片麻痺との二人三脚

孤独に甘えず、後ろ振り向かず、希望失わず、唯前進あるのみ!

個人負担@2,500円、通所施設5時間ディケア

2017-06-28 15:47:58 | ディサービス・ケアハウス

あすは太平洋高気圧が勢力を強め、梅雨前線がやや北上。九州から本州の南岸に停滞する見込みです。前線の活動は弱まりますが、九州から関東、北陸は雲が広がり、所々で雨が降るでしょう。近畿は日中を中心に雨が降り、雷を伴う所もありそうです。(tenki・jp)

毎月15日は「小学生男子がゲラゲラ笑う日」――。「な、なんだよ、いきなり。どういう意味?」と思われたかもしれないが、正式にこのような日が登録されているわけではない。子どもたちのバイブルとも言える『月刊コロコロコミック』(以下、コロコロ/小学館)の発売日なのだ。(ITmedia ビジネスオンライン)

9:15 「絆。JP」送迎車に迎えられ、鹿塩1丁目 短時間通所施設ディケア「きずな」到着。玄関菜園では夏野菜「胡瓜」が黄色い花を咲かせ、小指位の実を育んでいる様子が伺える。
手料理を柱に据え、家族サービスを看板にする小規模通所施設は食材も地産地消に励んで居られる。

バイタルチェック(血圧126-72脈拍71体温36.2度)後、5月分利用料個人負担金4,848円精算。
内訳は、利用者負担金4,848(昼食1,400含む)+代理受領額13,789(振り込まれる介護保険金)=小計18,637円。
NPO法人 絆、JPの1回利用料金は約2,500、月2回の利用とする。

日本茶タイム 朝日新聞 オピニオン&フオーラム閲覧 インタビュー「猫の島に生きる」青島猫を見守る会「紙本直子さん」、人間15人 猫150匹が1周4㌔の島に住む。目の前にある命 ここで暮らす限り 無理せず 仲良く

☆「おはよう、みんなそろってるかなー」あいさつし、みんなの顔みて安心して家の仕事してからエサやり。昼間はふんを掃除したり目ヤニがひどければ目薬を、育児放棄されて入れば哺乳瓶でミルクをあげたり、観光客があげたエサの残りを掃除したりする。
☆もう無人島に近いから、朝の定期船が近づくと「今日は何人、乗っとるかな」って楽しみ。若い方の交流、外国人との交流なんて、ななかなか経験できないことだ体験され楽しい。

10:30分 入浴 見守り無しで単独入浴、グリーンフエアネスでの入浴リハビリを頭の中で描きながら、麻痺足の位置、右手で支える浴場内握り支柱を確認しながら、ゆっくり浴槽内へ、最後の右足を入れて完了。伸び伸びと横長バスに全身を浸かって「ホッ」と幸せの一瞬を感じる。

周囲に誰もいない、一人で入浴する悦楽は別の快楽気分となって、こみあげてくる。マッサージ・ストレッチを入念に最後はタオルで体をゴシゴシ洗い、頭髪もタオル使って贅沢にして豪華風呂を満喫する。

浴槽内立ち上がりは、男子スタッフの介助支援いただき、浴場で一応汗を拭いてから脱衣場へ移動、冷たい水を頂戴しながらスッカリ汗の引くのを待つ。

鍼灸師T氏に招かれ隣室ベッドへ、両手・両足のマッサージ・ストレッチ受診、右足の筋硬直症状の重症化指摘され、丁寧に解される。

特にアキレス腱が固く棒状態、両手・両足を枇杷灸で緩和治療を施術いただく。びわ葉温灸と遠赤外線治療器をツボ 患部に照射、耐え切れない熱さになると意思表示、次のツボに移動する。
遠赤外線の熱でビワの葉エキスを蒸気化して皮膚から浸透させます。

12:00 昼食 本日の献立は・手作りハンバーグ・春雨野菜汁・生野菜サラダ・ご飯。テーブルにて会食されていた朝の体操指導先生が此処のボリュームある昼食を頂くと晩食は控えめになると言われていたが正に同感ですと声を上げる。

食後は読書タイム、持参の「決意無き開戦1941」読み耽る。
13:30「詩吟研修会」本日の課題曲は、「日柳燕石くさなぎえんせき」作「♫春暁しゅんぎょう」、♪花気 山に満ちて濃やかなること霧に似たり 嬌鶯きょうおう 幾轉いくてん處ところを知らず♪ 吾が楼 一刻値千金 春宵しゅんしょうに在らず 春曙しゅんしょに在り。

漢詩の意味:花の気は山に満ちて、いっぱいに霧がたちこめているかのようである。鶯の声が美しく なまめかしく聞こえてくるが、どこで鳴いているのだろう。
 自分の住んでいるこの楼上からの眺めは「一刻価千金」ともいうべきであるが、 それは春の宵ではなく春のあけぼのをいうのではあるまいか。作者 日柳燕石は江戸後期の志士、 性豪放・侠気あり博徒 数百人の親分であって、賴山陽に啓発されて勤皇の志を抱き、西郷、木戸等勤皇の士と交わる。 戊辰の役に従い柏崎で病死した。享年52.

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高齢者講習出席、”グリップ装... | トップ | 免体重牽引式歩行器、片麻痺... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ディサービス・ケアハウス」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL