片麻痺との二人三脚

孤独に甘えず、後ろ振り向かず、希望失わず、唯前進あるのみ!

防災・減災に備え、災害ボランティアセンター運営訓練参加!

2017-06-18 15:36:20 | 「ボランテイア グループ」

近畿から東北南部までは曇りや雨ですが、紫陽花や菖蒲の花がどんよりとした空に彩りを添えるでしょう。沖縄は梅雨空で先島地方で雨が降る見込みです。九州や中国、四国は広く晴れるでしょう。近畿から東北南部にかけては雲の多い天気が続き、太平洋沿岸の所々で雨が降る見込みです。(tenki・jp)

「走るホテル」と言われるJR西日本の豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス瑞風(みずかぜ)」が17日、デビューした。乗客は「歴史的な列車」の一番乗りに満足し、疾走するダークグリーンの車体が見えると停車駅や沿線住民から歓迎の声が上がった。(毎日新聞)

9:00「ぷらざこむ1」に於ける平成29年度宝塚市災害ボランティア運営訓練にVグループ「みそか」から受付部門担当で参加。


 

1、開会 趣旨説明 
2、DVD上映 山口県防府市の災害ボランティアセンターの実践映像。
3、本日の流れの説明。
4、役割分け(担当役明示のベスト着用)
5、訓練開始。

受付部門移動
【目的】駆けつけボランティア役(60名)に対し、受け入れの際の「受付」を担当。説明事項①「ボランティア保険」への加入が必須。②事前オリエンテーションで災害ボランティアの心構えを理解してもらう。「受付」部門⇒「コーディネート」部門へ引き継ぐ。
【手順】
(1)入り口前 ボランティア保険の有無確認中に活動ニーズのボードを見て貰う。保険加入済み⇒「受付票」記入台へ案内。保険未加入(椅子に座って記入事項の説明)⇒ボランティア保険加入手続き(氏名・住所の記入)
(2)「受付票」に必要事項の記入、特記事項欄には「聞こえに不自由があります」「筆談でお願いします」等も記入出来る事を明示する。(3)「受付担当」受付票の記載内容を確認して受け付ける。受付後は名札作成台へ進んでいただく。
(4)「名札の作成」ガムテープに氏名を記入⇒上腕に貼る。記入出来たら『活動前にボランティアの皆さんへ』(被災者の心に寄り添い、マナーを守り、プライバシーを尊重しましょう)を渡し、活動紹介エリアへ誘導する。
(5)事前オリエンテーション 約25名集まったら”活動前にボランティアの皆さんへ”を読み上げ⇒コーディネート部門マッチング班に引き継ぐ。

受付部門終了後訓練風景見学、活動ニーズには、・倒れた家具を起こす⇒倒れた机と本と食器を片づける。・飲料水を運ぶ⇒3Fの会場に物資置き場から非常食・飲料水を3F会場へ運ぶ等実践行動が具体的に指示されていた。

11:30分終了、3F会場へ集合「全体振り返り」を行う。

 

ジャンル:
びっくり
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 集まった12人”中学同期生会”... | トップ | 登録申請”プラザ・コム”、29... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL