AQUA blog*なちゅらリーフ*

アクアリストが写真で綴る観察記、10年の記録です

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

transparent!

2011年09月29日 | 採集記
台風15号がまだ遠い南海上にあった9月15日に今年3度目の室戸採集へ。
波浪が強かったので沖寄りのポイントには近付けず(自主規制)、波の静かな岸寄りのタイドプールだけでの採集となりました。

TOP画像はイソギンチャクカクレエビ。このエビの体の透き通り感でこの記事のタイトルが決まりました。

※画像クリックで拡大します

このエビは4~6月にはこのポイントでほとんど見かけないので、南方からの回遊分布だと思います。個体数も少なくて今回もこの1匹でした。

対して在来種らしいカクレエビ↓

※画像クリックで拡大

何月に来ても必ずいます。しかも数も多くて今回も2ペア持ち帰り。一見地味ながらよく観察すると渋い魅力があると思います。


他にはサンゴヤドカリ、タカラガイなどを数匹採集。


もう少し粘りたかったけど、台風の影響が思っていたより早くて・・・。

こんな降り方で波も高くなってきたので慌てて上がったのでした。

この日の陸撮りは写真ブログ⇒「室戸の浪に」byPhotoIsPleasure
『その他生命体』 ジャンルのランキング
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 磯に舞う蝶in南紀 | トップ | 侘び草の浮島 »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (インペ)
2011-10-01 10:35:05
台風の影響凄そうですね。
カクレエビですが私がいつも採集しているポイント一枚目の方しかいません。

今年の採集は台風の影響、休日の変更で一回しか行けてません。

行きたいなぁ~採集~
Re. (tyr8718)
2011-10-02 20:34:33
インペさん
今回インペさんのポイントは陸から眺めました。このきれいなエビがあそこにも居るのですね。
それにしても今年の採集は台風によく邪魔されます。
そうたびたび行けるところでないのでちょっと残念な年でした。
イソギンチャクエビが採れるんですね (&oh)
2011-10-10 19:46:11
やはり室戸は黒潮の海ですね。今年7月三重県の熊野の海でサンゴイソギンチャク見かけたんですが(ブログに写真載せています)、中に何もいませんでした

話は違うんですが、今日新しい生き物飼い始めました…と言っても『種』としては昔飼った事がありますが、『品種』としては初めてです。
Unknown (&oh)
2011-10-10 22:26:30
書き忘れたんですが、ハナビラタカラガイの貝殻うちにもあります。全て串本産です。

あの陶器のような艶々の貝殻は貝が死んでもいつまでもとっておきたい気持ちになります。
Re. (tyr8718)
2011-10-16 19:29:58
&ohさん
三重の海にもサンゴイソギンが生息しているのですね。7月では少し早いけど9月ならイソギンカクレエビ入っているかも?
タカラガイはアクア知らない人が水槽見ると反応してくれます。サンゴやシャコガイよりも生き物として見てくれますね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。