片麻痺との二人三脚

孤独に甘えず、後ろ振り向かず、希望失わず、唯前進あるのみ!

挑む6機種マシン、ディケア最新式リハビリ器械!

2017-06-14 16:23:33 | ディサービス・ケアハウス

九州から関東甲信にかけては、4月下旬ごろから高気圧に覆われて晴れる日が多く、降水量の少ない状態が続いている所があります。6月6日から7日ごろに梅雨入りしたとみられますが、少雨を解消するようなまとまった雨にはなっていません。今後一週間程度は、梅雨前線が日本の南海上に停滞し、少雨を解消するようなまとまった雨にはならない見込みです。(tenki・jp)

JR新大阪駅と難波を結び、関西空港へ向かう鉄道新線の「なにわ筋線」について、建設中の北梅田駅(仮称)に阪急電鉄が乗り入れる連絡線の十三駅が、地下駅になることが分かった。阪急阪神ホールディングスの角和夫会長が13日、大阪市内での株主総会で明らかにした。(朝日新聞デジタル)

9:00 「グリーフエアネス」大型送迎車に迎えられ車内へ、千種から車椅子乗車のO氏に朝のご挨拶、後3人乗車に備えお尻を滑らせながら奥のシートに移動。野上~宝松苑~南口へ至る脇道を運転スタッフに教え9時30分到着。バイタルチェック(血圧114-74脈拍69体温36.0℃)コーヒータイム、トレーニング室内は30数人の利用者がそれぞれ設置されている18種類のマシン・医療器具・機能練習器具等に取り組まれ、早朝から活気に包まれている。

入浴スタッフから声を掛けられ、到着男性仲間3人と浴場へ、当施設へ来て気持ちが軽くなる理由は、飛び交う大きな歓迎の挨拶。
自立は歓迎するが段取りもあって途中「お手伝いさせてください」と声が掛かり、終えると「有難うございました」と明るい声が帰ってくる。10数人のスタッフに共通している応接態度と礼儀正しい言葉に、並みなみならぬ教育訓練と緑心会の理念が感じられる。

入浴後、レモン水を飲んで落ち着いてからリハビリ開始、湯上りも考慮して医療器具からスタート

 

 

(1)メドマー 30分間 単行本集英社文庫 長部日出雄著「日本を支えた12人」読む、足首~脹脛~大腿四頭筋へ空気圧を順次加えながら最後太腿の付け根で破裂する勢いで又足先に戻っていく血流促進快感は眠気を誘ってくる。

 

 

 

(2)パワープレート POWER PLATE 椅子に腰かけ両足をプレート上に置くだけでストレッチ・トレーニング・リラクゼーションの3効果が期待できる。20分後には乗せた湾曲した麻痺左足が真直ぐに伸びていた。

 

 

 

 

(3)イージーウオーク 座って下駄の様に履いたステップが初め10分前進、後10分は後進、機能訓練に足首屈伸マシン、本を読みながら愉しめるが最大魅力。

 

 

4)レッグプレス 慣れてきたので40㌔に挑戦、流石に重い、ゆっくり押し、最高時点で中休止、もたれ姿勢に戻った際は大休止。
息が切れないように10分間下半身・上半身の筋肉をゆっくり総動員する。
(5)滑車 麻痺左指の握力が弱いのでスタッフにマジックテープで固定いただく、左グリップから脱力の恐れが無く、右手の力運用で麻痺左肘・肩関節を自由に稼働せしめる。

 


6)エルゴメーター(自転車) リーダー(PT)の介助支援でサドルに腰を降ろす、後ろに支えが無いのは非常に不安、指示に従って右足をペタルに固定すると麻痺足も難無く収まってスタート姿勢完成。
負荷数値は最低限に設定、左右大腿四頭筋に疲れが蓄積しないように10分間スロースピードで自転車練習を愉しむ。

 

12:00 昼食 献立は、・冷麺・厚揚げ煮物・野菜サラダ・白菜味噌汁・ご飯・デザート(リンゴ缶詰)。

ジャンル:
じまん
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パソコン勉強会テーマ”質問日... | トップ | 開眼片足立ち58秒、3ケ月一回... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ディサービス・ケアハウス」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL