片麻痺との二人三脚

孤独に甘えず、後ろ振り向かず、希望失わず、唯前進あるのみ!

GW中も営業、シニア嬉しい短時間通所施設

2017-05-06 08:22:46 | ディサービス・ケアハウス

九州や中国では6日の夜から、7日になると全国的に黄砂が飛ぶ予想です。8日は、東海や北陸から西では引き続き影響が残る可能性があります。(tenki・jp)

東芝が倒産手続き中の米原子力発電子会社「ウェスチングハウス」(WH)のジョージア州での原発建設をめぐり、米政府が、最大3万6000人に上る雇用の消失につながりかねないとして懸念を強め、日本政府に継続に向けた協力を求めていることが、米政府関係筋の話でわかった。(読売新聞)

 

9:30分7「絆。jp」送迎車に迎えられ、鹿塩1丁目短時間通所施設”きずなディケア”へ、駐車場脇の小さな花壇「つつじ」が真っ盛り。
小規模施設「きずな」本日利用者は5人、Aさん(88歳)昨日は娘さんと西北ニシキタ「ガーデンズ」にて遊んだと楽しいご報告。
3階回転ずしで旨い握りずしを食べ、通路を散歩中にソフアで一休みをすると眠気を催し、一人午睡を愉しむ。目覚めてからいただいた「ソフトクリーム」の美味しかったことと嬉しい一日を振り返って居られた。

バイタルチェック(血圧125-82脈拍65体温36.5℃体重67.5㌔)後、日本茶タイム 2階から降りてきた愛犬プードル「きなこ」が皆さんの膝の上で愛嬌を振りまわり、顔をペロペロ嘗め回って大はしゃぎ。
小型ペット犬一匹登場で雰囲気は一層明るくなり、癒し効果は抜群にアップ。

10:30分 入浴 左片麻痺患者慎重に全身を横長バスに、一つひとつの動作でミスすると打ち身・骨折は免れないと自身に言い聞かせながら湯船につかると喜びは一塩感じられる。
浴槽立ち上がりは、スタッフN氏の介助支援頂く、浴場椅子に腰を降ろすとタオルで背中をゴシゴシ洗って貰い、気持ち良さに声が挙がる。

脱衣場、この時期は汗が中々引かず、さりとて扇風機に掛かる分けにもいかず、汗びっしょりで隣室ベッドに横たわる。

本日は鍼灸師T氏の「枇杷灸」受診、汗に驚かれ冷房オンを奨められるが快方傾向の咽喉を痛めることを恐れてお断りする。
お灸の前にストレッチとマッサージ、約15分上下カミシモを丁寧にほぐしていただく。枇杷エキスをお灸代わりに器具から照射、照射手順は頭~首筋~両肩~大胸筋~腹直筋~大腿四頭筋へ順次移行していく。
1ケ所で熱くなったら声を掛けて欲しいと言われるが心地良さが先立って1回もストップを掛けずに終了。
治療後は睡魔に誘われ30分余り天国に遊ぶ。

12:00 家庭料理がお得意の本日献立は、・ゴヤ・豚肉炒め・鶏唐揚げ・あさり味噌汁・ご飯、美味しく完食。

食後は読書タイム、2011.06.03発行 堺屋太一著 緊急警告!「第3の敗戦」、第1章 白地に描かれた「明治日本」大革命明治維新大成功! 
第1は、武力衝突は短期且つ小規模だった 
第2は、指揮した「一人の英雄」がいないこと。
第3は、どこの革命よりも徹底的な変革を生んだこと

13:30「詩吟研修会」開講、利用者のN氏ボランティア講師、左手で漢詩点字を読まれ、右手でコンダクターを弾きながら指導頂く。
本日のテーマは8行律詩 沈仙期しんせんき作「独不見どくふけん」、「独不見」は楽符題(歌曲の 名)の一つでひとり愛する 人に会えぬの意。

作者は、656年~714年七言律詩の形式を完成する。
漢詩の意味は”国境河北へ出征した夫は10年に及ぶが便り無く、一人寂しく歌曲「独不見」を聞くと一層憂いが深まる”。

講師に従って1行・2行毎に合吟を繰り返し、最後は8行の通しを2回稽古する。文書も難しいが音階は非常に厳しく、先生については歌えるが一人での吟詠は未だまだ先の事と思われる。

ジャンル:
じまん
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6本目は異色コメディ、サバイ... | トップ | 夏野菜”胡瓜・茄子”の苗移植... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ディサービス・ケアハウス」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL