片麻痺との二人三脚

孤独に甘えず、後ろ振り向かず、希望失わず、唯前進あるのみ!

痙性治療に整骨治療、鍼灸&ストレッチ受診

2017-05-15 16:16:14 | 診察・治療・鍼灸

きょう(15日)お昼頃に空を見上げてみると、太陽の周りに大きな日暈がくっきりと現われました。鮮やかな七色をしており、街ゆく人たちも時々立ち止まり、大きな「日暈」を見上げていました。一般に「日暈がでると天気は下り坂」と言われますが、今回はこの言葉通りにはいかないようです。(tenki・jp)

「うんこ漢字ドリル」が売れています。6学年分の全3018例文に「うんこ」を使い、「日本一楽しい漢字ドリル」とアピール。出版元の文響社(東京都)によると、発行部数は3月下旬の発売から1カ月半でシリーズ累計100万部を突破したそうです。(朝日新聞文化くらし報道部記者・佐藤啓介)(withnews) 

8:30分 県道16号線沿いアヴェルデマンション駐車場へ駐車しようとすると定位置にマイクロバス停車、マンション住民が乗り込んで居られるご様子。顔見知りの方に伺うと本日は自治会主催で丹波篠山へ日帰りバス旅行、ご婦人グループが多く、ご夫婦参加が見られない。

月曜日予約済み、整骨・鍼灸院「むくの木の森」左片麻痺痙性治療に訪れる。痙性は麻痺に伴う副作用で、軽度の筋硬直から、重度の脚部運動 制御不能まで、各種の痙性があります。

症状には筋緊張の増加、急激な筋収縮、深部 腱反射亢進、筋肉の痙攣、無意識な足の交差、関節の固定が含まれます。

最近は深夜に「こむら返り」症状を呈す、急激な筋収縮、深部 腱反射亢進、筋肉の痙攣治療には月曜日午前勤務のN先生の整骨・鍼灸・ストレッチが最適療法。

即座に「うつ伏せ姿勢」なって左右首筋・左右足首に鍼治療、抜鍼後の整骨施術は独創的、脊椎に沿って両手で優しく「まさぐり」「撫で」「抑え」整体手技を施される。

脊椎寛骨を強く指圧刺激するでなく、軽くタッチしている感触だけで硬直で滞留していた血液が流れ出す。

仰臥姿勢に戻ると頭・首筋の凝り解し、頭の下にタオル敷き左右の指で耳を引く、上げる、下げる単純運動で凝り解れていく。

右手で頭を1点で支え姿勢を維持、振り向きが出来ないぐらい硬直した首筋が弛緩してくるのを体感する。
仕上げは「ボンの窪」、凝りのツボを持ち上げゆっくり左右・上下に揺すって巧みに解していただく。

最後は、右横寝姿勢で左上肢機能全廃の左腕を左手で持ち上げ、右手は硬直筋肉の起始部位を強く指圧しながら、左手で巧妙に左右回旋・外旋手技を展開される。

帰途、咽喉に渇きを覚え、コンビニ「フアミリーマート」に立ち寄り、コーヒーを飲んで寛ぐ。

午後は13:30 宝塚広域ボランティア連絡委員会第72回運営委員会に出席、本日は28年度「総会」

議題1、28年度事業報告:●2016.04.02「こむ1会」フエスティバル 参加●2016.06.12「絆づくり助成金」プレゼンテーション●2016.08.18「えらいこっちゃキャンペーン「さわやか」、09.03「テープライブラリー」10.10「おでかけたい」●2016.9/3~/27防災・減災展示会●2016.10.05「宝塚福島保養キャンプ」●2016.10.23「ネパールの風」●2016.09.10「防災・減災後援会」●2016.10.29「フレミラ収穫祭」たこ焼き●2016.11.05「防災・減災情報交換会」●2016.11.26「ワンコインコンサート」●2017.01.1「宝塚総合防災訓練」

議題2 28年度会計報告 収入:・助成金20000・寄付金231,890・売上379,410・会費10,000・収益金10,960・雑収入500・繰越金160,783合計813,543 支出:・仕入れ173,943・支援金366,401・手数料562・会費1,100・印刷代2,160・雑費4,728・合計548,894

 議題3 29年度会計予算 収入:・売上350,000・会費8,500・収益金10,000・繰越金266,649・合計635,149 支出:・仕入れ180,000・支援金160,000・手数料1,000・会費850・印刷代3,000・雑費5,000・合計349,850

議題4 29年度事業計画
①防災・減災への取り組み 

1)聴覚障碍者を交えた避難所運営訓練の実施、実施日:29年9月30日(土)10:00~13:00 
2)防災・減災シンポジウム及び交流会の実施♦シンポジウム 私達から見た災害”その時聴覚障害者は”♦交流会 みんなの声を聴いてみよう 実施日:29年12月2日(土)13:00~16:00 
3)第4回 ご近所の底力 防災・減災取り組み展の実施 開催日時:29年11月下旬~12月上旬 
4)その他 ♦災害ボランティアセンター運営訓練への参加 実施日時:29年6月18日(日)9:00~13:00 ♦「えらいこっちゃ!でも大丈夫」キャラバンは話題提供の継続♦防災備品の購入「一般社団法人長谷川福祉会」助成事業を活用して「アンブルボード」「フラッシュライト」等の購入。

②被災地支援活動♦ワンコインコンサートの開催 1部 音楽・演芸 2部 「東日本大震災 7年目のメッセージ」元歌津中学校校長 阿部友昭氏の講演 開催日時:30年2月頃。

議題5、29年度役員人事:代表 魚井丈嗣、副代表 仲清人、油井武
会計 稲田説子 会計監査 喜多見みつ子

議題6、その他
♦歌津応援団@宝塚 南三陸町訪問 日時:5月24日~26日 二泊三日・第1日目 女川町青年部訪問(商工課”焼きサンマ”交流) 第2日目 歌津商店街セレモニー出席 第3日目 伊里前復興住宅集会所交流会
♦次回の会議 宝塚広域ボランティア連絡委員会 第73回運営委員会 日時:6月23日(金)13:30~

 

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ”種から育てる”育苗甫園、中... | トップ | Ward頭出し研修、インデント... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

診察・治療・鍼灸」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL