ガンプラ狂時代

ガンプラ・デジラマの製作日記を中心に日々の出来事などをダラ~と書いてます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アルカディア号(1/1600) 其の6

2006年01月09日 01時22分33秒 | ●模型その他

今日も細かいパーツの整形です。
先ず、一番目立つと思われる翼付け根のダクトの仕切りを薄く加工。
デザインナイフでカンナ掛けをして薄くしました。
上が加工したパーツです。
全体を薄くするのではなく、手前部分だけ薄く加工しています。

主砲の砲身や、船体横に付く砲塔などに穴を開けました。
穴があるかないかでは雰囲気が全然違います。
穴はピンバイスを使って開けています。
0.5mmのピンバイスから、0.6mm、0.7mm、0.9mmと使い徐々に穴を広げていきます。
ピンバイスはダイソーで買ったもの。
模型用のドリルを取り替えて使うものも持っていますが、ダイソー製だとドリルを変えなくて良いので楽(w
0.5mmから0.1mm刻みで売っているので、買い揃えておくと便利です。
でも、耐久性は無いので運が悪いと簡単にドリルの固定部分が馬鹿になります。
まぁ、100円ですしOKでしょう(w
主砲の砲塔裏は旋回させると下から丸見えなのでポリパテで埋めました。
中央部分は旋回しても見えないので埋めたのは前と後ろだけです。

最後に、どうするか悩みまくった部分です。
船首後方のダクト部分のパーツが全然合わない・・・。
ダクトの仕切りが短すぎて船体から浮いた上体になります。
なんと、2mm近く短いんです・・形もいびつです。
組説の作例の写真では綺麗な状態に見えるので、金型の劣化が原因かもしれません。
一旦、仕切り部分にポリパテを盛って延長。整形後に、船体に接着して再度ポリパテで隙間を埋めました。
ダクト周りもポリパテで隙間を埋めます。
盛っているポリパテの量から分かるように、とんでもなくパーツが合いません(w
この部分は、このプラモの一番の難所かもしれませんね。

 
ランキングサイト&私のwebサイトです。
(ポチッっとランキングをクリックしていただけると、ありがたいっス。)

ジャンル:
コレクション
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アルカディア号(1/1600) 其の5 | トップ | ゾゴック 其の26 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。