片麻痺との二人三脚

孤独に甘えず、後ろ振り向かず、希望失わず、唯前進あるのみ!

”図書カフエ”読書、香り高いコーヒー 至福タイム!

2016-11-07 11:46:39 | 「ファミリー」

深み行く秋、今朝の本州付近は高気圧に覆われて、ほぼ全国的え込みが強まりました。東海から九州は20度前後で、快適です。また、各地ともに日中は空気が乾くでしょう。(tenki・jp)

今年10月の車名別国内新車販売台数が7日まとまり、トヨタ自動車のハイブリッド車(HV)「プリウス」が1万4053台を販売し、2カ月ぶりに首位に返り咲いた。前月に首位の座を奪ったホンダの軽自動車「N-BOX」は162台差で2位に後退した。(産経新聞)

 

8:30分予約済み整体・鍼灸院「ぬくの木の森」左片麻痺硬直治療に訪れる。左片麻痺硬直には、●姿勢による違い●動作による違い●部位による違いが等 が歪み・硬直という症状に現れる。
予約N先生は、部位による違う面を重視され、中でも機能全廃左上肢の関連筋の緩和に努められる。治療始めに、うつ伏せ姿勢で「鍼」、先生はお灸を使わずハリのみ、右首筋・左首筋に各1本、右足右クルブシ・左足左クルブシに各1本打たれる。

手技後は5分間安静姿勢で放置、「鍼」効果を待って背筋の歪み・硬直緩和に、ベッドへ上がって半腰姿勢で按摩・マッサージ治療。
N先生の最大特徴は無理な力を入れない、左麻痺側を主力に、両手を左右に滑らせながら指圧マッサージ。

ポイントは脊椎寛骨、麻痺左側の歪み・硬直に指先を当て、押して放す手技を丹念に繰り返される。
「仰向き姿勢」に戻って首筋硬直・肩こり・肩甲骨筋硬直治療、頭の「ぼんの窪」を支え、巧みな手技で右へ引っ張りながら、歪み硬直している左半身を左手で押し込んでいかれる。
左傾している姿勢の矯正ストレッチ、同じ動作で左へ引っ張って右側の硬直を緩和される。

ストレッチ・矯正運動でN先生の様に体の仕組みを熟知した上で受診後に疼痛を起こさない施術を施す整体・鍼灸師は少なく、片麻痺患者には貴重な有り難い存在。

帰途、小林「宝塚市立図書館」に立ち寄り、近代史書棚にて物色、①扶桑社 黄文雄コウブンユウ著(文明史家、評論家1938年台湾生まれ、早稲田卒)「立ち直れない韓国」②KKベストセラーズ 小川栄太郎著 ”一気に読める戦争の昭和史”(13937⇒1945)の2冊借用する。

香り高いコーヒーで評判の図書カフエにて約50分、「立ち直れない韓国」第1章”韓国社会の仕組みと自然の摂理”に夢中になる。

2014年初版の書籍、はじめに:「半日」は、1948年初代大統領に「李承晩イスマン」就任以来 の国是である。ことに「朴槿恵パククネ」になってから独善的な「正しい歴史認識」を日本に押し付け、「千年の恨ハン」と公言しているとあった。

第1章 自然の摂理には、地質的に花崗岩と花崗片麻岩の地域が40%占め、更に火田民による森林破壊で国土は荒廃し、豪雨で表土が流出している。天災と疫病の悪循環が繰り返されている。外部から「人類最大の不幸な地」とみなされている。

ジャンル:
びっくり
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高齢者生活語る「絆の家」、... | トップ | アサ PC研修会質問日、ヒル ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

「ファミリー」」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL