をしたら、今度はミツバチが絶滅してしまったため、人間が綿棒とかブラシみたいなもので手作業で花粉を受粉させて果物とかを作っているという・目が点 になるような農場も見ました。ハシゴに上ったりして。確かにこれじゃ食糧危機は目前だ

それにしても仕事がハチの代わりというのは・一体どういう「人」生なんだ

しかもハチよりずっと効率悪いし


と・思うような場面は:「バナナの逆襲」にもありました。

こちらは低予算ながらハリウッドの法廷映画のような臨床感。実際の裁判の映像だからね。今回は1話だけだったけど、続けて2話も観たかったな〜

エンディングの編集がセンス良くて・エンディングだけでも観たいくらい

シリアスな映画だけど最後のエンディングでユーモアが炸裂


ヤザワ的に:目からウロコが落ちるような場面がありました。

「素朴で貧しく、子どもを持つという人生最大の楽しみを奪われ、大家族で暮らすという生活が出来なくなり、独りで暮らさざるを得なくなり、赤ん坊に指をギュッと握られるという喜びを奪われ、人生を狂わされた人たちに対する責任を考えなくてはならない」と弁護士がドール社と陪審員に向かって訴えるシーンがあったんです。

「そうか。子どもを持つというのは、義務とか責任ではなく、楽しみであったのか」ということが初めて分かりました。


犬ネコだって「最後までキチンと責任を持って飼うこと」が出来ないヒトだらけの世の中で、よく子どもとか持つ気になるよなースゴいよなーグレたりバカでも処分するわけにいかないんだよ?しかも食うし!大型犬どこじゃないよ?服も着るし!教育もしなくちゃだし!それが最短で15年で、大学まで出せば22年もかかるんだよ?

と・ずっと思っていたので、「楽しみ」のために子どもを持つ。という視点がまるでなかった。これも親の教育の賜物。観て良かったです大変・勉強になりました。


沖縄では「子どもの貧困問題」というのが時々、地元新聞でも取り上げられて、ナゼ・貧困になると分かっていながら3人も4人も子どもを作るのかというのはずっと疑問ながら、本人にその意図を聞くワケにもいかず、謎として放置してあったんですが、分かったような気がします。東京だと子どもを2人以上持つのは富裕層だし、結婚も子どもを持つことも贅沢な感覚があるから、これまで理解できなかったんです。


寝てると・アガタが枕元に来て、私の顔にそーっと手を置いて、喉を鳴らすんです

その肉球の臭いをちょっと嗅いだり(足の裏の臭いなんだけど)するのは嬉しい

私の掌の上にアガタが自分の手を乗せて、軽く丸めて握ったりもするんですよ

「このコ、握手してる?」と思って顔を見ると、目を細めて喉を鳴らすの

激カワ と思うことを人間の赤ん坊もしてたわけですね。育っちゃうと生意気だったり憎たらしくなったりするからね

赤ん坊は魔性なのか。それで「もう1人くらいなんとかなるさー」と思うのかな?東京だと住環境がすでにムリなので諦めるけど。


ありあまるごちそう

も、自分的にひっかかるところがあった。

工業生産品として誕生させられる鶏のヒナが、初めて作業員を見た時に:「ママ 」という顔をしたのを見逃さなかったです。鳥なので初めて見る動くものを親だと思う習性。オスは分別されてシュレッダーにかけられて殺されるというのにね

産まれてすぐ殺される運命。それでも生かされて身動き出来ずに卵を産まされたり肉にするために生かされるよりはマシなのか。。


ヴェジタリアンになって丸3年経ちましたが、「食べ物で性格と運命は作られる」を実感しています。ヴェジタリアンは環境問題や人権問題に取り組む人が多いし、そもそもそのためにヴェジになったという人が欧米ではほとんど。自分の健康のためにヴェジになったヤザワですら、環境問題と人権問題に敏感になりました。徐々に性格も変わっていくんです。受験勉強や仕事で歪んだ性格が、本来の気質であるべき明るく建設的な性格に修正されていくの。嫉妬心がほぼ消滅し、生きるのがラクになりました。全身ブランドで固めた人がいても盗み見たり妬ましく思わない(笑)。ステキねと似合ってれば素直に褒められる。ここ1年ほどでアルコールも減ってきたし、コーヒーも浅入りに変わって、しかも飲まない日もあったり。正しい方向に向かってる気がする。

目に入ってくる情報も、肉を食べている時では見過ごすようなことが多い。

他の命を潰して生きているうちは分からない。最大の興味は:自分が潰されないことだから。環境どこじゃないし少しでも他人(身の回りの知人)より抜きん出たいし、オレ・アタシ話を聞かせる・ちょっとバカにしてる友人が数名いれば満足。自分よりデキるとバカにされてるような被害妄想的な感覚になりがち。肉を食べるとドーパミンが出るから、そのアップダウンで精神が不安定になるんです。


少しづつでも動物性(肉、魚介類、乳製品、卵)の摂取を避け、植物性タンパク質の摂り方を調べたりヴェジ料理にシフトしていくと、120歳まで生きたいと思えるようになります。東京の友達で120歳まで生きたいと思ってる人が1人もいないのではないかと心配なんです。沖縄ではヤザワもヴェジの知人のほとんどが120歳まで生きるつもりだから。こうなると貧困問題というのも杞憂。だいたい年金が近い将来に破綻しなくても、120歳まで支給することは想定していないはずだし、それでも不安でもなく単純に「長生きしたい楽しいから」と思ってる。


ニューヨークの公立学校、全給食をヴェジタリアンに

2013年の記事だから、今はもっと増えてると思う。


肉食を離脱して「完全菜食国家」になることを国策としてスウェーデン政府の「昆虫食計画」


以下、目についたツイート。こういうのが目に入るの


5月18日

ブータンは、世界初の完全オーガニック農業国を目指すらしい。


5月9日

今、NHK見てるんだけど、日本のいちごが残留農薬が強すぎて台湾に出荷できないて。。なんだそれ。農薬使用量が台湾の基準の200倍だって。。あと、みかんは同じ理由でEUに輸出できないから、日本販売用とEU販売用で農薬の量変えてるって。。日本の果物って、残留農薬まみれなのかよ。。

 

5月7日

収穫してから1か月半の大根です。きれいでしょ(^-^) 包丁を入れると水分蒸発による空隙があります。さすがに大根おろしはムリですが煮物なら問題ありません。無肥料・無農薬の野菜は、腐らずにゆっくりと枯れていくので、日持ちがいいですね。

5月2日

台湾政府は、給食での 食品の使用禁止を決定。 成長まっさかりの子ども達が口にする食材の安全を優先するのは、国として当たり前の姿勢ですね!注目→ 


Comment
この記事をはてなブックマークに追加

『ありあまるごちそう』『みつばちの大地』予告編

2016年05月21日 | 世の中のこと

『まーさん映画祭2016』で上映する映画の予告編。

 

観てたら全部観たくなってきた〜

 

映画『フード・インク』『ありあまるごちそう』予告編

 

 

みつばちが絶滅したら4年後には人類も絶滅するそうな・・

 

「みつばちの大地」予告編

 

 

バナナは2話あって、今回は1話のよう。2話は来年なのかな?

でも楽しみ てゆーかハラハラ〜〜 

 

ドキュメンタリー映画『バナナの逆襲』 劇場予告編

 

 

事実は小説より奇なり。ハリウッド・ムービーより怖いんです

社会意識が高いんだか、ホラーとして観てるのか、自分でもよく分からないんですが・・

 

足が自然に向かうんです 

 

DVDにもなっているので、「モンサントの不自然な食べもの」「ブルー・ゴールド 狙われた水の真実」などもお勧めです

 

起きたら行ってきます。まずはバナナからです

 

Comment (1)
この記事をはてなブックマークに追加

バナナの逆襲(まーさん映画祭2016)

2016年05月20日 | 世の中のこと

 

毎年この時期に開催される「まーさん映画祭」去年ブルーゴールド 狙われた水の真実を観て・ショックで・クラクラしてからもう1年経ったのか〜 早いな〜

 

「水」問題は、 熊森協会 


の会員になったことで、微力ながらも関わっていきたいと思ってます。熊森協会の取り組む「リニア新幹線」問題も、熊本地震から震源が北上しているライン。

断層がズレて震源が上がってきているのにリニアどこじゃないです


私は:「へ〜世の中大変だねぇ〜 」と日和見主義的なことが出来ない・けっこーアツい性格なので、出来る事で関わっていくというスタンス。


大豆を収穫に行かなくちゃ、とか夏野菜を植えなくちゃ、と身の回りのことで頭がいっぱいだったら、なんとバナナが絶滅寸前  話を聞いて、驚いて検索してみればアジア地域では大変なことになっているというのを本日知ったのでした。


これはもう「バナナの逆襲」を観るしかない

それと「みつばちの大地」。もう1本は検討ちう。3回券を買ったので、もう1本は「遺伝子組み換え」にするか「キングコーン」にするか・・

A Film About Coffeは去年観たんです。これはショッキングな映画じゃなくてピースフルな作品でした。この映画を観てから、コーヒー豆はプレンドとかじゃなくてスペシャリティ・コーヒーしか買わなくなりました。待ち時間がある外出時にはポットに入れて持ち歩くの。スタバには入りません。贅沢な豆だけど公園でのんびり飲んだりするから健康的だし節約にもなりました。2回スタバとかタリーズで飲めば(沖縄なら)3日分の自炊の食費になっちゃうからね。


遺伝子組み換え問題を毎回取り上げている映画祭。「モンサントの不自然なたべもの」を観た時は衝撃のあまり熱が出ました。

バナナの絶滅問題も、この遺伝子組み換えと農薬による土壌汚染に決まってる と分かりつつ確認のために観てきますバナナ植えてるんで

ヤザワのバナナは三尺バナナという種類で、多分・原種だとは思うけど確認しなくちゃ。


沖縄では家の庭とか花壇にこんな感じでフツーにバナナがあるんです。

こんな狭いスペースでも

たわわ!いいな〜


ヤザワの畑でも、誰かが植えていったバナナに実がつきました

GWとかで盗まれるとヤだ!と思って早めに摘みました。

先週

京に行く前に何本か食べて行きました。クリ〜ミ〜で甘くて美味し〜い

帰って来たら完熟してました

うほほ〜い

牛の糞とかを肥料であげてないので原種でも小ぶりですが、その分、土壌のミネラルを吸収していて栄養はずっとあるはず。家畜の糞には成長ホルモンやら抗生物質が残留してるから、バナナでも丸々と太ってはちきれそうになるんですよ。そういうバナナの方が見た目は甘くて美味しそうに見えるかもしれないけど、このバナナのほうがずっと味が濃いんです。


ンコを撒くと害虫が来るので農薬を撒く。の循環で:丸々としたバナナを作ってるわけです。野菜もそう。

すると土壌が汚染されて作物が育たないので化学肥料も使う

という更なる悪循環にハマりこんでいきます。農薬も麻薬のように使う量が増えていきます。本当は肥料なんか要らないんだよね。ヤザワもそれで失敗したことがあります。


よく野菜を買いに行く自然栽培の「モリンガファーム」で、以前・若い農家の夫婦が相談してるのを買い物しながら聞き耳ずきんをしてみれば:

「まずは家族の食べる分だけでも無農薬で作りなさい!他人の分(商品)はいいから!そうしないと今度は頭が2つある子どもが生まれるよ?」とアドバイスしてるのを聞いてしまいました


「家庭」という言葉が:「家」と「庭」が半々あるということは、本来は自分の庭で少しは菜園をするべきなのだと思います。

全てを農家に任せるから、大量生産の農薬まみれの野菜を作らせることになる。

家庭でも作って、足りない分を農家から買う、というのが理想なんじゃないかな。

全然・足りてないんですけどね


「ありあまるごちそう」なんて砂上の楼閣ということが分かりますよ。。

観てみようかなー


Comment
この記事をはてなブックマークに追加

2016 May 帰郷

2016年05月18日 | 日常

爽やかな新緑の東京に2泊3日滞在して、梅雨入りした那覇に戻ってきました。

 

サイン&写真撮影会では「写す角度指定」で乗り切りました

東京に行く2日前に左目がけっこう広範囲な結膜下出血になり、右側限定でピースで気を散らすポーズでなんとかしたという。

これで2回目。原因は不明だそうで眼科に行く必要もないそうだけど、瞼を押さえるとちょっと痛いし、すごい鮮血だし、なった瞬間は;ピキッと毛細血管が切れた感覚がありました。やっぱり石川先生に診てもらおうかなー・・

血圧も117とかで、高血圧でもないし何なのかしら

 

2016 May 帰郷

 

2011年のAbsolute-MIX沖縄公演以来、中ザワヒデキさんにお会いしたり、橋本翔太さんも久しぶり。同窓生も来てくれて嬉しかったです。

もう東京で仕事をしていないので、ヤザワのコンサートに「出席」してナンボという利害関係はないので、同窓生が来てくれたのは嬉しかった。

 

打ち上げにも来てくれて、ノエルの納骨にも付き合ってくれて、「ここ(慈恵院)にアタシもノエル達と一緒に入るから、もしアタシが先に死んだらお参りに来てね?」と言ったらヤ〜な顔をして、ノエルと一緒に写ってる写真は仏壇に入れない方がいい、ノエル1人だけの写真にした方がいい、と言ってくれたのでした。ありがとう。嬉しかったよ

今は亡き山本お父さんとノエル

 

特殊な学校(桐朋学園)なので、堀越学園みたいに同窓生は非・一般人。アカデミックな世界でもあるので教職につく卒業生が多いけど、芸能界と水商売臭も漂うという特殊な環境。友人間での仕事のやり取りが多いからカネの絡まない関係が成立しにくいんです。世間ではフツー「仕事関係」というところ。

 

腕を壊した時に、だいぶ「友人」が去っていきました。仕事も出来ないだろうから用はないし、カネに困って借金なんか頼まれたら迷惑だと思ったんでしょうね。

復活しましたけど

見舞いもないヤツに限って・自分の親が死んだ、とか知らせてくるんだよね。当然・祝電を打ちました (ウソ。シカトしただけ)

 

女優の森光子さんや川島なお美さんのように、亡くなる直前まで現役でないと、「友人」がいないという世界。そうかと言って、カタギとは環境が違い過ぎて友人になるのが難しい。この世界の常識は世間の非常識だから。

 

ライブ後の打ち上げで、気心の知れた懐かしい面々と喋ってるうちに、東京にまだ住んでるような感じがしました。お互い(笑:ヤザワ)の気質も知り尽くしている長い付き合いだし、歳を取っても本質は変わらないけど歳を重ねて丸くもなり、地雷は踏まないけど無駄な気も遣わなくていいという心地良さ。

同業者仲間なので、フツーの友人関係から見たらかなり気を遣ってる集まりに見えるかもしれないけど、神経質な人間(アーティスト)の集まりなので、これくらい気を遣わないと成立しないということか。

 

沖縄に来て、初めて同業者でなく東京出身以外の人と交友関係が出来て、楽しいけど、警戒したり用心しなくてはならないから、これはこれで難しい。プライヴェートなことにまで臆面もなく踏み込んでくる人がいるのも田舎ならでは。

「この人ピアニストだって!笑わせるね!カネ持ってるんだよ!ここに電子ピアノあるから、ちょっと弾いてみてよ?」と目の前で言われたことも多々 

 

ふとした瞬間に、「あ、これ持つの手伝って?」と重い物を運ぶのを手伝わされそうになったり、ヘタすると皿洗いをするハメにもなりかねない。「ピアニストだから」と言っても分からないし。それで怒ったことが何回かあるんです。ふちが欠けてる皿を洗って指を切ってしまったら仕事に障るというのが分からないんですね。自分の家では欠けてしまった食器は捨てます。

こういう当たり前のことが「気取っちゃってさ〜(ワガママ)」というようにしか思われないからね。経済面に直結するということを想像しないんです。ひょっとすると:「気取ってる女が困窮したら面白い」という悪意なのかもしれないけど。その(悪意アリ)場合でも訴訟されるということまで頭が回ってないんだよね。

 

東京ではこういうことがあり得ないのは同業者しか交際関係がないから。転んだりしたら周りにいる人は蒼白ですよ。「私は足引っ掛けたり押してないわよ」って。誰かに頼まれたと思われても大変だしね。

 

爪切りで深爪をしてしまっただけでも(弾くから)鍵盤が血まみれになって思うように弾けなくなってしまうし、重い物を持つと関節が固くなってしまうので指の動きが鈍くなってしまう。「握る」動作は最悪で、だからテニスとかスポーツもなかなか出来ない。突き指は致命傷だし、「お料理好き」となれば、そんな危ないピアニストには仕事を頼みたくないと思うのがフツー。これを分かれとパンピーに言う方がまぁムリですよね。。。


 

沖縄ではのんびり暮らしているとはいえ、1度、実はザックリ爪をスライサーで削いでしまったことがあるんです。当然・3ヶ月ほど引きました。あの時は参ったわー

 

 

東京は単身世帯のほうが多い土地だし、結婚していても子どもはいない、という山口智子風(笑)の夫婦も多く、お金さえあれば老後も特に淋しくない所であると改めて思いました。お金さえあればね

とは言っても、教養がない人には厳しい土地柄。自分の家族の話や身の上話をダラダラとするような人は、1人でパチンコとかするしかない。それもカネがあればだけどさ

 

「沖縄ってどんな感じの所?」と佐伯真魚さんに聞かれました。

 

「子どもが多くて、どこにでもいるの。居酒屋にもいるのよ」と言いました。

昼間も友達同士で遊んでるみたいで塾にも行ってない様子。

塾の看板も見た事ないし、見るのは空手道場と琉球舞踊教室とピアノ教室。

単身世帯はヤザワの近所では:ヤザワとヤモメの80歳くらい爺さんと熟年離婚ぽい60歳くらいのおじさんの3人だけ。おじさんはそれでも盆暮れとかには巣立っていった子どもが孫を連れて訪ねてきてるかな。

(今回も東京で「子ども」はほぼ見ませんでした)

沖縄では美容院のごとく病院があちこちにあるんです。いや、病院の方が多い。

みんないつ雨に濡れてもいいカッコ。休日はほぼビーサンよ。

 そしてSPAMというアメリカ人も食べない缶詰を食べるの。それで病院が多いのか(笑)

 

「ふ〜ん・・・(よく分からないなー)」 (←真魚)

 

今回、那覇→成田が往復で14980円でした。+成田エキスプレスが3190×2。

 

自分の目で沖縄を見るのだ  

 

待ってるわよ〜

 

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

矢沢女史のミニ(スカート)ライブ

2016年05月11日 | 現代音楽

タワレコの冊子、intoxicateに掲載された記事がweb版のMikikiにもアップされました

実に幅広い作風をカヴァーする矢沢女史の実力に脱帽だ の記事

 

 

 

 

こちらはThe Japan Times 

 

 

 

さあご一緒に「(植物性)チーズ 

 

ミニスカは検討ちうです

 

*************

 

とてーも不安です。「女子」じゃなくて「女史」と写真を撮りたいファンの方がおられるのか。。

 

よっこいしょ!こと横井女史に次いでヤザワも「女史」入り。

 

「このCDのライナーノートは本誌の副編集長、横井女史の手になる作品」ってjazztokyoのレビューに書かれてた時は:「ハハハ・・副編集長&女史か 」とヒトゴトで笑ってたんですけどネー

 

「女史」ってマダムってことかなと思って検索してみたら・・

 

「教養などがあり社会的に尊敬される女性」

だそう

でもベストアンサーには:

女性であることを明示する必要がないときに女性であることがわかるような書き方をするのはよくありません。

「女史」という言葉を使うと、わざわざ女性であるということをとりあげて言われているように感じ、不快に思う人もいます(「男史」という言葉はありませんから…)。男女の別がわかるような敬称はなるべく使わない方が好ましいし、女性特有の敬称というのは現代の公的な文書ではなるべく避けられる傾向にあります。

「女史」というのは、頻繁に使われていた頃でもかなり年配で実力のある女性に使うのが普通だったと思います。専門技術があるだけの若い女性に使うのにはどのみちふさわしくないと思いますよ。」

 

でした。歴史の「史」だもんね。

 

              

「これからアタイ達が集う時は:『女史会』なんだね」「ウン。そうだね

「他にも誤字見つけちゃった。「矢沢女子」だったらカワイかったのになー」

「・・・・・・・・・」

 

マザーテレサと写真を撮りたがる人だっている(た)んだし

と現在・自分を鼓舞しております

 

そうそう。スマホの方は:プリクラ・アプリ:Beauty PlusとかiPhoneならCamera360があると楽しいはず

See you on Sunday @ Tower Record Shibuya

 

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

jazztokyo のレビュー

2016年05月07日 | 現代音楽

サイトを引っ越しちうだそうで、過去データは追々引っ越してくるそうな中

 

#1300 『矢沢朋子 / Absolute-MIX』

興味深く読ませていただきました

着眼点が面白〜い

ノーノの「20セント下がった頂点」は私もこだわっていたので分かってくれて嬉しいです

こういう工夫はFlash Pointのサーリアホの『秘密の花園』でもしてるんですが、なかなか気がついてくれないし自分で言うのも書くのも忘れてました。

A Rainbow in the Mirrorのシンセがお気に召さなかったようだけど、レコ芸での佐野氏は逆に気に入ってくれていたりと、色々バラエティに富んだレビューが読めて楽しいです

この曲をシンセで録音したワケは:

ヤザワ的にこの曲はピアノ曲ではなく、やはり作曲者所有の、作曲者が使ったシンセのための曲だと思ったから。

音域がピアノでピアノの音色で作っていても、やっぱりピアノで作った曲じゃないのでシンセのほうがしっくりきたんです。佐野氏はそのへんが見えたんでしょうね。こういう音型でピアノで弾くとどんな感じになるのかというのが。やっぱり沢山ミニマルも含めて現代音楽を聞いてるから。


Kid Aの「グルーブ感が足りない」と感じたのも、この曲はマルチトラックなのでクリックで録ったから。

まず最初に:ガイドとなる全体を両手で弾ける範囲でクリックで録音するの。

そのガイドを聞きながらクリックと一緒に次に重ねる:Track1のTake1を録ります。

次に;Track2のTake1を録ります。

以下、Track3,Track4,Track5,Track6を録ります。

ここで最初に録ったガイドを消します。

録音を聞いて:

Track1のTake2を録るんなら、他のトラックとクリックを聞きながら弾きます。

以下、他のトラックも同じようにTake2とか3を弾きます。

Take1だけでも4分の曲で最初のガイド込みで7回弾いてるから30分ほどかかるんです。

台南でエンジニアが疲れ切って目が泳いでました。こういうマルチトラックはエンジニア殺しなんです。弾いてたヤザワはもう慣れているので黙々とやってましたが。「このヒト(←ヤザワ)化け物だ・・」という顔されてましたね。

初めてマルチトラックで録音したFlash Pointの7Aneisの時はヤザワもボロボロだったけど。

あれから10年経ってダテにトシは喰ってないということさ

あの時(7Aneis)は、録ったガイドに合わせてクリックを後から作るという神業のようなことをエンジニアがしてくれたんでした。それでグルーブ感がキープされてるのよね。高山さん元気かしら。懐かしいわー

Kid Aはもともとポップスなので、そんな危険(後からクリックを作って他のパートを録音)なことはしませんでした。メトロノーム的に進んでいっても音楽的に破綻しないし元々そういう曲だし。

だからねライブで腕2本の演奏で聞くと、すごーく「グルーブ感」が出るの。CDとは別物。CDでは多重録音でしか実現できない多層的な音響を人工的に作ってみたかった。ライブ録音とは違う世界を作ったんです。


***************


嬉しいなぁまるでインタビューでもされてるように話したくなっちゃう


jazztokyoの録音評

こちらも。報われた感じ

弾くだけじゃなくて、ミックスもつきっきりで音量から何から偏執狂のように作り上げているので、「クラシックの現代音楽のピアノアルバム」という扱いは不当に思う。でもジャンルがそれしかないからしょうがない。でいつも溜飲を下げてたから。いや。下がってなかった(笑)

jazztokyoの編集長は:元トリオレコードのプロデューサーだったんですよ。

それで「誰に(レビューを)振ったらいいか」というのがピンとくるんでしょうね。

かつてはやはり苦労したはずだ。「誰も分かってくれない・・」という苦労。てゆーかもう・悲劇だよね。


   

相変わらず1人で祝杯ちう

これで全部かな〜?



Comment
この記事をはてなブックマークに追加

Spotlight

2016年05月05日 | 世の中のこと

GWは天気は良いんですが、PM2.5が警戒レベルに達しているので、海にも行かず窓を閉め切って除湿しつつマジックボール(もどき)にEM菌やらアロマオイルを入れて回しつつ読書したり仕事したりしてます。いたって日常〜

 

しかしこのまませっかくのGWが終わっちゃうのもな〜

ということで台湾からの観光客と本土からの観光客でこの時期予約も取れない『浮き島ガーデン』で・豪華グルテンフリー・ディナーを食べたり(笑:ねじこんでもらった)映画を観ることに。

 

観たのはカトリック教会の神父による児童虐待スクープ記事"Spotlight"ドキュメンタリー。当然・桜坂劇場。けっこーな人気でしたよ。爽やかな季節にダークな映画。いいねぇ〜

 

映画『スポットライト 世紀のスクープ』予告篇

 

「日本でも西欧でも、どこの古い大寺院や大教会(修道院)でも、歴史学者たちの調査研究として、地面を掘り返して調査したら、特殊に秘密に囲われていた女たちの生活の痕跡や、堕胎された赤子の骨とかが大量に見つかる。近年の歴史学の成果だ。しかし学者たちは大声ではこの真実を言わない。歴史的なすべての国の巨大宗教寺院(すべての宗派)に巨大なヒポクリシー(偽善)が存在する」

隠されたヨーロッパの血の歴史 副島隆彦著 より抜粋

だいぶ前に買って寝かせておいた・・というか忘れてて、本棚の整理をしたら見つけたので読みました。読み終わってAmazonで売っちゃおーと思ったら200円台になってました。確か新刊時に買ったはず。さっさと読んでさっさと売るんでした

本自体は:2週間で書き上げただけあって、荒削りで推敲されてないんですが、分かりやすいです。どうしてこの本を寝かせてたり読後に売ろうとしたのかは:同じ頃にデヴィッド・アイクにハマりだして、内容がデヴィッド・アイクを読めばほぼ分かるのと、美術とか音楽のルネサンス系の本は幾つも持ってるからでした。せっかくほぼ新品状態なのに200円台じゃブックオフに持って行っても変わらん。。

 

Spotlightは神父による性的虐待を取り上げていますが、実際には殺されているようです。映画で:「彼らはラッキーだ。生きてるんだから」と被害者たちのことを何回か言ってましたが、死んでしまった子どもたちのことは凄惨すぎて映画化出来ないんでしょうね。なんたって教会からザクザク骨が出てくるそうなのでね

続・子供遺骨発見:3ヶ国のカトリック教会集団墓地に30万人以上/バチカン、英王室らは調査拒否

 

職業上か、たまたまなのか、日本人でも知り合いにカトリック信者は多いです。もともと教会が発祥の音楽ですしね。虐待された気配も・そんなことを勘ぐったこともありませんでしたが、心に傷がないといいですね。教え自体は:「隣人を愛せよ」とか。別に悪くないので。

中学〜高校2年まで、代々木のレデンプトール修道院の隣の隣に住んでました。

高〜い塀で囲まれた鬱蒼としたような院鬱な雰囲気で、当時・思春期だったこともあり:「この中では神父さまとシスターたちがSMを繰り広げているに違いない」と悩ましい妄想に浸っていたのを思い出しました。案外・当たってたんですね(笑)。

 

イギリスの人喰い爬虫類人達のリストがネットに

 爬虫類人(レプティリアン)こそ『神』。

教会、神社仏閣は、昔からイヤ〜な気分になる場所だったんです。殺気を感じるというか。私は勘が鋭いんですよ。

 

まわりにカトリック信者がけっこーいたにも関わらず、私自身は勧誘されることもなく、教会には縁遠かったです。S学会とか他のカルト系は訪問してくるのでね。

最近まで宗教には全然・興味がなかったんですが、デヴィッド・アイクを読んで以来、「神は存在する」と確信するに至りました。

 

ただ、その「神」は巷で信じられているような優しい神様ではなく、「子を喰らうゼウス」のような存在。神は人肉食なんです。マヤ文明の頃から。

 

今年の誕生日は

去年書いたブログ。とってもタイムリーなので貼っておきますネ。

 

神が人間を創ったのは確かなのでしょう。

なんといっても:全ての生物の中で人類だけが・ある日突然に猿から人間になったそうで、進化の過程の化石とか骨がないそう。

チンパンジーと人間の遺伝子は99%同じだそう。未来からタイムマシンで来た神がチンパンジーを遺伝子操作して人類を創ったのでしょう。それなら「処女懐胎」も納得。神が食べやすいように体毛を薄くして、神が住みやすいように地球をしつらえるべく知能を上げた。神の食糧であり奴隷なので、食べられて搾取されて当然なのでしょう。「貧しき者は幸いである」

 

動物実験の為だけに生かされてきたチンパンジーたちが30年ぶりに外の景色を見る瞬間

 

 

Laboratory chimps caged for 30 years are finally released to a sanctuary

 

 1:27あたりで外に出たチンパンジーが嬉しくてハグする場面は自分のルーツを見てるようです。仲間と抱き合うんだよなぁ〜。人間みたい。てゆーか人間がチンパンジーなんだよね。

「野生の王国」系のドキュメンタリーで、チンパンジーとか猿が大型ネコ科肉食獣に補食されているのを見ると、牛やシマウマなんかが補食されるよりずっと気分が悪いです。「コラッ 猿なんか食べるんじゃないっ 牛とか馬を襲え」と思ってしまう。やっぱり牛とかよりずっと同胞なんです。

ワタシの血の中には確かにチンパンジーが生きている

と思って、チンパンジー食(果物、ローフード中心)にすると体調もすごくいい。昆虫とか動物性は一切、食べません。改良種なのでネ

 

私は地球上で1番美しい生物は:ネコ科と鳥類だと思うんですが、両方とも肉食だから獰猛なんですよね。小型に限ります。犬も種類によってはネコと匹敵する。ノエルとか

本日もゴキが1匹、しとめられていました

アガタを描いてます。シャガールと黒魔術についても。

見てなかったら見てみてね    迷走画

 

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

レビューあれこれ

2016年04月27日 | 現代音楽

             レコ芸。「特選盤」いただきました。写メしていただきました

 

懐かしい業界。このとても「深くて狭い世界」の感覚。

東京に戻ったら・また聞きにきてくれそうなwelcomeback感覚に・懐かしくてしんみりとしました。お二人もCDを聞いて昔のヤザワを思い出してたんでしょうね。歳を取っても本質は変わらないから。

クラシックのピアニストが新曲の新譜の発売と同時にコンサートをするというポップス歌手のようなことはしないです。何十年もかけて弾き込んだレパートリーを録音するものなので、いくら「現代音楽」とはいえ、これは「東京へ帰ってこい」エールなんでしょね。

ありがとう。嬉しいけど悲しい

まあもうすぐちょっと帰りますけど

録音評は:今回も:まるでとんちんかんで:そこがまた懐かしい。こういう「ステレオ録音を高額なスピーカーで聞くクラシック・ヲタ」に支えられている世界なんです。サラウンドとかマルチチャンネルとか「???」なので、録音に圧迫されているのか曲に圧迫されているのか(笑)、両方なのか、よく分からないけど仕事なのでなんか書かなくちゃ。なんですね。ご苦労さまでした。いんですよ、これで。批評はアマチュアがするもので広告はプロがするものだから。レコ芸は格式高い雑誌ですけどね。この録音評で特選盤ということは、録音評はそもそも不要なんですね。とはいえサンレコがクラシックを取り上げるということも・ほぼないし、その意味もないので(ステレオひと筋ミックスもナシ)、「存在することに意義がある」のでしょう。格式高い雑誌なのでどうしても「センセイ」クラスの現場音痴が書くのでこういうことになる。サンレコなら掲載してくれなかったかも。よかったネ

 

まースゴい字数だこと。我ながら。倍返しってヤツかしら?

 

CDジャーナル

 素晴らしい   プロの仕事って感じ

これだけ短い文章なのにアルバムの全体像が見える(と思うのはひいき目もあるか

 

レコ芸の評は「現代音楽」の枠なので、評者はコンサートもCDも現代音楽を沢山聞く「その筋」なので(笑)、長年コンサートで私の演奏をよく聞いてくれていたんです。それでちょっと内輪っぽい書き方なんだと思います。

確かに色々弾いてきましたが、それでも私が出演したコンサートで「私が選曲したプログラム」というのはほとんどありませんでした。

アルゲリッチだって毎年日本に来て何回も弾いてるわけではないので、ヤザワごときが何回も舞台の仕事があるというのは、ほとんどが新曲初演で、作曲家が曲を書いたので頼まれて演奏するというものでした。いわばタイプライター的な仕事。

 

10年ほどは:「いったいどんな恨みを世の中に抱いて、こんなヒドい騒音(新曲)を人々に聞かせようとしているのか」と思っても・黙って・黙々と練習して・少しでも聴衆が苦しまないように、「こんなヒドい曲をここまで素晴らしく弾いてくれるなら是非・彼女(ヤザワ)に頼みたい」と仕事が増えるように頑張りました。

こうして駄曲演奏の依頼が増えました。

「私は自分主宰のコンサートではこんなヒドい曲は選ばない」にも関わらず、主催者から泣かれれば(脅されて:笑)・チケットも沢山売って・本来なら私主宰のコンサートにだけ来ていれば現代音楽のファンになっていたであろう人々を現代音楽嫌いにもさせてきました。

 

こうした「全人格労働」と、その合間を縫って「私が本当に良いと思う曲」で定期的に開いていたリサイタル(マルチメディアを含む)の『暗闇に差す・ひと筋の光』(←と本気で思って業界を改革しようとしていた)活動の成果に対して賞をいただきました(と思っている:笑)。 

デビューしてちょうど10年目。権威ある賞でしたが、自分のレパートリーを構築してCDを作るような時間もなく、CDを出していないピアニストの初の受賞だったのではないでしょうか。当時、最年少での受賞だったと思いますが、よく業界に貢献したということだったのでしょう。

 

ここで一区切りをつけて私は東京を離れてNYに移り住みました。

最初の10年は業界での立場を作るため。次の10年で自分の世界を作ることにしたんです。

「もう若手ではなく中堅なので、何の曲でも受けるというような仕事の仕方はしない」というスタンスになり:コンサートの仕事をいただく時でも:主催者に「楽譜を見て(出演するか決めて)下さい」と言われるようにもなり、プログラムも自分で選曲がかなり出来るようになりました。ようやくCDも作り出したんですよ。

 

今は誰に脅されても(笑:今年になって1回ほど勘違い打診があった。新曲5曲を5万で弾いてだって! ここはインドネシアなのか?台湾だってそんなこたー言わねーぞ!勘違いというよりブラックだよな!流行ってるからな!ブラック!気をつけないと!!)「もうトシなのでムリが効かないんですぅ」で通るトシになりました

 

実際・腕も故障してきたのでムリは出来ないんです。大事に使わないとね。駄曲なんか弾いてる場合じゃないんですよ。それに人間らしい暮らしをしないと、いい音楽にもならない。趣味や考える時間がないとクリエイティヴなことは出来ないんです。もうタイプライター・ピアニストは卒業してるんだから。

 

こういう暮らしが出来てる今が人生で1番充実していると思える。

分かち合える人は近くに誰もいないんですけどね。友達はみんな東京

この孤独感も創作には良いのかもしれないですね。気分はゴーギャンですよ

ゴーギャンと違って連休明けには帰省しますけど。帰省というより出張か。

 

東京にいた時は活躍してるように見えただろうけど不幸でした。

たまたま今日、この2つの記事が目について。

カーラ・デルヴィーニュ「モデル引退」の真実を語る〜「大事なのは他人ではなく自分がどう思うか」

仕事で私が壊れる 人生を搾取する「全人格労働」

子どもを欲しいと思ったこともないし、連れている人を見ても羨ましいとも可愛いとも思わない(笑)し、結婚もしたくないけど、同じバックグラウンドを共有している友人とが欲しい ノエルいなくて淋しくて

 

ここ(沖縄)に友人が集結してくれたらいいのに。と、やっぱり東京に帰る気はないです。みんな移住しておいで〜〜せめて遊びに来て〜

渋谷のタワレコだそう ありがとうございます

 

こういうセレクトとか話題がある場所というのは:日本ではやはり東京と、大阪とか京都あたりが少しで、あとはヤザワ的に各所に1名づつとかなんでしょね。

そうそう。タワレコの冊子、intoxicate にも大きく掲載していただきました

那覇じゃ誰〜も読まない冊子。「置いてあることに意義がある」のさ

パレット久茂地に取りにいくか

発売日も:「おめでとうアタシ  猫組とお祝い。1人(ノエル)減っちゃったから。

 

jazztokyo

ミニライブを1番楽しみにしてるのは・実は・ヤザワなのかもしれません

 

 

Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加

Vegan Food Festival in Okinawa

2016年04月21日 | 日常

沖縄初のヴェジタリアンのお祭り。動物性(肉、乳製品、卵、魚介類、革製品、ウール、ダウン、毛皮、シルク、真珠、サンゴ等)いっさいナシ

 

今度の土曜日

とっても楽しみです ヤザワも畑仲間と出品します

さっき出品予定の豆腐チーズの豆腐を買い込んできました。仕込みちう

絵文字で気が付いた

単純に:「おにぎり」もいいかな。手作りの絶品梅干しがあるんです

でも「雨天中止」なので、ビミョ〜 

今のところ天気予報は「曇り時々雨」なんですよ

沖縄人は:ちょっとくらいの雨なら傘もささないし洗濯物も取り入れないんです

まあ中止になるほどザーザー降ったら飲み会だな。チーズは日持ちしないし。

場所が嘉手納なのとヴィーガン・フェスなので、アメリカ人(米軍関係者)のお客さんが多いと思うから商品は英語表記にして下さい、と主催者からのお達し。

おおー スペル・チェックもしないとなー

「アロエヴェラの苗」「クワズイモ」とか。ArtもOKらしいので「似顔絵」もやってみようかな?Musicもあるけど、フード・フェスじゃCDは売れないし、誰かニューエイジ系の投げ銭ライヴが聞こえてるに違いない。

 

こういうフェスで楽しいのは:色々食べて買って帰ってくること

ヴィーガンなので、こう色々買い食いできる機会というのがほとんどないので、すごく楽しみなんです。晴れてほしいなぁ

しかも自分もちょっと売れれば物々交換みたいであまりお金もかかからない。こういうのが楽しいなーって思うようになったんです。以前はお金をいっぱい使ったほうが楽しかったんだけどね。

 

チーズだけじゃなくて、チーズをぬるクラッカーも持っていくかな?

手作りしてもいいけど、バタバタして粉々にしそうだから市販のプラケースに入ってるようなのにしようかな〜

 

そうそう。ヴィーガン・フェスですが:遊びに来る分には革のクツとかサンダルやバッグはいいと思います。もう暑いし沖縄なのでそもそも毛皮とか革製品を着てる人を見たことないですけど。

ヤザワは出品者なので気をつけて履いたり持ったりはしないで行かないと。

そう思って下駄箱を見てみたら、もうサンダルで革というのは2足しかありませんでした。靴も3分の2は合皮とかビニール。

バッグも革は買わなくなったので困らない。これも以前は「バッグと靴は革でなきゃ」と思い込んでたんですけどね。亜熱帯なのでカビが生えてだいぶ捨てたんでした。

 

最近・こんなものを発見

左からグルテンフリーのパンミックス粉、グルテン・リプレーサー、エッグ・リプレーサー、グルテンフリーのピザ生地ミックス粉。全てヴィーガン仕様。

 

だいぶパンは上達したんですが、米粉が多いと「ゴハン」て感じだし、色々雑穀粉を入れるとハード系にしかならない。

ふんわりしたパン食べたいな〜

と思ってたら目についた。早速、グルテンとエッグ・リプレーサーを混ぜて作ってみました。

これまでで1番「膨らんだ」

食感に「ふんわり」が

「もっちり」じゃなくて「ふんわり」感が出ました

 

1年近く色々試行錯誤してきたので、この「ふんわり感」はエッグ・リプレーサーだということが分かる。

私のパンの分量は、すでにグルテン・リプレーサーを入れたような配分であったか

次回からはエッグ・リプレーサーを買うだけでいけそうな気がする。

両方とも原材料は主に「でんぷん」なんです。タピオカとか馬鈴薯、トウモロコシとか。それにグアーガムとかPH調整剤(クエン酸)と重層(ベーキングパウダー)。

 

ひょっとしたら

 

重層とクエン酸(か酢)の分量で「卵」の質感が出せるかもしれない。

 

グルテンフリーのパンを作ってる人のブログとか検索して拝見すると、みんなやはり苦労していて、膨らまなかったり、餅のようだったり

ヤザワのパンはかなりイイ線をいってる のは分かりましたが、まだ「美味しい」というレベルじゃないんですよ。仕方なく食べてる。小麦パンの足下には遥か及ばない。

我慢して食べ続けるのも限度なので、小麦パンとは違う食感で、別物としての「美味しいパン」が食べたいんです。米粉100%の「ふんわりもっちり米味」というんじゃなくて。

今回はそういうワケでパンは出品しませんが、美味しいチーズとかロースイーツを出品予定です

 

小雨くらいだったら来てみてね

 

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

鎌倉で津波から生きのびる

2016年04月17日 | 音楽

鎌倉で津波から生きのびる

 

 このCGは本当にゾッとしましたよ

 

地震は「北緯33°線上を震源地としている」ようなので、上がっていくという見方をしている人が多く、そういうことに普段は興味もないような人たちも本能的に「全国規模でヤバい」と感じているのが、3.11の東日本大震災と決定的に違いますね。

エリック ・Cさんが森本たかおんをリツイートしました

伊方原発が危ない。本当に危ない。免震機能を省いて再稼動してしまった川内原発もすぐに止めろ。 伊方原発にも免震機能はつけられていない。  23:00

エリック ・Cさんが追加

 
4月14日

猫が地震でびっくりしているときは、猫のわきの下に手を入れて支える形で抱っこして、ぶらぶらと揺らしてみてください。「なんだ。揺らしてるのはお前だったのか」という顔をして落ち着きます。ネットで得た知識だけど、うちの子たちには効果的だったので、試してみる価値はあると思います。

 

*********************

 

私はツイッターは基本:災害時と動物保護関連にほぼ特化して使っています。たまに「フレンド」のつぶやきに反応してしまう時もあるけど、私自身は「つぶやかない」んです。言いたい事はまとめてブログに書くの。

 

フェイスブックも外国の友達を検索する機能としてしか使っていません。ブログはリンクしてますが、数少ない「フレンド」に少しでも動物保護とか世の中のことを知らせたいため。反応はほとんどないんですが(どのへんが「フレンド?」)、今回の地震はようやく「他人事」ではない感覚があります。「かわいそう」じゃなくて、自分たちの居住地区は大丈夫なのかという立場に立っている感がある。

 

「川内原発を停止する署名」もフェイスブックで見てすぐに共有しました。

ヤバいヤバいと言われている玄海原発といい、ダダ漏れの伊方原発といい、活断層真上の浜岡原発といい、何かあったら、今度こそ民族大移動です  

なんでアフリカとかインドじゃないのに難民にならなきゃいけないのか

と5年前に思って沖縄に来たなー

「好き好んで東京から疎開してるバカ(←ヤザワのこと)」という態度をされたしされてるけど、チェルノブイリ被爆をしているので、3.11以降の東京の線量で暮らすのはもう無理なんです。実を言えばもっと前からもう無理だった。ずっと不定愁訴か鬱だと思っていたのが移住したら治ったんです。転地療養じゃない。関東の原発から「日常的に漏れている」微量のを吸い続けて蓄積させてたんでしょうね。どうして高齢者がなる甲状腺癌に20代の自分がなったのか?という疑問が3.11の時にようやく分かりました。チェルノブイリだったんですね。

 

沖縄に来て「微生物」のことやEM菌のことを知ったので、原発さえ止めて燃料を「安全に」保管さえ出来れば、漏れて撒かれた放射能も、かなり微生物で消去できるという明るい展望が見えてるんです。

マジックボールにEM菌とか乳酸菌を入れて回せば、それを吸い込んで肺に入った放射能も微生物が食べてしまうので無害化できる、というのもウソじゃないと思います。

洗濯物のすすぎにEMを入れて部屋に干すと、明らかに空気が清浄化されるんです。

あとは重層を適度に摂る。それと宮古島産の「麻炭」を食事に混ぜています。

3.11の時に「デマだ」と言われた「イソジンを飲む」というのも、結局ウソじゃなかった。私は養命酒を飲んでましたけど。(ヨードを摂るため)

 

まだ地震が収まらなくて震源が北上していくようだったら、食料品や防災グッズの他、こういうことも知っておいて欲しい。

 

話は飛ぶけど全く関係ないというワケでもないから。

 

2015年以降の私の録音は、ソルフェジオ音律で調律したものです。

もうそろそろレビューが出る頃なので(4/20発売の雑誌)書きますが、クラシックでも少し高めのピッチであるソルフェジオ音律に慣れるのに1年かけました。音が明るいので、このピッチに慣れるまでどんな曲調でもこれまでの弾き方だと能天気に弾けてしまったんです。もともと「絶対音感」だしね。どうしても「高くて明るく」感じてしまう。

スタジオの録音の仕事では440なので、こんなこと(ソルフェジオは444)は自主企画でないと出来ないんです。ホールでも442くらい。

 

どうしても444ではヘンな曲というのもある。あった。慣れても。それは平均率で作られた曲の宿命だったともいえる。曲というか作曲者のコンセプト自体も:「貴族様の御食事が美味しくなる為に奏でられる音楽」というわけじゃないからね。ちなみにノーノはヘンでした。左翼だしねー当然よねー。ヘンだと思ったものに関しては以前の録音も使っています。

それに実際はソルフェジオは444ではなく、C=528での調律なんです。Aは「444あたり」ならいい。という割り振りで、そのバランスに慣れていない調律の方も苦労したと思います。それでも528の音叉を特注で作ってもらって、家のピアノもスタジオのピアノも全てこれでピッチ上げしてもらいました。

 

なんでこんなこと書いてるかというと・・

C=528の周波数がDNAを修復するから。

ヒーリング・ミュージックというと、ニューエイジ系というのが一般的な認識だろうけど、それはあくまで「イメージ」。それに「癒し」というリラックス系じゃなくて、「修復」だから!

黙ってたのは:ことさらに「ヒーリング」を売り物にしなくても、そもそも音楽とはそういう使命を持ったものであるし、その上でやはり音楽として優れていないと「ヒーリング」ではあっても「ミュージック」とはいえない。

私は「音楽家」であって「治療師」ではないんです。

「激しい曲で癒して治してみせる」と思ったワケじゃないけど、実証したというところかな。(←やっぱり負けず嫌い)

 

こういうことを「メジャー」でやると抹殺されたり暗殺されるらしい。インディーにはインディーの使命があると3.11以降目覚めたので、メジャーが出来ないところをフォローしていこうと思ってます。目覚める前から十分にインディーだったけどネ。

 

Amazonで「ヒーリング用」の・やっすい528の音叉が売ってますが、これでも十分!寝る前に2~3分聞いただけで睡眠が見違えるほど深いですよ。

私のCDは言うに及ばず

CDパッケージは美しく、手に取って喜ばれるように毎回、工夫してますが、是非・「高音質」でも聞いていただきたい。特に今回。

実はものすごく準備してたわけです。そういう努力を見せるのが本当はダサいと思ってるんですが、言わないと全然・分からないということもあるから言いました。

 

音楽が「情操」だけに訴える贅沢な「お遊び」ではないことを証明しています。

ま・「思想闘争」的なオス臭も相変わらずしますけどね

 

私は前世は男だったような気がしてきました。

それで今生は女となって、世の中の不条理を理解するために生きている感じ。

Meditationフラワーエッセンスの効果かな

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

ノエルの夢

2016年04月15日 | ペット

モノレールの駅から家に向かって歩いていると、なんとノエルが誰かに連れられて私を迎えに来ています。

 

「お帰り〜」と私の顔を見てシッポを振ってます

ちょうど駅と家との中間点あたり。

「あれー?ノエルってばカラダないのに、よくここまで来れたねー」と言ったら:

「ちょっとウンチ」と言ってウンチの体勢になったのでした。

 

***********************

 一昨日のこと。

短い夢だったけど、ノエルに会えました

 

私はノエルの死を受け入れたのでしょうか。

実は:(ワンの)ウンチ体勢は、私がもっとも萌えるポーズ。

ウンチ自体は興味ないんですが(スカトロ趣味はないですよ)、背中が丸っとして真剣なような困ったような顔が、なんとも可愛いと見惚れてしまうんです。

大型犬のウンチ体勢は特に可愛くもないんですが、ノエルとかバニラあたりの8キロ前後の小型犬のウンチ姿がカワイイ。でも下痢とかされるとサイアクですけどね

 

猫でサイコーにカワイイと思えるポーズは:バレリーナのように足を90度開脚してお腹を毛繕いしてるところ。この体勢のまま目が合うとニヤニヤしちゃうんですよ

だからその体勢を見かけると声をかけるの 

 

最近はずーっとこんな感じで誰もバレリーナ・ポーズしてくれないんですけどね

オスカル

ノエルの部屋の前で寝てることが多くて。

アガタが心配してずっと付き添ってるんです。

体調自体は悪くないんですが、まだ精神的にはダメなんですね

 

「アンタ(アガタ)なんでここに?」とノエルが聞いてます

オスカルと

アガタも来たので自分のハウスに

みんな仲良しだったから

2011年の3月に初めてみんな で沖縄に来たとき、1泊だけ「猫は泊まれない」ホテルしか取れなくてノエルとそこに泊まって、オスカルとアガタは獣医さんに預けたんです。ホテルに行く前に獣医さんに寄って、猫組を預けてからノエルとホテルにチェックインしたんですね。

それで「散歩行こ?」とノエルにリートを付けたら:

「猫は 」と怒って、ホテルから外に出たのに歩かないんです。

「あのね、今日は猫は預けたから、ノエルとゆっくりビーチ行ったりドッグ・カフェに行こうね。猫は明日迎えに行くから今日はいいの」と説明したけどダメでした。動かないし怒ってるの

なかなか思うようにいかない(猫のトイレやら気にせず喜楽に犬と散歩という計画)もんだなーと呆れて、「じゃ、オスカルとアガタに会いに行こう!」と結局、ノエルとまた病院に面会に行ったのでした。「明日、迎えに来るからね!」と全員(3匹)に言い聞かせて。

 

オスカルとノエルは7年の付き合い、アガタが6年、パリスは2年なので、長い順からショックなんですよ。パリスは立ち直ったようでオスカルと遊びたいんだけど、遊んでもらえない状態。

 

そういえば:パリスはウチに来た頃はシッポと顔と手先だけがキジ柄でボディはミルク色だったのに、ふと気がつけば全体的に薄〜いベージュのキジ柄の猫に生育してたのでした。

この頃はまだ子猫だったのか・・

ノエルに付いてウチに来たのにね

しばらく2人でハウスで暮らしてたという。ドアは閉めてないのにね(笑)

 

アガタの目の色も黄色からグリーンに変わりました。

チンチラは5歳過ぎると目の色がグリーンになるらしい。

近所の男の子も声変わりして縦に身長も伸びて高校生?になった様子。

 

*****************

 

熊本県の地震はビックリです。まだ余震というより「本震」のような震度が頻発していて、さぞかし怖いことでしょう。

「避難は家族の一員のペットも連れて行ってあげて下さい。避難所でペットを受け入れてもらう時の持ち物は・・」ツイートが早速、流れていました。

ケージとシートとか猫砂、ゴハンとリートです!

人間には救援物資が来るはずですが、犬猫まではなかなか・・・

ここは飼い主が気をしっかりと持って離散しないようにしないと。

3.11の時、しばらく3匹が私に張り付いて寝ていました。身動きできずに寝てたのを思い出した。家なのに避難所みたいでした。混み合っちゃって。あの時も余震が毎日あって、その度にみんなビクついて・・ノエルなんか泣いちゃって。

犬猫も怖いんですよ。猫のほうが耐えてましたけど。

 

ペット関連の救援物資とか情報をチェックしてます。

みんな無事に飼い主と一緒にいて欲しい。

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

別の犬の夢

2016年04月08日 | 日常

道路で後ろ左足を怪我してるようなボクサーと柴犬のミックスのような茶色い中〜大型犬が、似たような犬でちょっと小ぶりな4、5匹に囲まれていじめられてます。

 

悲鳴のように怪我をしている犬が泣いているので、「コラッ」と他の犬を追い払ってはみたものの、後ろ足を引きずっているので病院に連れて行く事にして車に乗せました。

 

病院ではなさそうなウチでもないような家の床で、その犬がお腹を見せてひっくり返って:「足は骨肉腫で怪我ではありません。私の全身に癌が転移してるんです」と言いました。

 

「そんな末期癌の犬なら茶色でも飼って看取ってやるか。私は白い動物しか基本、飼わないんだけど、末期癌ならそんなに長く生きないかもしれない」と思い、「ではウチで暮らしましょう」と犬に言いました。

 

場所はどこか分からないんですが、ちょっと小太りのメガネをかけた中年女性が:「この犬は私の犬です。私が癌で入院してるので世話する人がいなくて」と言うのでした。犬はどうも飼い主の病院に行きたくて道を歩いてるうちに他の犬にからまれたらしい。

「分かりました。ではこの犬を退院するまで預かって、時々病院に連れて行きましょう」と約束しました。

犬も飼い主も癌なら犬を治せば飼い主も治るから(←と夢の中で思っている)

 

家に犬を連れて帰ってきて、治療法を考えています。とりあえずココナッツオイルを骨肉腫の所に塗って、ホメオパシーを飲ませて、その間に何か有効なことを調べなくちゃ。

 

ここで目が覚めました。ものすごくリアルな夢でした。全てカラーで犬の顔も飼い主の顔もまだ覚えています。知らない人と見かけない犬でした。

 

*******************

先日、浮き島ガーデンに置いてあったワインの本をパラパラと見ていたら、私の夢によく出てくる内装のインテリアが載ってました。

「なんだこれは 私は前世(というのがあれば)ここに住んでたのか

と驚きました。これは夢じゃなくて先週のこと。

********************

 

思うところあって、ブッシュフラワーエッセンスの「瞑想エッセンス」を飲んでいます。

飲み出して1週間。

「スピリチュアルに目覚めてハイヤーセルフにアクセスしてテレパシーが身に付いて直感力が高まって内なる導きが始動」するらしい。

 

やはり先週、すごくムカつくことがあったんですが、しばらく忘れていて、今日・ふと:「やはりヤツにはお仕置きが居る。このまま世の中平穏に渡らせてはイケナイ」と、復讐心が芽生えました

 

内なる導きなのかハイヤーセルフなのか。

ギャフンと言わせてやります

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

『偉大なるマルグリット』〜今だから話〜

2016年04月05日 | 音楽

久〜しぶりに「意地悪なフランス人」が作った映画を堪能しました

 

当然:桜坂劇場

 

実際は:実在のアメリカ人の富豪歌手をモデルに映画化したものですが、ごくごく稀にはフランスでも実在するんですよ(←富豪のヘタクソ音楽家)

 

2007年に観た「アート・オブ・トイピアノ」を思い出しました。

最近のチェキ!2

当時は色々・人間関係もあり、東京で仕事もしていたので、このようにオブラ〜トに包んで書いてるワケです。この何日か後には:「楽しい映画でした」とまで書いてあるし

映画自体(アート・オブ・トイピアノ)は腹がよじれるほど笑った記憶がある。それこそ『偉大なるマルグリット』でしたよ。

 

資本主義至上主義!のアメリカではこういうことがあるのだ!と言いたいフランス人がデフォルメして「偉大なるマルグリット」を作ったんでしょうけど、フランスでもいるんです。ただし!アメリカ人とは違って美意識の民度が違うので、笑うために持ち上げるような下品なことはしませんけどね。

 

『偉大なるマルグリット』予告篇

 

実在した「マルグリット」のモデルの歌声

Worst Singer Ever

 

本来はこのように歌われる曲

Der hölle rache - La flauta Mágica [W A Mozart] sub esp

 

 

何気に観てしまいましたが、同級生やら知人の顔が何人か浮かんできました

舞台に出て来て瞬間:「(あ。コレはダメだ。アガリすぎてる)」というのは分かるんですが、ピアノの前に座って弾き出した途端、1ページで3、4回も止まってしまうマダムに成長してしまったヒトとかいるんです。

 

それこそ旦那や知人(ヤザワを含めて)は笑うどころか手に汗かくわけですが、本人は懲りることもなく、年に2回ほどは「生き恥」を晒さないと、生きてる意味がないらしい。本人に聞いたわけじゃないけど。マルグリットと違って富豪夫人ではないので、そのヒドい演奏を拝聴しても誰にも「お手当」が出ないんです。マルグリットと同じなのは:旦那が妻であるヘタクソに:「もうやめなよ?呼び出された人たちも迷惑そうだよ?」と言ってくれないこと

カネになるわけでもなく、気だてがいいヘタクソなわけでもないので、いっそヤザワが「みんな」(親族を含めて)を代表して真実を面と向かって本人に教えてあげてもよかったんですが、沖縄に引っ越してしまったので、ようやく聞く機会がなくなってラッキーでした。かように人間関係とは難しい。ヤザワの母がお世話になってたんでね。とはいえ、母は「払って」たので、その娘(ヤザワ)がタダで騒音に耐える義理は本来なかったんですけどね。同級生にシッターのバイトを回した感覚だったから。ほらね。ただの厚かましいオバさんでしょ?

 

ここまでヒドくなくても「暗譜してなんとか止まらずに最後まで弾いた」だけ。のレベルなのに、カネを取ってコンサートを開くヘタクソが後を絶たない

 

マルグリットと違うのは、音楽が好きというわけでもないのに、小さい頃から無理に習わされて、弾けると「いい子ね」と褒められて育ってきたため、「褒められる」ことをしなくてはいけないという強迫観念と、「頑張る」ことが唯一のアイデンティティになってしまったのでしょう。頑張って譜読みをして練習をして暗譜をして恐怖を克服して人前で弾く。「エラいでしょ!頑張ったでしょ!アタシ!」というトラウマを背負って生きてるわけだ。もうとっくに人生折り返してるんだから、余生は好きなことだけして生きればいいと思うんですけどね。マルグリットと違って自分の録音は聞いてるはずなので「ヘタ」という自覚はあっても止まれない回遊魚なのか。。

 

だいぶヤザワ世代の親もボケ出したり具合が悪くなってきたりヘタすると旦那もガタがきてたりで、少しは静かに(コンサートなぞ開いて「みんな」に迷惑をかけず)なってるのかもしれない。

これで親がボケてなかったり元気だったりすると、ヤザワのコンサートの楽屋前で張っていて、来ていた知人(同窓生だな)に自分のチラシを配ったりチケット営業をかけるのだ。「アタシも再来月リサイタルなの。よろしくね?」とかゆって。プロじゃないから知人にしか売れないからさ。

聞かなかったフリをしても住所が割れてるので郵送してくるんだよ(笑)。丁寧に自筆で:「先日のリサイタルでお会い出来て嬉しかった。またお会いしたいです」って。だったらまたヤザワのコンサートに来ればいいだけなのにね

1枚買ったからヤザワにも1枚売らなきゃと思ってるらしい。不動産なら、六本木(←ヤザワ)と青梅より先のヘンピな土地(ヘタクソ同窓生)を「東京都だから」と同じ面積で「等価交換」というのはありえない。コラッ何眠たいこと言ってんねん顔洗って出直してこいや で済む話なんだけど。

これが業種が音楽となると「耳が腐るようなものと等価交換を申し込まれる筋合いはない」という真実を伝えると「選民思想がある」(日本人のユダヤ人?笑)とか言われるわけだ。同窓だと平等という考えこそ選民思想じゃない?と思うんだけど。ヘタでも当然アタシたちは一緒。だってユダヤ人だもん。という思想だよね?

そんな付き合いも沖縄に来てなくなって、友達もいなくなったけど経済的にはラクになったなー 

やら菓子やら持って:「おめでとう!良かったわよ!」なんてウソもつかなくなってストレス・フリ〜

おっと!ブログはフェイスブックにリンクしてあったか

まあいいや。「多分、あなたのことだと思うことを書いてたわよ感じ悪いとワタシは思ったわーヒドいわよねぇ〜」なんて親切に教えてあげるんなら、ヤザワも救世主に格上げよね?

 

ヘタクソもそうでないヒトも演奏家になりたいんだったら、王道で有名コンクールを制覇するか、ヤザワのように冬期エレベスト登頂のように過酷で難しくライバルが少ない現代音楽(笑:聞くのは弾くほど「過酷」じゃないですよ)を弾くか、マルグリットのように金持ちに生まれるか金持ちの旦那を持つかしかない。芸能界と違って、いくら美人でも枕営業が出来るほど市場がないんですよ。カネにモノ言わせて成るか、音楽業界のYKK(安いキツいキタナイ)現代音楽か王道コンクール。この3つ。

 

そういえば鮫島有美子さんのCDをヤザワ父は買ったかしら?


天皇陛下御作詞皇后陛下御作曲の歌

 

父は昔から鮫島さまの大ファンなんです。

「オマエ(ヤザワ)のCD注文したぞ〜」と先日早朝(9:00)に叩き起こされたけど。鮫島様の御新譜のことを教えるのを寝起きで忘れてしまった。

この陛下まで巻き込んだ大胆企画は・・ひょっとして・・例の・・S河内氏のプロデューサーだったヒトかな?クレジットが知りたい!父に買わせなきゃ

という「第4の道」というのもありました 

 

そうそう「キャロル」を観て:「あー来週から頑張ろー」という気にようやくなりました。ヤザワ的には:とてもつまらなくて:こんなことで時間を潰すのはバカらしいと思えたんですね。なぜこの映画が色々受賞してるのかよく分かりませんでした。「暗い映画」とともに「つまらない映画」というのも観るのは大事ですね 家でDVDだと止めて観ないですからね。劇場だと最後まで観ますからね。時間の大切さを痛感する大事な時間。

 

まだ家では「来週でノエルがいなくなってもう1ヶ月になるのか・・」とふと泣いたりすることもあるんですが、楽しかったことを思い出して泣く涙に変わってきました。危篤状態の時と死亡直後の映像の鮮明さが少しソフトになってきたというか。

 

これまで見送った祖父母、母もバニラも、しばらくは危篤状態の映像が鮮明すぎてダメなんですが、次第にソフトフォーカスがかかってくるんです。本当に映像が曇ってくるんですよ。そしてリバーブがかかってくる。ちょっと映像が遠くに感じるんです。そして楽しかった思い出のほうが映像として浮かび上がってくるんです。

そういう意味では順調なんでしょうね。人生は長いなぁ

死ぬ時には短かったと思うんでしょうけどね。

 

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加