片麻痺との二人三脚

孤独に甘えず、後ろ振り向かず、希望失わず、唯前進あるのみ!

"ピアノ伴奏"思い出の童謡・唱歌合唱、短時間通所施設!

2016-10-15 15:48:58 | ディサービス・ケアハウス

青空広がる早朝、都心は雲ひとつない、クリアな青い空が広がっています。午後も晴天が続き、きれいな青空を楽しめるでしょう。 各地で日差しがたっぷり降り注いで、気温は正午までに20度を超えている所が多くなっています。また、湿度も30%から40%くらいと、「カラッと秋晴れ、さわやかな陽気」です。(tenki・jp)

大阪市北区の都心部にある「堂島ホテル」が、年内で営業を終了する。1984年に開業し財界人や著名人らも利用してきたが、老朽化もあって事業を続けることが難しくなった。(朝日新聞デジタル) 

9:

9:30分 「絆。Jp」送迎車に迎えられ短時間(5時間)通所施設「きずなディサービスセンター」へ、先着済み利用者詩吟指導者N氏から第56回茨木市民吟詠大会(10月30日 於:立命館グランドホール)のパンフレット頂戴する。
関西吟詩協会茨城清流会に属する仲間11人、会員吟詠第4部にてリーダー中村孫湘のリードにて宮崎東明作「長寿之詩」を合吟される。

バイタルチェック(血圧122-77脈拍76体温36.5℃)後、日本茶タイム 朝日新聞 オピニオン&フオラーム 憲法を考える”家族の助け合いとは” 樋口恵子さん(東京家政大学名誉教授)
☆総介護時代、年間10万人が介護離職する時代。☆連合の調査では36%の介護者が要介護者に「憎しみを感じる」と回答しています。
☆憲法は国が国民に約束することを定めたもの、その考えに基づけば、「家族は助け合わなければならない」という規定ではなく「家族が助け合うように、国は条件を整えなければいけない」とすべきではないでしょうか。
☆一方、家族のいない人も増加、50歳の男性の2割・女性の1割は未婚。出生率は2.00、援助を受けられない「フアミレス」増えつつあり、日本は本格的なフアミレス時代を迎えます。

10:30分 入浴、スタッフに温度を聞かれ41℃を希望、事前体洗い・掛かり湯無しの我儘を許して貰い、全身が伸び伸び広がる横長バスへ「ドボン」と浸かる。

麻痺足を含め全身筋肉が徐々に緩まって来る心地はすこぶる良く、頭を湯船に乗せ、程良い湯温度に10分余り横たわる。
柔軟になった頃に、浴槽内マッサージ・指圧始め、左右足の膝頭を胸に各20回、左右足首の引き付けを各20回、汗ビッショリで頑張る。

スタッフに10分後の浴槽脱出介助支援を頼んで全身洗い、持ち込んだタオル・長ブラシで洗わして頂く。
脱衣場でゆっくり冷たいお水を飲みながら大休止、一人で贅沢な入浴を愉しめる環境に感謝、下着を着て隣室へ移動。

ベッド仰向き姿勢でお風呂上がりの朝寝を愉しむ。
マッサージ器で体をほぐされているKさん(86歳)とお話ししている内に寝込んで、(〇 〇さん 黒枝豆食べられますか?・・・)の声に昼食時間と知る。
家庭料理を自慢とする今日の献立は・カキフライ・ポテトサラダ・黒枝豆・野菜沢山味噌汁・ご飯、風呂上がりの食欲いっぱい、美味しく頂戴する。

午後は読書の時間、昭和45年ベストセラー書籍「みじめな日本人」、筆者はペルー大学教授を務められ、当時の社会主義政権誕生下で教壇に立たれた厳しい体験を日本人と比べながら分析された内容に魅了される。

13.30 「歌唱タイム」音楽大学卒ボランティア講師H先生ピアノ前に座られ、日本のうた大全集・思い出の童謡・唱歌200の2冊を取り出され、皆さんの希望される昔の歌を次 次に紹介されながらピアノを弾いてご指導頂く。

1、あこがれの郵便馬車 2、まっかな秋 3、里の秋 4、もみじ 5、村まつり 6,山小屋の灯 7、出船 8、とんがり帽子 9、森の水車 10、夕焼け小焼け・・・明るく陽気な先生の巧みなリードに従って10曲歌い上げ、皆さん大満足で15:00終了。

 

『たのしい』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ”筋”を揉む"手技抜群"整体師... | トップ | 至福のひと時、錦秋に恵まれ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL