片麻痺との二人三脚

孤独に甘えず、後ろ振り向かず、希望失わず、唯前進あるのみ!

アルバム 懐旧談尽きない、安静療養中友人見舞う

2016-12-07 14:57:29 | 小・中・高・大学・職場時代

一段と冷え込んだ早朝、きょうは冬型が緩むため、日本海側の雪は次第に弱まるでしょう。ただ、日本海から低気圧が近づくため、北海道や本州の日本海側は夕方以降は大気の状態が不安定になります。太平洋側の各地と九州は大体晴れそうです。(tenki・jp)

ドナルド・トランプ(Donald Trump)次期米大統領は6日、ソフトバンク(SoftBank)が米国での事業と雇用創出に500億ドル(約5兆7000億円)を投資すると約束したと発表した。(AFP=時事) 

10:00 伊丹市阪急伊丹駅西台マンション8階在住友人U氏を訪問するべく176号線から荒巻~伊丹線へ乗り入れ、ミリオンタウン「伊丹荒巻店」にて、友人奥様5回忌を迎える仏壇お供え用に生花を購入。

9/11・10/16各日曜日 ”直腸癌”手術入院中の友人U氏を近畿病院にお見舞いしてから約2ケ月 自宅静養中をお見舞いする。
マンション駐車場から携帯電話連絡、降りてきたU氏は何処から見ても病後療養患者には見え無い、堂々たる体躯に驚く。

1回目の内視鏡手術、2回目の開腹手術も無事乗り切って、体重は2㌔増量して82㌔と伺い、無事ガン制圧を喜び合う。

退院時、主治医から「肺」は95歳程度に衰弱しているが「癌」転移は100%無いと保障されたとニコニコ顔。

今後の治療は、年明け1/16検査通院、異状なければ月に一回の血液検査で済むとの話に、祝福申し上げ、互いに生きる喜びを確認する。

持参した花を花瓶に飾って貰い仏前詣で、今暫く寂しいですが健康保持応援をお願いする。

持参した昭和の良き時代を共有したアルバムを眺めながら回顧談に耽る。商社マン最盛期49歳「胃癌」で無くなった後輩、絶頂期58歳「脳溢血」で倒れた先輩、悠々自適の77・80歳共に「肺がん」で亡くなった先輩を偲びながら若年~壮年時代の活躍に話が尽きない。

アルバム見開き左は、京都新聞掲載 同大剣道部「これが創立時のメンバー」、大正時代の写真。右は、昭和29年神戸新聞 第1回兵庫県剣道・しない競技大会 高校は長田(しない)優勝とあった。

 

『たのしい』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ”PCシニア”年賀状研修会、ネ... | トップ | リハビリ40数回目の「体力測... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

小・中・高・大学・職場時代」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL