ラムネ玉入れ

2012年10月03日 | 介護

朝夕、大分涼しいですね。
10月に入っただけに、秋は色濃くなっています。
この日の10月3日は、北陸では名物になっています「武生菊人形」が開かれる日でもあります。この「菊人形見物に行きませんか」と声がかかりましたので、行きたいものです。
ディサービスルームには、万国旗が並び、なんだか今に運動会が開かれるみたいですね。
大木の紅葉も、色鮮やかになっています。





この日の私、ちょこちょこと暇を見つけては、おとといから書き始めた詩の編集、校正をやっていました。出来上がったものは、先日の「男の子よ立て」と対になる「女のこの詩」と題したもので、トランクパックに入れておきましたのでご覧いただければ幸いです。

今日の献立です。






午後のレクリエーションは「ラムネ玉入れ」です。
利用者の皆さんが二手に分かれて相対し、洗面器に入れてある15個ばかりのラムネ玉を、コップやペットボトルに上手に入れ、うまく入れられましたら隣の人に回して、どちらが早く最後の人が入れ終わったか競います。
簡単なようで、洗面器の底が丸いため、ラムネ玉を持ちにくかった。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« じゃんけんぽん | トップ | 空き缶リレー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

介護」カテゴリの最新記事

トラックバック

作詞・・・・女(め)の子の詩 (青い鳥の世界へ)
女(め)の子の詩    2012/10/3神と仏の 心を受けてここに産まれた 私は女の子幼い内から 行く末は母となる日に 備えながら母性の愛を 振りまいた父母の愛に 恵まれて今を生かされる 私は女の子美しさ優しさ 清らに装い女の子の厳しさ 持ち合わせみんな清楚に....