片麻痺との二人三脚

孤独に甘えず、後ろ振り向かず、希望失わず、唯前進あるのみ!

ゆったり広がるネットワーク、第6回総会盛会裏に・・・

2017-08-05 16:25:34 | 「ぷらざこむ 1」

台風5号は、強い勢力を保ったまま6日(日)に九州に接近・上陸する恐れがあります。依然、速度はゆっくりなため、福岡県や大分県など7月に豪雨被害があった所では長時間の暴風雨に最大級の警戒が必要です。九州上陸後もノロノロ北上するため、同じ場所で長時間暴風雨になる恐れがあります。(tenki・jp)

水産庁は4日、今年8月から12月までのサンマの漁獲量が、過去最低だった前年を下回る見通しになったと発表した。資源量減少により3年連続で不漁となる公算が大きく、今年は流通量のさらなる減少が予想される。新鮮な生サンマは、一層の高値になる恐れがありそうだ。(時事通信)

9:30 宝塚福祉コミュニティプラザ ボランティアの広場「ぷらざこむ1」入館、3階フリールームに於ける第6回2017年度(平成29年度)こむ1会定期総会及び交流会&講演会に出席。

3階フリールームの設営はほぼ完成、正面壁スクリーンに”第6回2017年度こむ1会定期総会”のA3用紙の取り付け作業に取り掛かって居られる。お世話役はご婦人中心のメンバー、昨日からの準備と本日の会場設営のご苦労が推察される。
受付役を仰せつかり3人で役割分担、登録グループ毎の出欠チェック表をいただき受付デスク手前で登録番号・グループ名を確認する。
左二人のご婦人役員が資料の配布、今回の資料は登録グループ数(73G)準備、1グループに1枚とする。

 

随時出席者が参集、圧倒的にご婦人が多く、5年前の男性中心が逆転した模様。開会宣言副代表Kさん、指名された司会者は28年度運営員Kさん、選出された議長は「ありのままグループ」Kさん、29年度役員・運営委員紹介は代表のEさんとゆったり広がったネットワークのウーマンパワーが感じられる。
第1号議案 議長選出
第2号議案平成28年度事業報告 各小委員会から事業報告●学習小委員会●防災小委員会●広報小委員会●利用活用小委員会●交流会小委員会からユニークな具体的な活動報告。
【1例】交流会小委員会 4/2(日)第3回こむ1会フエステイバル開催、45の登録グループと「ふらっとぷらざ」に参加の事業所の皆さんと共に、約800人の来場者を迎え、市民と「こむ1会」の交流の一日が実現した。

第3号議案 平成29年度運営委員会役員について及び運営委員の紹介 第4号議案 平成29年度事業計画(案)及び予算(案)について 11:30 終了 出席者各小委員会委員長の元に集合、グループ・氏名並びに連絡方法を確認する。

後は13:00~15:30 講演会「認知症の方に学ぶコミュニケーション」講師:「ほっこり庵」西山良孝氏 プロジエクターを使って「ほっこり庵」で実地されている認知症カフエから学ばれたサポート並びに「ユマニチュード」について優しく説明いただく。
●直らなくてもいいと思えば楽になる
●認知症の人と思わずサポート
●グループホームで手記を書いていただく、先入観念に文章が書けない●頭から出来ないと判断するのは誤り
●本人は物忘れが辛い、なんで怒られるのか分からず辛い
●不便が人とのつながりが深める➡コミュニケーション拡大
●孤独死と孤立死 つながりが無くなるのが一番怖い
●「ユマニチュード」とは 優しい認知症ケアの方法 。
フランス発祥の認知症ケアの方法です。 特別な技術や高額な治療も必要ないのに、驚くほどの効果が得られると話題になっています。「人間らしいケア」と称され、認知症介護の世界に変革をもたらす技術。多くの認知症患者は「言うことを聞かない」のではなく、「何を言われているか理解していない」ために、意思疎通ができない。

ジャンル:
じまん
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 骨格歪み調整、嬉しい片麻痺... | トップ | 障がいがあってもこんなにも... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

「ぷらざこむ 1」」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL